寒さに弱い犬の冬場の寒さ対策、乾燥、エアコン、暖房の工夫


今回のテーマは、

寒さに弱い犬の冬場の寒さ対策、
乾燥、エアコン、暖房の工夫

について紹介します。

前回紹介したように、

犬は基本、寒さに強く、
暑さに弱い動物です。

しかし、

寒さに弱い犬もいれば、

最近の人間の快適な
生活に慣れた犬は

冬の寒さにストレスを
感じてしまう事もあります。

屋外で犬を飼うときは、

暑さ寒さなど色々と
気を使う事も多いですが、

室内で飼う場合は、
犬も自由に走り回れるし、

気を使う事も少ないだろう…

「家の中だから平気だろう」

と言うのは大きな間違えで、

室内犬でも室内犬なりの
気温の注意をする事もたくさんあります。

飼い主と一緒に住む犬だからといって、

人間の環境が犬に快適か
と言えばそれは違っており、

夏の冷房の設定温度、
冬の暖房の温度、

また部屋の乾燥具合など

全て愛犬と人間では
快適度に違いがあります。

スポンサーリンク

屋外犬の冬場の寒さ対策

犬を屋外で飼っている場合、
毛がしっかりしている柴犬や
ハスキーなどは、

冬場の対策としても、

一般的な犬小屋に
バスタオルなどを何枚かしいておけば
大丈夫です。

しかし高齢の犬や
何らかの原因で弱っている
犬の場合は、

寒さ対策のため
夜間は屋内に入れてあげましょう。

また、犬の中でも毛が薄く
小さい種類のものは

熱を保持するのが苦手です。

飼い主と犬の位置関係ですが、
絶対的に人の方が高い位置にいて、
犬の方が低いです。

人間がちょうどいいと思う
室温にしてしていても、

冷気は低い所に溜まり
犬に取っては寒いかもしれません。

また部屋の温度と
散歩に出掛ける外の気温差の違い

冬場に暖かい部屋から
寒い外に出る、

夏場に涼しい部屋から
暑い外に出る、

と言ったことは

体温調整の苦手な犬には
非常に辛い事かもしれません。

散歩に連れ出す前に
部屋と外の温度差に慣れるために
玄関付近で遊ばすのも一つの手です。

小型犬の場合は、
寒さも敏感で風邪を引く場合もあります。

愛犬の様子を良く観察し、
こまめに温度調整をしてあげましょう。

屋内犬の冬場の寒さ対策

たとえ屋内で飼っていても
寝ているときに小さくまとまっている
ようであれば、

寒がっている可能性もあります。

冬場の寒さ対策としては、

暖房を利用するのが
一番望ましいのですが、

いつも部屋を丸ごと暖めていると
電気代などが馬鹿になりません。

ペット用ヒーターは
低消費電力のものですが、

接触している面だけが温かいため、
あまり室温が低い状態で
使う事はお勧めできません。

人間もホットカーペット上で
うたた寝をすると体調を
崩しやすくなるのも同じ理由です。

そこでオススメの方法は
ペット用の床ヒーターの上に

段ボールなどでかまくら状の
覆いなどを作り、

中に暖かい空気がとどまるような
小屋を造ってあげる事です。

これなら熱が拡散しないので、
こたつのように全方位を暖かくできます。

犬の冬場の乾燥対策

「冬の寒さ対策は、
部屋に暖房を入れておけばいいだろう」

と思っている人も多いでしょうが、

この暖房がくせ者で、

人間もずっと暖房を付けていると
感じる事もあるでしょうが、

部屋の空気が乾燥しがちなのです。

この乾燥に注意しておかなければ、

犬は冬場に気管支炎や肺炎など
呼吸系の病気に冒される危険があります。

適度に換気をしたり、
加湿器を備えるなどして、

乾燥したり空気対策をしましょう。

また冬場であれば、

日中は暖房の温かさで
快適に暮らせていても、

夜になれば犬も飼い主も
眠る事になって、

暖房を切ったとたん、
犬の寝床のあたりが

すごく冷える場所になる事もあります。

犬のベッド近辺の温度は
良く注意してあげる事が大切です。

特に犬を飼って始めての冬は
気をつけてあげたいですね。

夏場には気づかない、
事もあるのですから。

愛犬の気温対策の基本的な考え方

また夏でも冬でも言えますが、

飼い主がよかれと思って
設定した温度でも、

実は犬にとって適していなかった

…ということがあります。

できるだけ周囲の環境温度に
差を付けるのはもちろんの事、

犬自身が望む温度の場所を
何カ所か選べるように
配慮してあげると良いでしょう。

夏にエアコンをつけていても、
一応近くに毛布をおいておく、

あるいは冬でも暖かい部屋から
冷たい廊下へすぐに出られるように
ドアを少し開けておくなど

犬の好みで選べるように
しておくのが理想と言えます。

寒さに弱い犬にとって
冬場の寒さ対策、

乾燥、エアコン、暖房の工夫は
非常に大切です。

以上のような事を参考に
しっかり犬の冬場の寒さ対策を
してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>