犬の異物誤飲の処置と予防法、犬の吐く仕草と物を吐かせる方法

犬の異物誤飲の処置と予防法、犬の吐く仕草と物を吐かせる方法
今回のテーマは、

犬の異物誤飲の処置と予防法、
犬の吐く仕草と物を吐かせる方法

について紹介します。

前回紹介した
異物誤飲ですが、

今回はその処置と
予防法について解説します。

犬の「異物誤飲」は

症状の程度や進行が非常に
ばらついていて、

油断ができないトラブルです。

飼い主が犬の誤飲の瞬間を
見ていないことが多く、

嘔吐が続いて「これはおかしい」
と検査をし、

初めて判明する場合も
多々あります。

スポンサーリンク

犬の異物誤飲の処置と予防法

自分の飼っている犬が

何かを誤飲した、
あるいは誤飲したかもしれない、

という場合の処置はまずは何よりも
一国も早く獣医に見てもらう、

あるいは電話をして
判断を仰ぐべきでしょう。

犬に物を吐かせる
方法もありますが、

中途半端に自分で処置を
してしまおうと考えない方が良いです。

特に、トイレ用などに見られる

強酸性の洗剤や、カビ取り剤
などに見られる強アルカリ洗剤、
シンナーのような有機溶媒などは、

吐かせると気道に入ってしまい、
かえって被害を拡大することもあります。

むやみに自分で判断しない方が良いです。

また物理的な異物ボールやおもちゃなどを
飲み込んでしまった場合は、

異物誤飲でも小さなものであれば
自然に腸を流れていって、

飼い主も気がつかないうちに
自然に解決することもあります。

しかし胃や腸に引っかかれば大変です。

内視鏡か開腹手術で
処置するしかありません。

症状が激烈であれば
早期に精密検査をして発見できますが、

断続的にぽつぽつと
吐いている大型犬など、

しばらく薬で胃炎の治療をしたあげく、
結局精密検査して異物が見つかることもあります。

犬が犬の吐く仕草を見せる場合も
早急に病院で検査です。

犬の吐く仕草と物を吐かせる方法

その一方で、昨日はちょっと
嘔吐があった他はぴんぴんしていた犬が、

今日になってぐったりして
担ぎ込まれることもあるそうです。

重度の例では、胃を突き破り
肝臓に刺さったり、

腸に詰まったりしてその部位が
壊死することもあります。

ひも状の異物は、糸のこのように
腸の壁をこすって穴をあけることがあります。

こうなってくると、死亡率も
ぐっと高くなってきます。

そして発見と原因の特定が
遅れるほどに、

危険はさらに増していきます。

なお、明らかに命に関わるものを
大量に飲んでいて、

一刻を争うときは、

獣医の指示で、先に家で
催吐(吐かせること)してから
来院してもらうこともあるようです。

この催吐薬として使われるのが

食塩、オキシドール、または
専用の医薬品などが挙げられます。

家庭で個人で安易な使用は危険なので、
必ず獣医の指示に従ってください。

犬の異物誤飲とストレスの予防法

また異物誤飲の対策と予防はシンプルです。

誤飲しそうな異物をとにかく
犬の手の届く所におかないことです。

異物誤飲をする犬は、
繰り返してしまうことも多く、

一回だけで済む犬はほとんどいません。

何度となく胃を切ってしまう犬もいるようです。

飼い主は「異物を食べられないようきをつけましょう」
と考えているだけでは、

必ずミスを犯します。

犬が誤飲しそうな
小さなものはすべて引き出しの中か、

絶対に犬が届かない高さの
所におくようにしましょう。

また、ゴミ箱は全力で犬に
体当たりされても蓋の開かないような
ものを使うようにしましょう。

こういった先回りをして異物誤飲の
候補を減らしていくことしか
予防の方法はありません。

また思いがけない意外なものが
犬の誤飲の対象となるので、

以下に記しておきます。

・生米、
・サラダオイル
・飼い主の匂いのついた下着
・化粧用パフ
・干し杏
・カセットテープの中身
・縫い針

そして、異物を食べるのは、

犬が飼い主さんに構って
欲しくてする行動である場合があります。

或は何か遊ぶ物を
探しているケースもあります。

だからこそ、普段から
密接なコミュニケーションをとることが、

予防としても対策としても、
重要になってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>