自分に自信がある男はハゲ、ダサい、チビで太っててもモテる


今回のテーマは、

自分に自信がある男はハゲ、
ダサい、チビで太っててもモテる

について紹介します。

これから恋愛において
あなたが望む結果を出すために、

内面の要素で最も磨くべきは、

「自信」という要素でしょう。

自分を信じて自分を好きになる、

そうして初めて他人を信じたり
愛することができるのです。

そもそも自分が信じられない、
自分が嫌い、評価できない、

という人は、他人と良い
関係を構築することはできません。

自信がある男というのは

たとえハゲ、ダサい、チビで
太っててもモテることができます。

恐らく、、

モテる男にとって
最大最強の武器と言うのは

『自信』と言えるでしょう。

スポンサーリンク

古代から続く男性の価値観

いわゆるモテない男の代名詞と言われる

髪の毛が薄くなっている…ハゲ
田舎っぽくて、流行に疎い…ダサい
背が低い、女性より身長が低い…チビ
お腹が出ている、脂肪が多い…デブ

…といったディスアドバンテージ
が言われていますが、

内面を磨く男が醸し出す自信は
外面のデメリットが多少あっても、

十二分に克服できると言えるのです。

しかし

「どうしても自分に自信が持てない、、」

という人もいるでしょう。

ではどうやって自信をつける
べきなのでしょうか。

美しい女性を求める
男性の本能は古代から続くもので、

そのために男は自らを
「鍛え」「飾る」と言う話しを
前回紹介したのですが、

ギリシャやローマ時代には、

男の美意識は
肉体を鍛える事だけに
注目されていましたが、

これは内面の追求がそのまま
外面の表現になると言う

特殊な時代の価値観だったと言えます。

それ以降は、服やアクセサリー
使って飾る事の比重が高まっていきました。

とはいえ、内に向かう強さへの
追求はおろそかになっていません。

内面を鍛える事は
男性の本能であり、

女性を引き寄せる武器となりますが。

ただ時代が変わり価値観が変わったのです。

自分に自信のある男の作り方

古代における強さと言うのは
ただ肉体の強靭さを意味していましたが、

時代が経るにつれ、

強さの種類は多様化し、

筋力や運動神経だけでなく
幅広い意味を持つようになりました。

例えば、

自らに与えられた義務を
処理する早さであったり、

パフォーマンス、
生産性の高さであったり、

先を見通す的確さ、

大事な決定を下す時の勇気や決断力

これらもまた強さの要素となります。

メンタルの強さも自信につながります。

そして、自分のしたいことを
叶えられるだけの身分や経済力もまた
強さを体現するものだと言えます。

そしてこうした要素は
先天的見た目は関係ないのです。

ハゲ、ダサい、チビで太ってても
誰でも鍛える事が可能なものです。

内面と外面をバランスよく、
成長させていくことが、

男の自信につながるのです。

女性にとって男の自信=権力

つまり、男性のうちに向かう欲求は

ただ肉体を鍛える事から
能力を磨く事や社会的地位を
上げる事への努力に移っていったのです。

努力の結果として手に入れたものを
表現していくと言うのが、

古今東西長く続いた
男のあり方と言えるのです。

そしてこう言った要素を
一言で表現するならば、

権力と言えます。

身分や経済力を最大限に
突き止めた強さが権力です。

男はこれを武器に女性にアピールし
女性はそれを値踏みします。

そして権力と言う資源を外部にアピール
するための貨幣のようなものが
「自信」と言えます。

本質的に「権力」がある男がモテるのです。

だからモテる男の恋愛戦略
において考えるべきは

その権力をいかに
表現するかとも言えます。

太っててもモテる男の秘密は自信

なんといっても、前回紹介した

太っててもモテる男の
三田君の最大の特徴は、

自信に満ち溢れている事です。

自分に自信がある姿勢を崩しません。

自信についてはかなり大切なので、
今後詳しく解説して行くのですが、

普通よりも太ってて、身長も
低くチビと言う分類に入るでしょう。

そんな三田君が女性からモテる秘密は、

彼の生活ぶりをアピールする事によって、

「自分は自分の生活を心からエンジョイ
している大人の男であり、

細かい気配りが出来る男だ」

と言う事を周りの女性に示しているからです。

つまり権力のアピールがうまいのです。

彼の周りのたくさんの
女性が集まるのは当然です。

権力のアピールと言えば、

「オレは社長なんだ!」と威張る事でも

金のネックレスを付けて
金持ちアピールをする事でもありません。

自信をアピールするのです。

体の悩みを女性に明かさない

太っていて背の低い三田君

そんな彼が一番気を付けているのは、

自分が太っている事に引け目を
感じているそぶりを女性には
決して見せないようにすることです。

彼は体型にコンプレックス
抱えてはいるのです。

男性であり友人である私には、

「健康のために痩せた方が
いい事は分かっているし、

その為の努力はしている。。」

と打ち明けてくれますが、

彼は女性に対してはそれを決して
見せないようにしているのです。

そんな三田君が教えてくれた
女性にモテルための最大のアドバイスは、

「自分を卑下するような態度を
とり始めたら最後、

二度と女性と付き合えなくなると
覚悟しておいた方がいい、

自分は魅力的な男だとだけ
考えるようにしてください。

そうしたら女性も不思議と
そう思うようになるのです。」

…というものです。

まさしくその通りですね。

あなたが自分に自信を表現し
本当の自分らしさを表現したならば、

あなたが生まれつきの美男子であるか
どうかなんて問題ではなくなります。

ハゲ、ダサい、チビで太ってても
モテる男になれるのです。

伝えるメッセージさえ誤らなければ
女性はあなたにロマンティックな
感情を抱くようになり、

あなたは女性とうまく
つき合えるようになるのです。

参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>