人間の薬など何でも口に入れる犬の異物誤飲は危険、要注意


さて、前回紹介したように、

犬を飼うためには屋内か屋外か
と言う選択があるわけですが、

現代の都会のたいていの場合は、
屋内となる事でしょう。

そこで犬を迎え入れる環境作り
で要注意なポイントがあります。

犬を飼うときは非常に多くて
危険な異物誤飲に要注意です。

犬はなんでも落ちてるものを
加えて食べてしまいます。

そこで万が一、

食べては行けないものを
食べてしまったら、、

その対応策について解説します。

異物誤飲というのは、犬が
ボールペンのキャップなどの
消化できない物体の他、

広い意味では人間の食べ物や薬など

本来口にすべきでないものを
間違って食べてしまうことをさします。

スポンサーリンク

人間の薬は犬のには危険、要注意

消化できる食べ物であれば、
一時的にお腹を壊すくらいで済みますが、

人間には無害でも犬には有害な
食品が多々あります。

ネギ類が犬にとって有害である
ことなどは有名ですが、

他にもたくさん異物誤飲の危機がある
ものがあることに驚くことと思います。

犬を飼うことにまだ慣れて
いない段階では思いがけない
落とし穴があるのです。

まず異物誤飲の危険があるものとして

人間用の薬が挙げられます。

成分的には問題がなくても、
その量が問題となります。

体重6kgの犬が、通常体重60kgの
人間を想定して作られた薬を

誤って食べてしまえば、

それだけで10倍の容量です。

ほとんどの薬は、有益な作用とそうではない
余分な作用(副作用)を併せ持っています。

製薬会社や医師は有益な
作用が働き、

余分な作用があまり働かないよう、
量をうまく加減して処方していますが、

犬のような人間より身体が
小さな動物が食べてしまえば

当然余分な作用が大きな問題になります。

薬は、飼い主が飲もうと思って
ちょっと机の上においておいた隙を
狙って、犬にヒョイと食べられることがあります。

特に異物誤飲を注意しなくてはいけないものです。

何でも口に入れる犬の異物誤飲

また観葉植物も危険です。

猛毒ではなくても、
しばらくお腹を壊して通院する
はめになる犬は意外と多いのです。

中にはスズランのように
致死的な神経毒物を持つもの
があります。

犬が異物誤飲して危険な
有毒植物を個別に覚えるのは
難しいのですが、

とくに球根を持つ植物は
全部駄目だと考えた方が良いでしょう。

すべての植物は、
高い所につり下げたり、

棚の上におくなど誤飲防止
対策をとりましょう。

特に子犬のときには、

歯の生え変わりに口の中が
くすぐったくなり、

色々なものを噛み、
食べてしまいます。

そう出なくても犬は
何でもくわえこむ習性があります。

特に以下のように、
小さいものや飲み込みやすいもの、

壊れやすいものなど
食べてしまう恐れがあるので、

注意が必要です。

よくある異物誤飲の例

・ネギ
・薬
・観葉植物
・タバコ
・ゴキブリ用毒団子
・おかし
・フライドチキンの骨
・おもちゃの破片
・小物

犬の異物誤飲は危険、要注意

ペットを飼い始めると、

必要なアイテムやおもちゃを
買いそろえるのも、

楽しみの一つです。

でもそうしたおもちゃを
選ぶ際にも気をつけたいのが、

その大きさなのです。

子犬のときにちょうど
良い大きさだったおもちゃも、

あっという間に成長して
大きくなる犬にとって、

小さすぎるおもちゃとなり
危険な状態になるのです。

家中を見回して犬にとって危険な
ものはないかじっくり見回しましょう。

これは習慣化するべきです。

犬を飼う前は家の中を
放りっぱなしで外に出かけても
問題なかったわけですが、

留守中に犬が何をしているか分かりません。

飼い主が飲み込んだ事に気づかず、

そのまま放置しておくと
命を落とす事もあります。

すぐに気づいて
病院に連れて行けば、

吐き出させる処置で
済む事もありますが、

どちらかと言えば
お腹を切り開いて取り出す
ケースの方が多いです。

これはリスクの高い行為です。

特に人間の薬には要注意です。

食べてしまったことに気がつかず、
犬が体調を壊してから問題に
なるケースもあるのです。

このような目に愛犬を
あわせないよう、

何でも口に入れる犬の異物誤飲
には気をつけましょう。

飼い主の目が届かない場所
は危険、要注意です。

次回、さらにこの対策
について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>