犬を飼っている時の災害、地震など避難に必要なで準備と対策

犬を飼っている時の災害、地震など避難に必要なで準備と対策
今回のテーマは、

犬を飼っている時の災害、地震
など避難に必要なで準備と対策

について紹介します。

「ペットを救うためなら命をかけるか?」

という質問にイエスと答えた人は、
83%にものぼる…

これはアメリカ動物病院協会
(AAHA)がペットのいる人を
対象に行った調査結果です。

現代日本でも同じ調査を
行ったとしたら、

恐らく似たような結果でしょう。

今やペットや犬はまぎれもなく
家族の一員であり、人生の伴侶です。

そしてつまり、、

災害や地震が発生した
とき犬をどうするか?

準備や対策をしっかり
としておくのは大切です。

スポンサーリンク

日本の災害、地震と犬との生活

原発事故や東日本大震災
は記憶に新しいですが、

1991年の雲仙普賢岳噴火、
1993年の北海道南西沖地震、
1995年に阪神淡路大震災、
1999年東海村臨界事件
2000年三宅島噴火、東海豪雨

…など大規模な災害は
発生しています。

日本は古来より、
地震や噴火など大規模な

自然災害に悩まされてきました。

遠くない将来、都市部にも
大型地震が来ると言う予想もあります。

地震に備えて対策すべきは

人間だけでなく
一緒に飼う犬も同じです。

最低でもライフラインが復旧するまでの
数日間は無補給でも暮らせるように

日頃から準備が必要です。

水は人と共用できますが、
ドッグフードや常備薬などの
余裕は常に見ておきましょう。

一週間分くらいは残っている間に
補充しておきます。

災害、地震など避難に必要なで準備と対策

非常用飲料水は普段から使っている
水道水に似た組成に軟水にします。

輸入品の硬水では
飲み慣れていない犬であれば
下痢を起こす場合もあります。

災害時に、かかりつけの
動物病院が正常に運営されている
可能性も低いので、

もらっている薬の内容を
把握しておけば、

どこか別の病院で薬を
入手しやすくなるので、

具体的な薬剤名や容量も
獣医さんに聞いておきましょう。

また近くの地域で、

犬とできる避難訓練が
ある場合は積極的に参加しましょう。

そこで犬と同行避難をすると、

保護者が心得て
おかなければならない

大切な事が分かるでしょう。

災害時に犬を守り抜くなら、

平常時にできる事がほぼ9割で、

その場で対処できる事は
実は1割しかありません。

つまり、自分の責任で

平常時のしつけや
コミュニケーションを

徹底しておかなければ
ならない事が分かるのです。

災害、地震など避難に必要なで準備と対策

大地震で家屋にまで
甚大な被害が出た場合は

安全のため、飼い主が避難場所に
移動になるかもしれません。

その場合、ペットの同伴は
制限される可能性も高いです。

どこかに集められて隔離されるか、

ボランティア団体の支援に
ゆだねられる事になるかもしれません。

最悪の場合は混乱の中、
今どこで誰に管理されているのか
分からなくなる事もあるかもしれません。

災害発生直後に犬がパニックで逃走し
そのまま行方不明と言う事も
ありえますので、

首輪には連絡先の刻印された
頑丈な名札をつけておく事も
対策として重要でしょう。

災害時の混乱の中で
首輪が外れてしまう事もあります。

マイクロチップも
有効な手段でしょう。

ある日、突然、
大災害に見舞われたら、

犬はどうなってしまうのか?…

不安を抱いている人は
少なくないでしょう。

いざとなったときに適切な
行動ができるように、

準備と対策をしっかりしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>