太り過ぎの犬、肥満犬へリバウンドなしダイエット方法のススメ


今回のテーマは、

太り過ぎの犬、肥満犬へリバウンド
なしダイエット方法のススメ

について紹介します。

前回も言ったように
肥満は犬にとって万病の元です。

うっかり犬を太らせてしまったなら

肥満犬はしっかりダイエットを
しなければいけません。

ペット業界は
ますます大隆盛になり、

犬のためにお金を使う人が増え、

犬の食生活も豊かさをますばかり、

もちろん良い面もありますが、

そのおかげで最近の犬にも
太り過ぎの犬、肥満犬が増えており、

正しいダイエット方法が
必要になっています。

もしかしたら飼い主さん自身も
お腹に脂肪がつき始め、

「私もこの子の事は言えないから…」

と犬の肥満を許してしまうのは
愛犬の寿命を縮める事になるだけです。

可愛い愛犬の健康を守るためにも、

肥満が気になったらすぐに
ダイエットさせる事が

飼い主の役目でもあるのです。

スポンサーリンク

運動よりも食餌がダイエットのコツ

ではどうすれば肥満犬の
ダイエットをできるのでしょうか?

人と違って犬を始めとする
多くの動物は、

本来走る事に適した
身体の構造になっています。

つまりちょっと走ったくらいでは
たいしたエネルギーを消費しないのです。

むしろダイエットに効果のあるほど
高負担の運動をすると、

逆に心肺系や、関節への
負担の大きくなり、

痩せる前に身体のどこかを
壊してしまう恐れもあります。

特に肥満犬は
暑い季節がとても辛く、

運動をしないのに
ハアハアと喘ぐ事が多くなります。

さらには突然ふらついたり、
歩き方がおかしいと言った症状を表す
椎間板疾患を引き起こす事にもなります。

こうした際に
激しい運動は危険ですし、

犬は運動で積極的に
カロリーを消費するのは難しいので

肥満犬は小走りの軽い散歩を
長めに行う程度にした方が良いでしょう。

運動不足で身体が衰えないように

くらいのつもりで散歩をさせてください。

くどいようですが、
運動はダイエットのサポートであって
主軸ではないのです。

ではどうやって肥満犬を
痩せさせるのかと言えば、

それは食べる量を減らすしかないのです。

太り過ぎの肥満犬のダイエット成功の秘訣

前回も紹介したように
犬は満足いくまで自由に食べさせたら
太る一方です。

避妊手術や去勢手術をした場合、
ホルモンバランスの変化でさらに
太りやすくなります。

食に対する執着が少ない犬は、
単純にドッグフードの量を減らして下さい。

でもリバウンドしないように
少しずつ減らすのがポイントです。

ドッグフードの袋に書いてある
体重の目安より、

ちょっと少なめが基本です。

例えば12kgの犬を10kgまで
ダイエットして減量させたいとします。

この場合与えていいドッグフードは
体重が9kgの犬に与える程度の
量にしないと効果がありません。

おやつは原則禁止です。

また目標までの開きが大きい場合、

いきなり最終目標にあわせるのでなく、
中間目標を決めましょう。

過激なダイエットが身体に負担を
かけるのは人と同じです。

このような場合は、
かかりつけの獣医に相談して
プログラムを決めてもらっても良いでしょう。

また人間と同様に、

太り過ぎは糖尿の原因にもなり

そこから派生する様々な病気が
愛犬の寿命を縮める事にもつながります。

心配な場合は獣医さんに
その辺りも相談しましょう。

ダイエット・ドッグフードのススメ

ドッグフードの量を減らすと、
猛烈に反発する犬が結構います。

この場合、何かノンカロリーのものを
食事に加えて量を増やす事で、

胃袋に満腹感を与えるようにしましょう。

人にとってローカロリーとされる食材では
目標体重まで下げられない事が多いので

ゼロカロリーに近いものを
なるべく使ってください。

普段のフードの量を減らし

食物繊維を活かした
手作りメニューをフードに
加える方法もあります

カロリーは控えめですが、
犬の満腹感もあると言う愛情メニューが

太り過ぎの犬、
肥満犬を救う事になるでしょう。

オススメの増量食材は

キャベツ、大根レタスなどのみじん切り、
寒天を固めたもの
糸こんにゃく

などです。

いずれも犬のよっては最適な
量や種類はバラバラなので、

最初は少量で試し、お腹を
壊す様子がなければ、

メインの食事に2、3割混ぜて
使用してみてください。

地道なダイエットが肥満犬を救う

ただこういった工夫が面倒な場合は、

医師が処方する「ダイエットドッグフード」
も良いかもしれません。

市販のダイエットフードよりも
ダイエット、減量に役立つよう、

強力に作られているので
手強い肥満犬にも向いています。

とはいえいずれの方法でも
遣り過ぎると栄養失調を起こします

極端なダイエットや、
短期的ダイエットは

人間にとっても犬にとっても
リバウンドだけでなく
健康に被害があります。

一気に体重を落とすのでなく、
数ヶ月かけて目標体重に近づくよう、

カロリーの計算などを獣医さんと相談し、
地道にやっていきましょう。

近所で見かける肥満犬を見て

「うちの子より太ったいる子がいたな」

などと安心しないでください。

恐らく向こうもあなたの犬を見て
同じ事を思っていたります。

ダイエットの見本として見比べるなら
雑誌などに乗っているコンテスト犬です。

スリムなコンテスト犬を目標に
肥満犬のダイエットに励みましょう。

とにかく以上の方法を参考にして、

太り過ぎの犬、肥満犬へリバウンドなし
のダイエット方法を行いましょう。

普段から定期的な体重測定をしましょう。

これは肥満対策だけでなく、
健康チェックの一つとしても有効です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>