老犬に理想の散歩の方法とは?足腰の弱る高齢犬の運動方法


今回のテーマは、

老犬に理想の散歩の方法とは?
足腰の弱る高齢犬の運動方法

について紹介します。

散歩を日課として続ける事は、

人間にとっても
犬にとっても、

心肺機能や消化機能、
血液循環が高まるなど、

健康を維持していく為の
大きな効果が期待できます。

最近ちょっと足腰が弱ってきた、、

高齢期を迎えた老犬の散歩は
どんな方法が理想なのでしょうか?

・無理をさせないために散歩の回数を減らす、、

・疲れやすくなるだろうから
他の犬との接触はできるだけ避ける

など考える人が多いと思いますが、

老犬に求められる散歩術は
この二つを実行「しない」ことなのです。

スポンサーリンク

老犬に理想の散歩の方法とは?

犬は本来遊び好きなので、
散歩がしたくてうずうずしています。

年をとっても、いや、年を取ったからこそ
犬にな気分転換が必要です。

散歩をしなくなれば、
老化はどんどん進んでしまいます。

老犬には体力作りのための散歩ではなく、
身体を守るための散歩が必要です。

犬も高齢になれば、
必要運動量は若い頃より減ります。

活動的なスポーツドッグでも、

フリスビーを追うような激しい
運動を続けると、

身体に支障が出ます。

筋肉や靭帯のトラブル、
ひどいケースでは骨折を
招くこともあるのです。

どんな犬であっても
体力や健康状態の変化を見ながら、

散歩や運動のスタイルを
変えていかなければいけません。

高齢犬の外での運動、散歩のメリット

犬にとって外の空気に
触れる事で

脳の刺激を受けるのですから、

認知症の予防にも効果的です。

風や土の匂い、
目に飛び込む景色、
他の犬との出会いは

気分転換になりますし、

さらに身体を動かすこと自体が
ストレス解消となります。

また、太陽の光を浴びる事は、

体内時計を正常に戻し、
昼活動をして夜寝ると言う
生活リズムを守る事に繋がります。

足腰の弱る高齢犬にとって
これらのルーティーンは大事です。

こうした運動、散歩によって、

夜鳴きなどの問題行動の
軽減も期待されます。

しかし、活動的な
若い事と同じような

距離、コースを歩くのは
老犬にとって負担になります。

老犬の散歩はメリットが
多いものの、

いくつか注意しなければならない
というのが注意点として挙げられます。

足腰の弱る高齢犬の運動方法

老犬の散歩の鉄則として、

まず散歩のコースを見直しましょう。

高齢になったからといっても、

犬が元気であれば、
あまり神経質にならなくても大丈夫です。

ただし、すべての高齢犬に当てはまる
鉄則が一つあります。

それは段差を避けること

です。

階段だけでなく、急な坂道のある
コースを散歩に取り入れないようにし、

なるべく平坦な道を歩くように心がけましょう。

さらに以下のことも気をつけてください。

・できるだけ犬の集まる所による
・歩行の間に少し休息を入れる

また高齢犬との散歩において
飼い主が心がけたいのは、

・義務感を持たないこと、
・無理をしないこと、
・愛する犬とのんびりと時間を過ごす
ことを心がけることです。

散歩の時間は飼い主のライフスタイルに
応じて決めればオッケーです。

毎日同じ時間でなくても大丈夫です。

ただ参考のために理想的な時間帯を
紹介すると、

夏→涼しい朝や夕方
冬→暖かくなる午後
下校時間を避ける
雨や風の強い日は無理をせず休む

という時間を参考にしてください。

また夏場は携帯用の水筒を用意して、
水分補給を忘れずに、

老犬の足腰が弱ってきたら、
身体の負担を軽くするためにも、

歩行補助用のハーネスを使うのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>