犬に与える水の種類、水道水、浄水器かミネラルウォーターか?


今回のテーマは、

犬に与える水の種類、水道水、
浄水器かミネラルウォーターか?

について紹介します。

動物はみな水を欲し、

生命維持の為に水分を
必要としています。

では犬に与える水はどんな
種類が良いのでしょうか?

最近は人間の社会でも、
水と健康の関係が話題になり、

浄水器やペットボトルの
売り上げが上がったりして、

関心を集めています。

当然、犬に与える水に関しても
関心が高まるのは当然ですが、

犬と人間をまったく同じに
考えない方が良いです。

しかし水分摂取と言うのは
すべての生命体が健康に生きるため
大切な行為です。

犬の食べ物はいろいろなものが
販売されており、

良く相談も受けますが、

おなじく「飲み物」について
聞かれる事もあります。

水道水、浄水器や
ミネラルウォーター

など選択肢は多くあります。

犬に与える水はどんな種類が良いのか?

考えていきましょう。

水道水は安全なのか?

まず犬に与える水と言うテーマで
考えていきたいのが、

水道水は安全かどうか?

と言う事です。

一般的に犬に与える水として

水道水をそのまま
与える人も多いと思います。

水道水を飲める国は少なく
世界でも類を見ないほど

日本の水道水は高いレベルで
衛生管理がされています。

なので犬に水道水を与えても
健康に問題が出る可能性は
極めて低いと思います。

しかし消毒をするために入れる
塩素やトリハロメタンなどの有害物質の
リスクがある事は、

人間の健康マニアの間では
良く言われる事です。

水に関するリサーチをかなりしたのですが、

様々な事を調べた結果、

塩素と言うのは大切な
腸内菌を殺してしまうなど
デメリットが多い事が分かりました。

それ以来家族では水道水を飲む事は
ストップしており、

個人的には水道水を飲む事には
反対派であり、

自分の犬には水道水は
なるべく与えないようにしています。

怪しげで高価な水を与えるべきか?

しかし、ここで、

水と言うテーマについて考える際、

敏感になりすぎる人もいるのも要注意です。

そういった不安につけ込んで、

怪しげな水を高額で売っている
ものもあります。

ペットショップなどでは
犬用としてペットッボトルに
詰められた水など売られており、

興味深いのですが、

中にはペットボトルに詰められた
水の説明書きを読むと、

それらしい効能が謳われる事もありますが、

現代の科学では説明できないような
怪しい内容である事も多いようです。

高額なミネラルウォーターなど
奇跡の水のように宣伝
するものもありますが、

基本的に水だけでそこまでの
成果をあげる事はないでしょう。

これは水だけでなく
世の中で売られているもの
すべてに言えますが、

えせ科学によって素人を
だまそうとしている商品は
とても多いのです。

特別な水を犬に与える必要は
ないと私は考えます。

肝臓を壊した原因は水?

「愛する犬のためによりよいものを」

と思うのは立派ですが、

以前、私の知人にこの手の水を
与えた事によって肝臓を壊した
犬がいました。

最初は原因が分からず、
食事も特におかしなものを
与えている訳ではなさそうでしたが、

詳しく話を聞いているうちに
ペットショップで買ったと言う水を
飲ませている事が分かりました。

そしてその水を与えるのをやめてから、

なかなか下がらなかった
肝臓の値が下がっていったのです。

すべての犬で問題を起こすなら
さすがに発売しないと思うのですが、

たまたま相性が悪いと

与える水によって
こうした事例も発生するのです。

犬に与える理想は浄水の水道水

基本的に犬に与える水は
水道水で構わないと思います。

理想を言えば、水のクオリティを
気をつけてあげたい方は、

水道水にトリハロメタンや塩素を
しっかり除去してくれる浄水器を
付けて浄水した水を与えるようにしましょう。

これむしろ家族の健康を守るために
飲み水のクオリティは高める必要があり、

そのために付けた浄水器を
犬にも与えると言う考えです。

余計な水を与えるよりは
水道水の方が犬の健康を守れます。

犬に与える水は水道水で問題ないのに
わざわざペット用として

高価な上リスクまである水を
買う必要はありません。

ペットボトルの水を犬に与えるべきか?

浄水器は付けられない、
しかし水道水は心配、、と

それでも気になるなら、
近所のディスカウントストアで

国産天然水(軟水)を
買って与えれば十分です。

ただしここで、犬にミネラルウォーターを
与える場合に注意してほしいのは

ミネラルウォーターが硬水なのか
軟水なのかを確認することです。

硬水というのはカルシウムや
マグネシウムなどミネラルが
多く含まれており、

ミネラル豊富と聞くと一見
健康に良さそうなのですが、

犬にとっては尿結石などの原因
になる可能性があります。

なのでペットボトルの
ミネラルウォーターを
犬に与える場合には

しっかり調べて
軟水を与える必要があります。

「コントレックス」や
「エビアン」「ヴィッテル」

などの海外の水は硬水である事が多いので、

調べられない場合は、
国産の水を選ぶようにしましょう。

犬の健康のために水をしっかり与える事

水と言うテーマで覚えておいてほしいのは、

人間を含め全ての動物にとって、

体の水分が不足している
脱水状態というのは最も健康に
悪いと言う事です。

こういった場合、

少々の水に含まれている
病原菌や不純物といったものの

問題は後回しで十分な水分を
とらなくては危険なのです。

だからこそ最も大切な事は、

犬に水を与える場合は、

水が好きなときに好きなだけ
飲める環境を整えてあげること

水分が減って喉が渇いた犬は
道の水たまりの水でも飲んでしまうのです。

こうして危険な水を飲んでしまい
犬の健康被害が出てしまったのならば、
飼い主の責任といえます。

いつでも理想的な水を
不足なしに犬に与えられるのであれば、

もちろんそれで構いませんが、

水道水であれば衛生的な水を
いつでもたくさん確保できると考えれば、

他の特殊な水は必要ないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>