犬に与える水以外の飲み物、スープ、牛乳、お酒、ジュースなど

犬に与える水以外の飲み物、スープ、牛乳、お酒、ジュースなど
今回のテーマは、

犬に与える水以外の飲み物、
スープ、牛乳、お酒、ジュースなど

について紹介します。

性格的に水をあまり
飲まない犬もいますが、

尿結石を煩った犬などは
多めの水分摂取が必要です。

純粋な水と言うのが、
犬を健康で長生きにする
最も基本的な飲み物です。

だから適切な水を与えるように
しなければいけないのですが、

お茶やジュース、スープやコーヒーなど
いろいろなもの飲むを人間と同じように、

犬に与える水以外の飲み物も
大切になる事があります。

逆に、与えてはいけない
注意すべき点もあります。

今回はそんなテーマで
適切な水分摂取のコツを紹介します。

スポンサーリンク

犬に水分が必要なときにどうするか?

例えば、犬が病気にかかり、
下痢などで脱水気味の場合も
水分補給が大事なのですが、

犬はそういう事情を理解してくれません。

なかなか水を飲んで
くれない時もあります。

飼い主としては水を飲んで
くれなくて心配になりますが、

無理矢理口に押しつける
訳にもいきません。

ではこんなとき水以外にどんな
飲み物を飲めば良いのでしょうか?

私がこういったときに
お勧めしているのは、

肉をゆでた後の「煮汁」や
鰹節でとった「だし汁」
或は「スープ」です。

人間は水だけで水分補給
しているのでなく、

ごはんを食べることによって、
たくさんの水分をとっています。

野菜や果物含まれる水分、
お米やスパゲティなど炭水化物からも
水分を摂取しているのです。

だから自覚して水を飲まなくても
健康に生きられるだけの
水分摂取はしています。

しかし現代社会に生きる犬たちの
食事事情を思い出してください。

毎日カラカラに乾いた
ドライフードタイプのドッグフードに、

おやつも乾いたビーフジャーキー

などと食事から水分が取れる機会は
案外少なかったりします。

犬に与えたいスープ

だからこそ毎日きちんと水を
与えるのが大切なのですが、

犬が飲むのを拒否した場合は、

飼い主が食事を
工夫しなければ行けません。

そこで美味しくて水分補給できる
スープと言うのが適切なのです。

余分な栄養素の摂取は
その犬の治療方針とかち合う
可能性がありますが、

煮たときに出てくるわずかな
うまみ成分は、

栄養量としては誤差の
範囲と言って良いでしょう。

これをペットボトルにいっぱい
作って冷蔵庫にしまっておくのです。

使う時は人肌程度に温めると、
美味しそうな香りが出て

犬の興味も引けます。

中には全然反応のない犬もいますが、

犬の好きなお肉などを使って
スープを作ってあげると

食欲がない場合も飛びついてきます。

思うように水分をとってくれなくて

困っている場合は水以外の
飲み物を工夫して試してみると良いでしょう。

犬に牛乳は与えるべきか?

犬に与える飲み物として
「牛乳」をあげている家庭も
良く見かけますが、

犬は牛乳の成分を分解できずに
下痢をする事があるため、

一般には避けた方が良いとされています。

積極的に与える必要はありませんが、

特に問題になっていない場合は
与えても構いません。

ただ、牛乳を大量に飲む犬は
肥満になりやすいので、

与える量をそこそこにした方が良いでしょう。

人間が飲む牛乳も問題になっているのですが、

現代流通している牛乳は
腐らない加工をしているため、

牛乳の栄養分子を壊したりしているので、

肥満になりやすかったり、
アレルギーになりやすかったりします。

この辺りはしっかり考慮して、

犬に牛乳を与える場合は、
水で薄めて与えるのも有効です。

またペットショップに売っている
ヤギのミルクを与えても構いませんが、

基本的にこれらの水以外の飲み物は

「本来生きていく上では必須のものではない」

と言う点を認識しておいてください。

なお下痢をしたときには
牛乳が原因かもしれないので、

いったん与えるのをやめてみてください。

犬に与えてはいけない飲み物

胃腸が頑丈で、特に皮膚アレルギーも
煩っていない犬であれば、

牛乳を飲む場合も細かい注意はないですが、

わざわざトラブルの可能性を
自分から取り入れる理由はないので、

一番の安全を与えるなら
水道水だと思います。

中でも浄水した水を
私はお勧めしているのですが、

水以外の飲み物を与えようと
思っている場合は

かかりつけの
獣医さんに相談して相談して
おいた方が良いでしょう。

また時々ふざけ半分で、
犬にお酒を与えたり、

ジュースやコーラを
与える飼い主さんもいますが、

こういった事は絶対にやめましょう。

特にアルコールは人間と同じように
犬の脳の中枢神経に作用し、

いわゆる酔っぱらったような状況になります。

犬は体重1キログラムあたり
4グラムほどのアルコールを摂取すると、
24時間以内に半数が死に至る

と言うデータもあります。

酔っぱらう姿が面白いから、、
と与えてしまう飼い主さんも
いるとききますが、

これははっきり言って動物虐待です。

絶対に避けるべきです。

またジュースやコーラは
犬の健康にとって危険なほど
糖分が含まれている事もあります。

また不注意で犬がどこかに
置いてあったお酒を偶然
飲んでしまうケースもありますので、

しっかりと注意しましょう。

以上のように犬に
水以外の飲み物を与える時は、 

様々な工夫をしてあげる事を
心がけて上げましょう。

こういった心がけが、
健康で長生きの犬を育てる秘訣なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>