犬と寄生虫とフィラリア、蚊の感染病の症状と特徴、予防と対処法


今回のテーマは、

犬と寄生虫とフィラリア、蚊の
感染病の症状と特徴、予防と対処法

について紹介します。

フィラリアは、
犬の心臓にそうめん状の
成虫が寄生してしまう病気です。

成虫の数が多いと、
心臓がうまく動かなくなって
急死する事もあります。

フィラリアに感染している
犬の体内にいる成虫は、

「ミクロフィラリア」と呼ばれる
小さな子虫を血液中に放出します。

そして蚊が別の犬を刺したとき
ミクロフィラリアからの蚊の体内で

少し成長した「感染幼虫」が
犬の皮下に入り込み、

半年ほどかけて成長し、
また心臓に寄生するのです。

一昔前は、多くの犬が
フィラリアに感染しており、

動物病院には息も絶え絶えな犬が
しょっちゅう担ぎ込まれていたそうです。

フィラリアに感染した
犬が担ぎ込まれてくると、

獣医は、危篤状態の
犬の頚静脈から長細い鉗子を入れ

直接心臓の虫をつり出す
手術が行われます。

この手術は手探りの作業で
なれが必要で危険な物だったそうです。

しかし成虫の大部分が
手早く上手に取り出せると、

それまで聞こえていた
フィラリア感染犬特有の
「心雑音」が消え

心臓の機能が正常に戻り、
体力さえ持てば回復します。

スポンサーリンク

犬のフィラリア、蚊の感染病の症状と特徴

最近の日本では下水の整備で
蚊の発生は大幅に減り、

同時にフィラリアにかかる
犬も減りました。

また稲作などの多い地域であっても
その地域の犬がフィラリアの
予防接種をしていれば

フィラリアを持った蚊は
ほとんど発生しないので、

蚊がいても流行しないのです。

実際ここ数年は、フィラリアで
危篤状態の犬はほとんどいません。

人の力の及ばない死病は
数多くありますが、

フィラリアは予防できる病気です。

飲み薬やつけ薬もありますので、
かかりつけの獣医と相談し、

きちんと予防しましょう。

犬と寄生虫の症状と特徴

現在では、犬にとっては
蚊による感染症、フィラリアより

寄生虫でしょう。

犬回虫、犬小回虫、犬鞭虫、
瓜実条虫、マンソン裂頭条虫、

などなど、

お腹に虫がいても、

うんちに出てくるのは
ほんの一部なのです。

瓜実条虫、マンソン裂頭条虫、

は虫の身体の一部が
うんちの中に排出されるので、

肉眼で見つけることが出来ます。

その他の寄生虫が
便に出てきた場合、

腸の中に、多くの虫が
いる事が多いです。

できるだけ早く
無仕出しをしましょう。

寄生虫を持っている犬の場合、

他の病気にかかりやすくなり、

さらに症状を重く
する事があるので

注意が必要なのです。

犬と寄生虫と感染病の予防と対処法

寄生虫を確認し、

適切な虫下しをすれば、
虫は死にます。

ただ、出てきた虫の卵に
効果のある薬はほとんどないので、

卵から虫が孵る頃に、再び
虫下しをしなければなりません。

虫による腸炎は、
炎症の治療も必要です。

また瓜実条虫は、

ノミによって移るので、

ノミが犬についた事があるか、
今ノミがいるかどうかを確認して、

虫下しをするとともに、
ノミ駆除を忘れないようにするのが
予防と対処法として大切です。

そうめんのような長い糸状の虫が

うんちに出るときは、
腸の中に寄生虫がたくさんいる
可能性が高いので、

すぐに病院へ行き、
検便をしましょう。

犬の腸内にいる寄生虫は
ほんの一部であったり、

とても小さく顕微鏡で
見なければ見つからないので、

定期的な検便で、
早期発見ができるのです。

忘れずに受けて、
犬の身体を守ってあげながら、

虫がついた場合、

シャワーをするなど
身の回りを清潔にするのも
忘れては行けません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>