犬の心身にかかるストレスの原因とストレスを解消する方法


メンタルケアという言葉は
一般にも浸透して来ましたが、

確かに目にはっきりと見え
理解できる概念ではありません。

しかし心に不快を抱えると
徐々に体にも影響します。

人間にとってもある種の現代病
とも言える、ストレスですが、

余計なプレッシャーを抱え込むと、
心身に徐々に悪影響を及ぼします。

人間は過度のストレスがかかると、
様々な身体や心の病気を発症します。

これは犬にとっても同じです。

なので犬にかかるストレスを
解消する方法をしっておきましょう。

過度のストレスと言うのは、

人間だけでなく犬にも
悪影響を与えます。

しかも犬は人間と違って
しゃべることができないので、

一体何がストレスなのかを
具体的には教えてくれません。

ここでは遭遇する事の多い
犬のストレス源となる要因

そしてその解消法を
いくつかあげてみましょう。

スポンサーリンク

犬のストレスの要因:その1.

・狭い場所であまりにたくさんの犬を飼う

飼い主が犬を見守る上では
屋内飼いがオススメと前に紹介しましたが、

極度に狭い範囲で、しかも
多頭飼いをする人がいますが、

お店で出会って衝動買いしてしまったとか、
拾ってしまってそのままズルズルなど

理由は様々です。

しかし限度を超えた密度は結局
ストレスですべての犬を不幸にします。

犬を愛する気持ちがあるからこそ、

自分の限界も見極める
ことが愛情にもなるのです。

解消法はあくまでも目安ですが、

小型犬の場合6畳に3頭、
大型犬の場合8畳に2頭が限界でしょう。

また最初から狭いのであれば、
犬も自分の環境はそういうものだと
考えるようになりますが、

もともと広い場所にいた犬を
狭い場所に閉じ込める場合は
さらなるストレスになります。

広い環境で過ごせれば理想的
なことは言うまでもありません。

犬のストレスの要因:その2.

・飼い主が昼間不在になり誰もいなくなる

昼間に家族が全員仕事や
学校に行ってしまい、

世話をする人がいない家庭は
犬にとって寂しいだけならともかく

事故や体調不良への対応が
遅れがちにもないます。

これを解消するために
世話が行き届く、手に負える範囲で
犬の世話をするようにしましょう。

犬は基本的に
寂しがり屋と考えましょう。

群れを作って仲間とともに
行動する生き物なのです。

飼い犬にとっての仲間は家族です。

家の中で飼って、少しでも
長く一緒に過ごす時間を
とってあげる事が大切です。

人間と距離の近い、
愛玩動物である犬の場合、

人と一緒に楽しむ時間が
絶対に必要なのです。

家の中での安心と、
散歩という野生の感覚

このメリハリで、
ストレス解消になります。

犬のストレスの要因:その3.

・同居動物からの暴行を受ける

同居動物から暴行を受けた犬が
ストレスを受ける事があります。

犬社会は、群れの中での
上下関係が厳しい社会です。

しかも上位なる犬は必ずしも
公明正大な性格とは限らないので

己の支配欲もしくは
飼い主の愛情を独占するために、

下位となる犬を徹底的に
いびり倒すケースもあります。

飼い主の教育がうまく行けば良いのですが、
24時間見張っている訳にも生きません。

あまりにもひどい場合は解消法として

犬の生活エリアを1階と2階に
分けるなど家庭内別居もお勧めします。

犬のストレスの要因:その4.

・飼い主からの虐待を受ける

当然ながら飼い主さんのいじめや虐待は
犬にとってストレスになります。

残念ながら犬を殴る飼い主もいます。

不当な迫害によるストレスは
極端に攻撃的な性格や

あるいは臆病で扱いにくい
性格を生んでしまいます。

また内分泌系のバランスが崩れ、

副腎の機能が極度に
低下する病気にかかる事もあります。

これは生涯高額の投薬が必要となりますし、

こうした飼い主は犬を飼う資格はなく、
知人の譲渡などをお勧めします。

これはストレス解消の余地のない
最悪の行為と言えます。

飼い主が元気に幸せに生きることは
犬にのメンタルヘルスにとって
最高なのは言うまでもありません。

飼い主さんが元気にストレスに
負けずに過ごすことを忘れず、
犬との生活を楽しみましょう。

そして以上のようなストレス源と
その解決策を理解してあげて、

犬のメンタルケアも大切にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>