雄犬の去勢手術と雌犬の避妊手術の健康のメリットとデメリット


今回のテーマは、

雄犬の去勢手術と雌犬の避妊手術
の健康のメリットとデメリット

について紹介します。

野性の犬では考えられない、
去勢や避妊の手術ですが、

多頭飼育をする場合や、

ドッグランなどで他の犬と
遊ばせる場合、

気づかないうちに犬同士の
交配を避ける為など、

犬が集まる場所へも
年中安心して連れて行けます。

犬を飼う飼い主が、

飼っている犬の繁殖を
考えていない場合、

オスであれば「去勢手術」
メスであれば「避妊手術」

を考えると思いますが、

生殖活動を抑えるというのは、
もちろん不自然な行為ですが、

やはり人間社会に溶け込むときには

一考すべき問題でしょう。

一般的な犬の去勢と避妊の
メリット、デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

雄犬の去勢手術のメリットとデメリット

<去勢手術のメリット>

・性ホルモンの一種
テストステロンが影響する

マウンティングやマーキング
攻撃性を減少させる

・男性ホルモンが多すぎる事による
病気のリスクを下げる

(前立腺肥大、会陰ヘルニア、
肛門周囲腺腫など)

また、性ホルモン関連性の
皮膚病の予防も可能、

・異性に対する興味が薄まれば、
性的な欲求を満たせない事が原因の

精神的ストレスから
解放してあげる事ができる

<去勢手術のデメリット>

・子供が作れない

・性ホルモンの分泌の変化により
肥満傾向が高まり、太りやすくなる

・性ホルモンが分泌
されなくなるため、

毛艶が悪くなる事がある。

雌犬の避妊手術のメリットとデメリット

<避妊手術のメリット>

・子宮、卵巣に起因する病気
が少なくなります。

・乳腺腫瘍の発生率を下げる

これは生命を脅かす
病気の一つですが、

乳腺腫瘍は初回の発情前の
避妊手術が最も効果的で、

発情回数を減るごとに、
避妊手術をしても

羅患リスクは少しずつ高くなります。

・犬自身が、陰部の肥大や
頻尿への違和感、性的欲求による
ストレスから解放される。

・発情時の面倒な世話から
解放される

<避妊手術のデメリット>

・子供が作れない

・身体が使うエネルギー量
が減るため、

手術前と同じ量を
食べても消費するカロリーが
減ってしまうので、

太りやすくなる

・稀に失禁癖が出る

・もともと攻撃性の高めの雌は、

手術によって女性ホルモンが
分泌しにくくなり、

さらに攻撃的になるケースもある。

去勢手術と避妊手術の健康のメリットとデメリット

「手術なんてかわいそう」
と言う気持ちも分かりますが、

病気が減ると言う観点から、
獣医さんは手術を進める傾向が高いです。

もちろん全部の犬が
こういった病気になる訳ではないですが、

避妊手術をしておく事で
健康面のメリットはあり、

避けられる事もあるそうなので、

どちらの選択をするかは
飼い主次第と言えます。

オスの場合は停留睾丸や
メスの場合は乳腺腫瘍など

発生リスクが高いと言えます。

健康、体力面から言っても
避妊、去勢手術は

若くて生命力のあるうちに
やっておく方が良いでしょう。

先手を打つ事で、中年以降の
リスクが減らせる場合があります。

雄の場合も雌の場合も
手術にかかる時間は
1時間ほどで、

入院せず日帰り退院ができる
比較的安全な手術です。

繁殖を考えていないならば
できるだけ早めの判断が必要です。

手術を迷っているのであれば
かかりつけの獣医に相談し

できるだけ正しい知識を身につけ
説明に納得がいったら、

犬の幸せを考え選択をするといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>