犬の体を冷やす食材、食事アレルギーに注意し改善しよう

犬の体を冷やす食材、食事アレルギーに注意し改善しよう
今回のテーマは、

犬の体を冷やす食材、食事
アレルギーに注意し改善しよう

について紹介します。

基本概念として、

健康な犬や若い犬であれば、

栄養的にバランスがとれ、

添加物などの心配がない
ドライフードをあげれば

食事はそれで十分でしょう。

後は人の食べ物やお菓子など
をあげないことと、

量をあげすぎて肥満に
しない事が大切です。

おかずやおやつのお裾分けは
しつけの為にも良くないので、

始めからあげないようにしましょう。

しかし、

犬によっては食生活により、
健康レベルが大きく変わります。

虚弱体質の犬や老犬は
飼い主さんが気遣ってあげなければ、

アレルギーや、体を冷やし
病弱になったりします。

スポンサーリンク

犬の食事アレルギーに注意しよう

犬の食事アレルギーの
診断は難しいですが、

経験則によって症状を
ある程度把握する事が出来ます。

食事アレルギーを引き起こす
最もメジャーなものが

「アレルギー性皮膚炎」です。

犬の個体によって
症状に多少の差はありますが、

目の周りや口の周り外耳道が、

縁取ったように赤く炎症を起こして

脱毛やかゆみがある場合などは
食事アレルギーを疑いましょう。

そして食事アレルギーの対処法は

基本的に「疑わしいものを排除する」
ことです。

主食は1銘柄に絞り、それ以外の
おやつは一切なしにします。

水分は普通の水だけで
牛乳などは禁止にします。

これでも改善しなければ
主食の内容を変えて反応を見ます。

犬の食事アレルギーを改善しよう

普通のドッグフードは
いろいろな原料から作られています。

栄養のバランスをとるには
なるべく多くの種類の食材を
盛り込む方が望ましいのですが、

それは同時に、その犬にとっての
アレルゲンに遭遇する確立が
高まる事でもあります。

そこで使用する食材を限定し、
バランスが及ばない部分は、

各種の栄養添加剤で補った
「除去食」と呼ばれる
ドッグフードが考えられました。

除去食はドッグフードメーカ各社から
製品が出ています。

除去食を使用する事で
アレルゲンを回避できれば、

症状の改善が期待できます。

一般職にはあまり使われていない
食材を選んで構成されており、

ひとつ試して駄目だった場合は

違う構成のものを試してみると良いでしょう。

人の場合は、乳幼児期に
食べた食材が後でアレルゲンに
化けやすいと言うデータがありますので、

犬が生まれてから今まで
食べた事のない食材を狙うと
より成功しやすいと考えられます。

犬の体を冷やす食材に注意

犬は雑食で何でも食べますが、

だからといって、
何でもあげれば良いと言う
訳ではありません。

老犬や虚弱体質の犬は、
体に冷えがあるものです。

食べ物の消化吸収も悪くなり、
だんだん不調を起こすようになります。

そこでごはんを温めてあげる事で
体調が改善したりします。

ドライフードにお湯を
少しかけてあげたり、

缶詰のドッグフードを
軽く温めてからあげる
というのも良い方法でしょう。

さらにドッグフードと
手作り食を合わせるのも良く

ドライフードを
6〜8分目くらいの量に減らし、

その分肉や野菜などを
トッピングしてあげましょう。

また、果物、イモ類、
キャベツや白菜など

淡色野菜というのは、

体を冷やす食材なので、

老犬や虚弱体質の犬は
量を控えるようにしましょう。

野菜をあげるならば、
緑の濃い物にします。

ただしほうれん草、アスパラガス、
ブロッコリーの茎などは

あくがつよいので
あげ過ぎないように注意しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>