手作りドッグフードと犬の餌の工夫、食事メニューは変えるべき?


今回のテーマは、

手作りドッグフードと犬の餌の
工夫、食事メニューは変えるべき?

について紹介します。

犬の餌として与える食事、
衛生面や鮮度などに注意すれば、

手作りメニューでも良いですが、

犬の餌は食事メニューを
あまり変えるべきでないのです。

毎日ドッグフードだけでいいか?

と言えば悪くはないと思います。

ただし専門家の中には
ドッグフードだけで育てた犬と

肉やご飯をバランス良く与えた犬とでは

体格や毛並み、寿命などで
差が生まれると言う人もいます。

ドッグフードだけの犬は
やや劣ると言うデータもあります。

そこで、犬の餌は
手作りフードをあげるのも
いい選択だと思いますが、

ここで、

せっかくの手作りドッグフード
なのだから、

いろいろと食餌メニューを
楽しませて上げたいと思う人も
いるかもしれませんが、

しかし水を差すようで申し訳ないですが、

使用する材料が多いほど、
その犬には合わない食材を
使ってしまう確立が高くなります。

スポンサーリンク

犬の餌はシンプルにしよう

手の込んだ犬の餌を与えた場合の
デメリットとしてあげられるのが、

香味野菜のあくの強い食材などは、

犬にとっては食欲増進や
その他の健康効果をもたらす場合もあります。

しかし犬にとってはその
ほとんどが無用なもの、

もしくは逆に体調を崩す
原因になりかねません。

なのであまりメニューを
変えるべきではないのです。

使用する材料の選択基準として
簡単なのが、

市販のドッグフード
使われる食材、

もしくはそれに類似する
食材だけに限定すると言う事です。

試しに
ドッグフードを食べてみれば
分かると思いますが、

私たち人間が感じるような
うまみや風味とは全く違う
素っ気ない味です。

犬の餌の食事メニューはどんなもの?

手作りのドッグフードは
人間の嗜好に似た
食事メニューになりがちです。

しかし犬のための
手作りメニューのメリットは

市販のドッグフードでは不可能な、

その犬に合わせた特別な仕様の
ご飯を与えたいから

わざわざ手作りする訳で

そうであれば、
目的のための最短コースを
選ぶべきであり、

安全と思われる材料を集め、

犬の体調が良ければ
ずっとそのメニューで構わないのです。

愛犬の気を惹くために
半日こもって料理するわけではなく、

味付けも不要です。

自分たち人間のメニュー作りの脇で
それほど手間をかけずに
さっと作るだけで大丈夫です。

例えば

モツ肉やスジ肉を野菜と一緒に煮込み
それをご飯やパンにかける

動物性食品を60%
植物性食品を40%

くらいが良いバランスでしょう。

犬への手作り食事メニューのメリット

ただし単一メニューを
あまりに長期間続けると

わずかな栄養の偏りでも
問題の種になる事もありますから、

多少は材料の入れ替えも
必要かもしれません。

また手作り料理の良い所は、

例えば、その日、
犬が便秘気味のときは

野菜の配合量を増やしてみる

など状況に応じて
健康管理が出来ると言う事です。

こうやってうまく
輝くりフードを与えれば、

ドッグフードだけで育つ犬よりも
寿命が長いと言うデータもうなづけます。

「We Are What We Eat 」
(私たちは食べたもので出来ている)

と言う言葉通り人間の
ダイエットやアンチエイジングに
とっても食事メニューは重要です。

だから犬の健康を守るためには
正しい知識で手作りフードを
与えてあげる事が重要です。

犬の餌の食事メニューを考えると

ただ最近のドッグフードは
ますます良質なものが増え、

総合栄養素と表示があるものならば
これだけで十分栄養バランスを取れています。

偏った知識で犬に
手作りフードを与えて

偏った栄養を与えると
犬の健康を阻害する事もあります。

そう考えるとやはり

実は市販のドッグフードと言うのは
便利で完成されたものと言えます。

確かにドッグフードにも
問題はありますし、

添加物などは気になる所ですが、

よく考えもせず、手作りドッグフードを
与える問題も案外多いものです。

何のために手作りしているのか
忘れないようにしながら、

専門家の意見などを参考にし、

無駄な努力にならないよう
そして犬の餌は食事メニューを
あまり変えるべきでない

と言う事を念頭に
手作りフードを楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>