粗悪な安いドッグフードの内容物、添加物などの安全面のリスク


今回のテーマは、

粗悪な安いドッグフードの内容物、
添加物などの安全面のリスク

について紹介します。

さて、犬の食事面を支える
サーポートとして、

ドッグフードは大変便利です。

しかし、、

安いドッグフードでは
内容物や添加物などの
安全面のリスクがあります。

少し前まで、国内の
安いドッグフードの成分は

「しょせん家畜の餌」

という認識ゆえか、

海外のドッグフードに
劣っていました。

特にヨーロッパでは

古くから犬の品種改良が
盛んになされ、

栄養管理の研究もされていたのでしょう。

高価ながらもドッグフードの品質は、
輸入製品の方が優れていました。

スポンサーリンク

粗悪な安いドッグフードの内容物は危険?

しかしそういった現状を打破すべく、

近年では普及クラスの
製品であっても、

動物栄養学に基づいた
きちんとして成分構成になってきました。

原材料の表示や栄養素割合を
比べてみても、

あまりさがないように感じます。

ではドッグフードは安い物を
選んでも変わらないのでしょうか。

それは違います。

人の食べ物でも見えない所で
差があるように、

ドッグフードにも差はあります。

安いドッグフードメーカは

材料の原価をなるべく抑えるため、

小麦粉、肉、トウモロコシ、油脂

など安く輸入して使用しています。

人用としては不適格なものを
使用する事も多く、

中には相当に粗悪な
内容物、原料を使う場合もあります。

たとえば「4Dミート」という
人用不可の最低ランクの肉や、

屠場で廃棄されるはずの
肉副産物(骨、内蔵、便が入ったままの腸)も
表記上は肉扱いとなります。

品質に問題があって本来は
廃棄しなくてはいけないような原料も

ブローカーによって安く
買い取られて供給されたりします。

或は、抗生剤やホルモン剤を頻繁に
投与された家畜の肉を使用していたり、

農薬まみれの残留値を
チェックされないで流通している
ケースもあります。

ドッグフードの添加物などの安全面のリスク

同じお肉でも同じカロリーでも、

その質はまったく違います。

神戸牛とスーパーの安い肉には
大きな違いがあるように

犬のドッグフードに使われる
内容物にも質には差があります。

これら原材料の安全性や
信頼性は、

高いドッグフードであっても
盲信できる物ではありません。

もちろんブランドイメージを背負って
販売される高価な商品では比較的、

粗悪な原料を使っている
可能性が低いのではないかと
想像できます。

もちろん怪しげな材料を
使用しているドッグフードメーカーが

自ら明かす訳がありません。

明確に「人が食べられる品質の肉」を
使用していると宣言している場合を除き

程度の差はあれど、
あまり上等の素材は使用しないと
思った方が良いでしょう。

人の食品と違い、
ドッグフードは法律の規制が緩く、

各種の添加物は事実上、
野放しになっています。

あまりにひどい物は
苦情が寄せられるなどして改善
されているはずですが、

悪影響がはっきり確認できない
製品はそのままです。

安いドッグフードでは、

抗生物質、農薬、保存料、
発色剤、香料など、

発がん性や内蔵に害を与える
毒性を持つ材料の使用などが
疑われるものや、

アレルギーのもとになる
アレルゲン物質が普通に使われている
ケースも見られます。

安いドッグフード高価なドッグフード

プレミアムフードの一部には、

こういった添加物を使用していない事を
売りにしている物もあります。

食べ物に反応して体調を
崩している疑いがある犬は、

ドッグフードを変更して
みるのもいいでしょう。

安いドッグフードほど
こういった問題があるリスクが高いので
要注意です。

人間の食の安全に対する
信頼は揺らいでいるように

もちろんドッグフードにも
メリットは大きいですが、

ドッグフードを選ぶのにも
慎重になるという考えは必要です。

決して高価な物が正解
という訳ではありませんが、

安全でい犬の食生活や
体の仕組みにマッチした
食材と調理法を

飼い主さんが考えてあげるのが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>