犬の洗い方、シャンプーで耳の中、拭き方、乾かし方に注意する

犬の洗い方、シャンプーで耳の中、拭き方、乾かし方に注意する
今回のテーマは、

犬の洗い方、シャンプーで耳の中、
拭き方、乾かし方に注意する

について紹介します。

定期的に犬をシャンプーして
洗ってあげる事は、

犬の皮膚や毛を綺麗にし、

犬の身体の状態を
直接触って確認できる、

また、犬とのコミュニケーション
にもなるなど、

様々なメリットになります。

本来は犬に限らず、
人間以外の動物は、

シャンプーを必要としません。

野生の世界に住む動物は、
シャンプーをする事は決してありません。

ただ、ペットとして犬を飼う場合
ずっとそのままでは獣臭が強くなりますし、

屋内飼いであれば、
ホコリや汚れを吸い付けて
汚れていってしまいます。

スポンサーリンク

犬の洗い方、シャンプーに注意する

これらを解決するために
時々犬にシャンプーをする訳ですが、

ここで注意が必要なのは

あくまで「人間の都合で洗っている」
と言う事を忘れない事です。

犬の洗い方、シャンプーでは
耳の中、拭き方、乾かし方などに
注意する必要があります。

犬の皮膚はごしごしと強く洗うと
簡単に傷がつき、

そこから皮膚炎が起きる事もあります。

決して我々が頭を洗うような
強さでこすっては行けません。

指の腹で軽くもむ程度で十分です。

洗い終わった犬の身体を
拭くときは優しく、

四肢は握ってタオルドライをし

ドライヤーは熱すぎないように少し
距離を離して吹き付けるようにしましょう。

犬のシャンプーで気を付ける耳の中

また注意すべきは耳です。

シャンプー中に
耳の中に汚れが入れば、

中耳炎、外耳炎などを
起こす事もあり、

シャンプー剤が入れば
炎症を起こす事もあります。

耳の中を直接
洗わないように注意したり、

ティッシュで拭ったり、

犬の耳にコットンなどを詰めて、
耳栓をするのも良いでしょう。

犬は耳に水が入ると、

ブルブルと首を振って
水を外に出そうとします。

この状態がずっと続いたり、
耳を擦っていたりするようなら

奥の方に入り込んでいる
可能性もあります。

こう言う場合は
早めに病院に行く事が大切です。

犬の洗い方、拭き方、乾かし方

犬の洗い方のまとめ

・優しく洗う

爪を立てずに指の腹で
優しく洗ってあげます。

・優しく拭く

ごしごしすると、毛の薄い所の
皮膚が傷ついてしまいますので

力を入れすぎないように

・ドライヤーは熱すぎず

毛をとかす手に向かって
ドライヤーを吹き付け、

熱すぎないか常に飼い主が
自分の肌で確認します。

あくまでこれは目安ですが、

犬のシャンプーは、
皮膚トラブルの少ない
屋内犬で月に1~2回、

屋外外の犬はひどく汚れた
時だけで良いでしょう。

なお蚤取りシャンプーの効果は
そのときだけなので、

別途ノミ駆除外用薬を使ってください。

勘違いしている人もいるのですが、

蚤取りシャンプーと言うのは
ついたノミを落とすものです。

シャンプー後にノミがつかなくなる
訳ではないのです。

犬の洗い方、シャンプーを適切にやろう

とにかく犬の洗い方として

清潔にする事は良い事ですが、
耳の中には注意が必要です。

シャンプーの後も

耳の中をチェックしてあげて、
耳掃除をするのも大切です。

また一般的に洋犬は
日本の高温多湿に負けやすく

本国よりも皮膚疾患が多く
発生したりします。

そして耳の弱い犬は

耳のトラブルが夏に多く発生し、
放っておけば慢性化し、

治療に時間がかかる
ことにもなるのです。

犬を清潔にするために
シャンプーをしてあげる事は大切ですが、

注意してほしいのは
それはあくまでも人間の勝手である事、

犬の立場に立って、
優しく洗ってあげるよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>