犬が軽い怪我した時の自宅で飼い主ができる応急処置の方法


今回のテーマは、

犬が軽い怪我した時の自宅で
飼い主ができる応急処置の方法

について紹介します。

まず最初に言って
おかないといけないのが、

応急処置はあくまで
という応急処置です。

自宅で飼い主ができる
範囲内でできる事もありますが、

病院で本格的な治療が
必要な場合は、

応急処置をしたとしても
しっかり病院に行くようにしてください。

ただしまず最初に犬の怪我などを
対応できるのは飼い主さんです。

対応次第では
その後の回復にも差が出ます。

いざ怪我をしたときに
焦ってしまわないように
しっかりと知識を付けておきましょう。

以下よくあるケースを紹介します。

スポンサーリンク

爪が折れた際の応急処置

犬の爪の伸び過ぎを見逃していると
爪は折れやすくなりますが、

普通の長さでも激しい運動で
折れる事はあります。

これはかなり痛い上に
出血もかなりしますので、

飼い主も焦ってしまいがちです。

毛と血でごわごわになって
よくわからないと思いますが、

どの爪が折れたのか良く確認し、
上からガーゼかティッシュをかぶせて
手で握りしめます。

力加減は強めの握手くらいでいいでしょう。

2、3分で出血は落ちつくでしょう。

ほとんど血が出なくなったら
とりあえずは大丈夫です。

また夜間に爪切りをするのは避けましょう。

同じような苦労をする事になりかねません。

皮膚が切れた時の応急処置

犬を散歩させている途中、

尖ったもので皮膚を切ってしまったら、
毛玉をとろうとしてハサミで

肉を切ってしまったと言う
トラブルも良く耳にします。

軟膏などは傷の再生の邪魔になるので
つけない方が良いでしょう。

意外と血が出ないので、
そのままにして時間が経ってから
病院に行く人も多いですが、

シャープな切り口であれば
すぐに縫うほど早く治ります。

応急処置としては、
マキロンなど家庭用消毒液を
どぼどぼかけて大きなゴミを流してから

乾燥を防ぐために大きく絆創膏などをはります。

乾いたり化膿したりすると
治るまでかなりの期間がかかります。

けんかかみ傷の応急処置

見た目のあなた小さくでも
犬の牙は奥深く侵入し、

凶悪な細菌をばらまく事があります。

胴体の傷は筋肉を貫通させ
内蔵に達する事も多く、

その場合は死の危険すらあります。

一見して被害規模が分からない場合、
夜間でも動物病院に行った方が良いでしょう。

やけどの傷の応急処置

犬のやけどの場合は水道水で
十分に冷やしてください。

被毛が熱湯を含んで長時間停滞すると
予想以上にひどい被害が発生します。

面積が広いほど、
その後ショックを起こす可能性もあるので
病院にすぐ行く方が良いでしょう。

目の傷の応急処置

目は非常にデリケートな器官です。

透明であると言う性質上、
光の通り道である中心部は
血管が通っていません。

目は涙や内部を循環する水によって、

酸素やエネルギーの供給を受けています。

他の部位と違って潤沢ではなく
一度傷つけると治りの悪い部分です。

散歩中にぶつけたり、
けんかで相手の牙があたったりして、
傷つける事が多いのですが、

状況によって対処が異なるので
目の傷はそのまま急いで

病院に行く方が良いでしょう。

応急処置のために用意しておきたいもの

犬が軽い怪我したときに
まず手当てしてあげられるのは
飼い主なのです。

被害を最小限に食い止めれ応急処置が
できればその後の回復も早まります。

そのためにも以下のリストにあるものを
救急箱などに入れておく事にしましょう。

もちろんよく分からない場合、
手に負えない場合は、

すぐに獣医に相談しましょう。

滅菌ガーゼ

爪を折ったときなどの止血に利用します。

緊急時に手元になければ
ティッシュでも構いません。

外傷の場合は通常、始めから
雑菌まみれなので

ガーゼは完全な滅菌でなくても構いません。

消毒薬

マキロン程度の弱いものを
傷口の消毒に使います。

オキシドールなどの強い消毒薬は
傷を悪化させる可能性もあるので
避けた方が良いでしょう。

ウェットティシュ

傷口は、水道水洗い流すのが基本ですが、
こびりついた汚れは

そっとウェットティッシュで
拭き取ってください。

投与薬の備蓄

心疾患やてんかん発作を持つ犬には、

急変時に病院へ行くまでの
時間を稼ぐための

「緊急薬」が処方される事があります。

手持ちの緊急薬数は
余裕を持って用意しておきましょう。

災害時に備えるならば、

常用している薬や使用中の
療法食も、

なくなるより少し前に
購入しておくと良いでしょう。

伸縮包帯

傷などを保護する必要がある時、

紙テープや絆創膏は
伸縮が追いつかず、

はがれてしまうため
伸縮包帯がオススメです。

一巻き200円前後で薬局に売っています。

伸縮包帯の幅は
体格と目的によりますが、

3~5cmくらいのものでよいでしょう。

伸縮包帯は、ゆるくテンションを
かけながら巻きます。

最後にへりに押し込んでしまえば
固定用のテープや金具を使わずに済むので

異物誤飲の危険も避けられます。

輸送用キャリーケース

普段は車に乗らないで
元気に散歩する生活でも、

緊急時には車を利用する事が
あるかもしれません。

タクシーは箱にきちんと
入っていないと乗車拒否される事もあり、

自家用車でも一人で運ぶときは
ケージに入れておかないと

運転者の注意が散漫になり、
交通事故につながります。

常用しないのであれば、
プラスチック製の市販品ではなく、

サイズのあう段ボールを
用意しておくだけでも構いません。

大型の老犬の場合は
たんかを使う事もありますが、

大人が二名いるならば
丈夫なタオルケットを

ハンモックのようにして
代用しても良いでしょう。

電話番号

緊急時に慌てて調べ始めても
時間のロスになるので

夜間救急病院と
ペットOKのタクシーの
電話番号を事前に調べておきましょう。

以上の事を準備しておけば

自宅で犬が軽い怪我したときの
応急処置は万全でしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>