犬の狂犬病の特徴と人への影響、狂犬病の予防注射はまだ必要か?

犬の狂犬病の特徴と人への影響、狂犬病の予防注射はまだ必要か?
今回のテーマは、

犬の狂犬病の特徴と人への影響、
狂犬病の予防注射はまだ必要か?

について紹介します。

狂犬病と言うのは
1957年の猫の発症を最後に

日本では根絶されました。

狂犬病は、狂犬病ウィルスを
原因とする感染症です。

すべての哺乳類に感染し、

いったん発症すると100%死亡する
と言う特徴を持つ恐ろしい病気です。

そのため、毎年の狂犬病の
予防接種が法律で義務づけられて
いるのですが、

「いまはもう、日本には狂犬病はないから
いいじゃないか」といって

注射の接種をしない飼い主もいます。

スポンサーリンク

犬の狂犬病の症状の特徴

いったん狂犬病にかかると、

過剰な興奮、極端な落ち着きのなさ、
よだれを垂らす、食欲不振、
けいれん、昏睡状態

などの症状が見られ、

感染した動物にこうした
症状のサインが見られた場合、

普通2週間以内に
死亡してしまいます。

そしてこれは人と動物の
共通感染性、ズーノーシス

と呼ばれる症状で、

人間にも影響する犬の感染性
としてトップレベルに危険な物です。

ただ、幸いな事に、

この伝染病は予防できる
ワクチンが開発されているのです。

獣医師に相談すれば
いつでも接種が可能です。

犬の狂犬病の特徴と人への影響

狂犬病ウイルスは

人間を含む他の哺乳類動物に
感染してしまい、

症状が出てからは
有効な治療法がなく、

死を待つしかない…

という恐ろしい影響を持つ
病気なのです。

確かに日本には現在
存在しないですが、

しかし世界を見渡すと、
狂犬病はアジア、アフリカを中心に
今も存在し、

毎年5万5千人が死亡している
といわれています。

人や物の行き来がグローバル化
していくなか

このような地域から
感染動物が輸入される可能性は
十分にあり得ます。

狂犬病など恐ろしいウィルスが
いつ海外から再上陸するかは
わからないのです。

野生動物の多い地方で
発症してしまった場合、

そのまま国内に分散し
常在化する恐れもあります。

国は、法整備をして
出入国時のチェックを厳しく
していますが、

狂犬病はハムスターのような
小さな哺乳類にも感染するため

すべての動物を完璧に
調べるのは不可能です。

狂犬病の予防注射はまだ必要か?

そこで万が一の来る日に備え

国内の犬の狂犬病の予防を
しておきましょうと言うのが

国の方針なのです。

日本では、狂犬病予防法で

狂牛病予防注射を打つ事は
義務づけられているのです。

予防注射と言うのは
病気と言うリスクに対する
保険と言えます。

例えば

「自分は絶対に事故を起こさない」

と思い上がってしまい、

任意の自動車保険に入らず、

車を好き勝手に運転している
ドライバーが身の回りにいたらどう感じますか?

そして自動車事故も狂犬病も、
自分だけでなく他人の命を奪う
可能性もあるのです。

狂犬病の予防接種をもっと
安くできないか、

副作用を減らせないかと言った
点については、

改善の余地もあるでしょう。

ワクチンの弊害も
もちろん存在するでしょうが、

それ以上に人にも影響し、
死という結果が待っている

恐ろしい病気のリスクが
ある事は忘れては行けません。

今、先進国には狂犬病が
存在しないからと言って

予防注射をやめてよい訳では
ないと言う事なのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>