暑さに弱い、寒さに強い犬の特性、犬の夏の気温、暑さ対策

暑さに弱い、寒さに強い犬の特性、犬の夏の気温、暑さ対策
今回のテーマは、

暑さに弱い、寒さに強い犬の
特性、犬の夏の気温、暑さ対策

について紹介します。

犬の熱中症の対策方法を
知っておく事は重要です。

犬種によってまちまちですが、

元来、寒さには強いですが、
とても暑さに弱い動物です。

長毛種、短毛でも毛の密な犬は、
特に夏に弱いです。

もともと北国や涼しい地域で
作られた犬種だからです。

彼らは日本の暑い夏は、
特に気を配ってください。

それ以外の犬種でも、

一般的に犬は多少の
寒さには耐えられますが、

暑さには弱いので注意しましょう。

そして日頃から暑さ対策、

特に夏の暑い日には
しっかりと管理して
あげなければ行けません。

スポンサーリンク

汗をかかず暑さに弱い、寒さに強い犬の特性

実は、牛や豚、鶏をはじめ
多くの動物は汗をかきません。

そしてこられの動物同様、
犬も汗をかきません。

では熱くなった身体を
どう冷やすのでしょうか?

犬は下を使って「ハアハア」と
する事で唾液の水分を蒸発させ、

体内の熱を放散しているのです。

すれゆえ鼻が短いブヅドックなどの
短吻種は熱を逃がす能力が低く、

簡単に「熱中症」に陥ってしまいます。

特に飼い主が高齢で熱さに鈍感だったり
エアコンをあまり好まない家庭では、

飼い主が平気な顔をしているのに
犬の方が人間よりも先に
熱さで倒れたりする事があります。

ちなみに人間と同じ感覚で
扇風機を使って犬に風をあてても、

体全体から汗をかいて
蒸発させる人間とはそもそも
身体の作りが違うので、

効果はあまり期待できません。

犬の夏の気温、暑さ対策

では犬の熱中症を避けるには
どうすれば良いのでしょうか。

最も大切な事は
気温をマメにチェックする事です。

暑さに弱い犬は気温が25度を
超えたら危険信号と考えてください。

強い犬でも30度を超えたあたりから
要注意です。

また、人間の体感温度は
非常に曖昧なので、

気温を確認するときは
温度計で正確な気温を計るように
心がけましょう。

温度計は犬がいる高さ、
つまり人間の膝付近に設置する
ようにしてください。

部屋の空気が十分に循環
していない場合、

部屋の上の方と下の方では
約4~5度も室温が違う事があるからです。

部屋飼いの場合、最も有効なのは
エアコンを利用して冷房をする事です。

気温と湿度を下げる事で、
犬が舌でハアハアする際の
放熱効率が良くなります。

犬の夏の暑さ対策グッズ

屋外飼いの場合は、
直射日光を避け、

犬小屋を日陰や建物の間のような
風の通り道に移動させたりして、

犬ができるだけ涼しくなるように
工夫をしてください。

また、あまりに熱い日や老齢犬の場合は

昼までも玄関に入れてあげるなどの
対策も大変有効です。

最近では、金属プレートの下部に
冷却剤を張った商品など、

手軽で効果的な熱中症対策
グッズを売っています。

エアコン以外の冷却方法を
探すのであれば、

ペットショップの夏用品コーナー
を覗いてみると良いでしょう。

犬の毛は日本の夏に適している?

ただ犬によっては、金属の
プレートを警戒して乗らなかったり、

ツルツルすべるので
いやがったりする事もあります。

そんな場合は毛を短くしたり、
思い切って刈ったりするのも良いでしょう。

地面に接地する腹部を刈り込むだけでも、

冷たい床に寝転ぶだけで
身体の熱を放出できるので効果的です。

ポメラニアンやゴールデンレトリバーなど

一度刈るとその後なかなか
生えてこない犬種もあるので、

犬の見栄えを気にする人には
お勧めしませんが、

プードルのようにどんどん
伸びる犬ならば、

単純に丸刈りでも良いでしょう。

ただし自宅で刈るとバリカンなどの
器具を壊してしまったり、

犬の皮膚を傷つけてしまったり
することもあるので、

獣医やかかりつけのトリマーさんに
相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>