犬が体をかきむしる、皮膚の炎症、アレルギー性皮膚炎の対策法


犬の健康を守る方法は
たくさんありますから、

今後このテーマでも
詳しく紹介するつもりです。

そして多くの飼い主さんが
悩んでしまう問題が、

犬の皮膚の症状なのです。

見た目もかわいそうですし、
毛が抜けたりと管理も大変です。

犬はいったん、
かゆみを覚えると、

我慢できずに脱毛したり、
出血するまでかきむしります。

足の届かない尾や尾根部は、

口で噛むようにして
かゆみを少しでも和らげようと
かきむしることもありますので、

結局脱毛させてしまいます。

こうしたかゆみがあるときは、

フケが目立ったり、
全身の皮膚が赤くなったり、

湿疹やかさぶたができる
事があります。

かゆみがある場合は、

まずかゆがっている毛や
皮膚を良く見てみましょう。

その症状によって、
原因は違ってきますし、

治療の仕方も異なります。

ノミのアレルギーがある犬は
たった一匹のノミが

吸血しただけでも、
全身の発赤や強いかゆみと言った
症状を示す事があるのです。

スポンサーリンク

犬のアレルギー性皮膚炎の対策法

ただ、最近の都会の環境では、

ノミなど虫の問題は減ってきています。

ここで、

アレルギーと言う言葉は
ほとんどに人がご存知のはずで、

人間も、毎年春先になれば
「花粉症アレルギー」に悩まされたり、

犬アレルギーに悩んでいたり、

何らかのトラブルを抱える人も
いるかもしれませんが、

これは犬にとっても同じです。

アレルギーというものは
簡単に言えば、

何らかのトラブルによって
身体の免疫システムが自分の身体を
攻撃してしまっている状態

を指します。

またアレルギーを引き起こす原因を
「アレルゲン」と呼ぶのですが、

人間の世界でもずいぶんと
アレルギーは問題になっていますが、

研究が重ねられているものの、
きれいさっぱり治す事はまだできていません。

ただし、

自然の脅威だけではなく、
人工物の影響も増えてきているのです。

花粉症はアスファルトに
落ちるからひどくなるといいます。

添加物や化学物質が症状を
悪化させるとも言います。

これは犬にとっても同様です。

犬の皮膚の炎症はアレルギー?

かゆみのある所の皮膚が
赤くなっていたり、

脱毛してじゅくじゅく
していたらそれは皮膚炎でしょう。

犬にアレルギーかどうかは
専門家でなければ分からないですが、

やはり日頃から
飼い主さんがチェックする
というのは大切です。

楽しく健康に仲良く
犬と共に暮らす環境を作るのが
飼い主さんの仕事なのです。

いわゆるカビの仲間に
よって起こる真菌性皮膚炎は

病院で治療しないと治りません。

極端に犬が身体を
かきむしる場合は、

早めの対策が必要です。

アレルギーは、皮膚、消化器、
呼吸器などに炎症を起こしますが、

アレルギーが引き起こす問題の中で、
犬にとって問題なのが

「アレルギー性皮膚炎」です。

アレルギーの要因は
足し算で積み上がります。

たった1つの原因だけで、
発生する事はあまりありません。

ですから、飼い主の努力で
アレルギーの原因を見つけ出し、

排除していくうちに、
徐々に炎症が軽減していくものです。

最近では、血液検査での
アレルゲン特定も進歩していますが、

コストがかかり信頼性も
今ひとつと言います。

ぜひ獣医さんと相談の上
血液検査をやるか決めてほしいのですが、

予防できるのに越したことはありません。

犬のアレルギー対策と原因

犬のアレルギーの原因は、
大きく分けて

「周囲環境」「遺伝」「食生活」

の三つに分けられます。

周囲環境はさらに、

「空気浮遊物」「身体に触れるもの」
「精神的ストレス源」

の三つに分かれます。

ではこれらの原因に対し
飼い主はどのように対処すれば
良いのでしょうか?

基本的な対処法は、

「怪しいものを徹底排除して
接する素材の種類を減らす。

やむを得ず接触したらなるべく洗い流す」

ということになります。

清潔に保つことが大事です。

ノミやマダニなど
虫が原因であれば、

首輪タイプや液体の薬で
除去もできますが、

他にも色々と原因が
存在するのです。

それでは次回からもう少し詳しく
犬のアレルギー性皮膚炎の原因となる、

周囲環境の中でも、

「空気浮遊物」「身体丹生触れるもの」
そして「遺伝」について

詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>