犬の散歩中、車や部屋の中での熱中症、日射病の原因と対処法


今回のテーマは、

犬の散歩中、車や部屋の中での
熱中症、日射病の原因と対処法

について紹介します。

寒さに強いが暑さに弱い
犬の特徴ですから、

日頃から暑さ対策は
とても重要です。

夏の暑い日に日なたにつないでおく、
換気なしで室内に閉じ込める、
日中カンカン照りの中を散歩する、
体調不良が続いている

などが原因で、

あっという間に熱中症、
日射病になってしまいます。

犬が熱中症にかかってしまったら
どう対処すれば良いのでしょうか?

基本的には冷水シャワーなどをかけて
地肌までしっかり濡らす事が大切ですが、

具体的な対処法を詳しく
解説していきましょう。

スポンサーリンク

犬の熱中症、日射病の特徴と原因

犬は暑さにきわめて弱いのですが、

汗をかけない犬は

口を開けて舌を出し
ハアハアと息をする事で行いますが、

身体の熱さを防ぐのに
限界が来るのは人間より早いです。

ばててしまうだけならともかく、
人と同様に過度の暑さでは、

犬も熱中症を起こします。

私の経験上、屋外飼いの犬は、
意外に熱中症に掛かりません。

もちろん屋外飼いの犬自身は
暑さが相当きついでしょうが、

飲み水が用意されていて、
暑いとはいえ空気の流れがある屋外では、

ギリギリ耐えられるレベルなのでしょう。

では、もっとも多い熱中症の
ケースは何かと言うと、

「屋内や車内でエアコンなしで
放置してしまった」

と言う古典的なパターンが
多いのです。

子供の事故などがなんども
ニュースで取り上げられていますが、

残念ながら犬の熱中症の事故も
こういったケースが多いのです。

犬の車や部屋の中での熱中症、日射病に注意

日中の室温上昇は、
家の構造や隣接する建物との
位置関係によって大きく変わってきます。

北側の涼しい廊下などに
逃げられれば良いのですが、

閉め切った南向きの部屋であれば
40度近くまで気温が上がる事もあります。

温室のように暑くなった部屋に
残された犬は

あっという間に限界を超えます。

車内放置は論外にしても、
家を留守にするときには、
室温管理は必須なのです。

過去に犬がその家で
一番暑い部屋に入り込んでいるのを
見落として、

外出してしまい
熱中症のために死んでしまった

と言う悲しい例もあるのです。

しっかりと犬の熱中症の症状を
見逃さずに対処しなくてはいけません。

犬の散歩中の熱中症、日射病の対処法

人間であれば、

エアコンを付けたり、
水を多めに飲めたり、

日傘をさしたり、
疲れたら喫茶店で休めます。

犬はこうした事を
自力ではできないのです。

人に頼らなければなりません。

熱中症、日射病対策は、

散歩中はもちろん、
家で留守番するときも重要です。

犬が熱中症に掛かると、
ひどく荒い口呼吸をして

よだれも見られ、体温と脈拍が上昇します。

ひどくなるとショック状態へと移行し、
下痢や嘔吐、痙攣、意識レベルの低下、

そして呼吸と心肺が停止します。

一定レベルを超えると、
手の施しようがありません。

発見したときは
恐らく部屋は猛烈に暑いはずですが、

日が傾いて室温は既に
下がりかけている時もあります。

初期の熱中症は症状が
強烈に出ていない事もあり、

見逃して時間が経つうちに
夕方になり、

いよいよ調子を崩す時もあります。

もしかしてと思ったら
迷わずかかりつけの動物病院で受診します。

熱中症、日射病の原因と対処法

さらに対処法としては、
熱中症は、まず急いで冷却する
必要があります。

家を出る前に、お風呂などで

冷水シャワーをかけ
地肌までしっかり濡らしてください。

表面だけ濡らしても意味はありません。

水を飲めそうなら飲ました上で
すぐに病院に向かいましょう。

重度の熱中症の場合、
ショックから回復できずに
死亡する事もあります。

特に住人が留守をしがちな家では
発生しやすいので、

暑くなってくる6月前後から
常に意識しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>