犬と飼い主が楽しい散歩をする3つの意義、メリット、デメリット

犬と飼い主が楽しい散歩をする3つの意義、メリット、デメリット
今回のテーマは、

犬と飼い主が楽しい散歩をする
3つの意義、メリット、デメリット

について紹介します。

犬=散歩好き

というのはもちろん確かで、

定期的に外に出してあげて
楽しく飼い主と散歩する事は

犬にとって大切な時間です。

多くのメリットがあるのも事実です。

しかしやり方によっては
デメリットになる事もあるのです。

犬の散歩の意義は大きく分けて

・気分のリフレッシュ
・肉体的運動
・しつけの機会

と言う三つがありますが、

ただ闇雲に犬を外に
連れ出せば良いのではないのです。

ここではひとつずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

犬は飼い主と楽しい散歩をするのが好き?

犬を散歩させる意義その1.

「リフレッシュ」

犬はたいてい外に出て
運動をする事が、

ストレス解消になります。

ただ、犬の性格によっては、
外が嫌いで立ちすくんでしまったり、

失禁してしまったりするほど
散歩をいやがる場合もあります。

そう言う場合に無理矢理
連れ出せば、

逆にデメリットになります。

人は先入観にとらわれがちですが、

どんな犬も「散歩が大好き」という
ことではないのです。

飼い主が無理矢理連れ出す事で、
かえって精神的に病んでしまったり、

移動を拒否して踏ん張ったりしている
犬を力任せに引っ張って、

のどや脚の裏をいためてしまう
ケースもあります。

これは子犬のときの
環境によっても変わるのですが、

散歩が嫌いになる犬は
決して少なくありません。

子犬の頃であれば、
焦らずに少しずつ外に
ならす練習をさせてみましょう。

また大人の犬になってもなお
散歩をいやがるようであれば、

屋内100%の「座敷犬」といして
生活する事も考慮に入れるといいでしょう。

逆に自分の体力を考えずに、
無限に散歩を続けようとする犬もいて、

こういった場合は、疲れ果てる前に
帰るようにしましょう。

犬の気持ちだけが先行し、
帰り道を歩く体力を失い、

飼い主がつれて戻ってくる
犬もいます。

高齢の犬や身体の弱い犬は
長距離を歩かなくとも、

家の近所を丹念に歩き、
匂いを嗅ぎ回ってゆっくりウロウロ
するだけでも十分でしょう。

カートに乗せて、
かつてお気に入りだった所まで
遠征するのも喜びます。

その空気に触れさせるだけでも
心身にメリットがあるので、

飼い主さんが工夫をして
犬の散歩をさせてあげるのが大切です。

犬は散歩でダイエットできる?

犬を散歩させる意義その2.

「運動」

飼い主の人の多い勘違いが

「犬を散歩に連れ出して
運動させればダイエットできる」

というもの、

犬は人と違って、
持続的に長距離を走る事に
適した身体になっています。

散歩時に運動効果は
「ダイエット」ではなく

身体がなまらないように
「エクササイズ」をしている
と考えた方が良いでしょう。

ダイエットの基本は
あくまで食事なのです。

とにかく走り回れば痩せるだろうと、

むやみにフルパワーで、
走り回らせるには、

関節疾患や怪我の元になり、
その割に対してカロリーは消費できていません。

怪我や病気をすれば
それはむしろデメリットです。

小型の愛玩犬は、軽く歩き回る
散歩で事足ります。

とはえいえ、狩猟犬や牧畜犬は
かなりの運動量を好みます。

狩猟犬や牧畜犬を飼っている場合は
できるなら「ドッグラン」のような場所で、

しばらく自由に走り回って
もらいたい所ですね。

ただ、地域によっては
あまりそういった施設がない所もあり、

そんな時は路上をがんばって一緒に
走ってあげるしかないでしょう。

飼い主はかなり疲れると思いますが、
良い運動になると思います。

もちろん思いっきり運動をする
のが好きな犬にとって

長い時間、散歩で楽しむのも
メリットになりますので、

個体差はありますが、
普段家で十分に動けていない
大型犬の場合は

3km程度を数十分かけて
散歩するくらいが良いでしょう。

犬の散歩の3つの意義、メリット、デメリット

犬を散歩させる意義その3.

「しつけ」

しつけと言うのは

「さあ、今からしつけ教育をするぞ」
と言ってやるものではありません。

普段の生活の中で

「誰が偉いのか」
「やって褒められるのはどういう事か」
「怒られるのは何か」

と言う事を自然に仕込んでいくものです。

それでも従わない場合は、
意図的にしつけの時間を持ち
教育しても良いですが、

散歩に出ると、ほとんどの犬は
思うままの方向にダッシュしようとします。

これに飼い主がついていくのでは
行動の主導権が犬にある事に
なってしまいます。

リードを短く持ち、勝手に
先行しようとしたときは、

後ろに引いて戒めたり、
誰が偉いのかを教えなくてはいけません。

最近ではこのようなしつけに
向いたチョーク首輪などがベットショップに
売っているので、

うまく活用するといいでしょう。

理想は、飼い主の脇を出過ぎず
下がりすぎず、

とことこと並走するイメージです。

…以上三つの意義をを意識し

うまくメリット、デメリットを
使い分けるようにしながら、

犬との散歩を楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>