犬の尻尾を上げる下げる時の意味、フェロモンと情報交換の関係

犬の尻尾を上げる下げる時の意味、フェロモンと情報交換の関係
今回のテーマは、

犬の尻尾を上げる下げる時の意味、
フェロモンと情報交換の関係

について紹介します。

犬にとってフェロモンと
尻尾は非常に関係深いのです。

自信のある犬は何故
尻尾を高く上げるのでしょうか。

まず外見的に目立たせる
という点があります。

高くたった尻尾は遠くからでも
その犬に自信をうかがわせます。

さらに尻尾の上げ下げによって
匂いの情報をコントロールすることができます。

尻尾を高く上げれば
肛門腺の匂いをまき散らすことができますし、

肛門腺は、犬の
フェロモンの最大の貯蔵庫であり、

発生器なのです。

スポンサーリンク

犬にとってのフェロモンの役目

フェロモンと言うのは、
たいていは同じ種の動物同士が、

自分以外の個体へ情報を
伝えるために分泌する方向性の
化学物質であると定義されています。

以前は発情したメスが
オスを惹き付けて交尾するために分泌する
ものだと考えられており、

今でも多くの人が
こうしたイメージをもっているでしょう。

現在では、フェロモンには
他にも多くの情報を伝達させる
ものだと言う事が分かっています。

特に昆虫の世界では
群れ同士の意思疎通に欠かせないもの
と言う事が分かっています。

人間を含む霊長類では
フェロモンの効果は虫たちほど強力ではなく、

無意識レベルで作用する事が多く
たいていの場合は気づかないものです。

フェロモンは特殊な汗腺で
「アポクリン腺」と呼ばれる
場所から分泌されるのですが、

人間の場合、アポクリン腺は
身体の特定の部分にしか無く、

脇のしたや股間に最も集中していますが、

犬や多くの動物では
アポクリン腺が体全体に分布しています。

だから動物の身体は
人間より臭が強いのです。

犬はフェロモンで情報交換する

フェロモンは

犬の年齢、性別、健康、
さらに気持ちの状態まで伝え、

メスが発情期にあるか、
妊娠中か、細菌出産したかなど
生殖に関する情報も含むと言います。

またフェロモンは犬の気分だけでなく、

社会的地位や自信、
性的状態についての情報を伝えます。

匂いの発生の仕組みの一部には
スカンクの香腺と共通する所がある
とも言われています。

つまり、尻尾を上げるのは
犬が「個人情報」を公開することに、

尻尾を下げて足の間に挟むのは、
自分の情報を隠すことになるのです。

人間世界で言えば
ブログを発信しているようなもので、

ただし犬の世界では
匿名は存在しません。

自分に自信のない犬は
一歩を上げるわけにはいかないのです。

つまり、犬がしっぽを上げ下げする
主な目的と言うのは、

「匂い」による個人情報の
コントロールにあると言う事です。

フェロモン以外に尿でも情報を伝える犬

フェロモンの匂いの他に
犬は尿でも様々な事を伝えます。

犬の尿にはフェロモンの
化学物質が溶け込んでいるため

個体に関する情報が豊かに
含まれているのです。

そこで犬は人が新聞を読むように

電信柱や樹木についた
尿の匂いを嗅いで、

他の犬たちに関する
最新情報を手に入れるのです。

犬が脚を上げて、
時に垂直に立ってでも
ものに放尿しようとするのは、

地面より高い場所に匂いをつけると
匂いが遠くまで運ばれるからであり、

しかも高い場所に匂いを付ければ

自分の身体の大きさを
他の犬たちに伝える事が出来ます。

犬にとって身体の大きさは
支配力の大きな決め手であり、

支配する事は特に
オスにとって重要なので、

オスは片脚を上げて
高い場所に尿をかける習慣を
みにつけたのです。

高いところに付けるほど
他の犬にその上から尿をかけられ
メッセージを消される確率も少なくなります。

犬の尻尾の役割

さらにつけ加えると、
犬に尻尾は重要な役目があります。

最近では下火になってきたものの、

特定の犬種を
スタイリッシュに見せるために、

「断尾(だんび)」を施す
伝統も一部で残っています。

断尾された犬は、
他の犬と出会ったときにケンカになる
確立が高いという報告があります。

この原因は、尻尾が
わずかしかないので

尻尾のサインが出せず、

情報交換がうまくできない、

個人情報が管理ができない
からだと言われています。

一般的に犬の尻尾の動きは、
喜びの度合いが大きいほど
揺れ幅も大きくなります。

また犬の尻尾は甘えの
サインとしても使われます。

尻尾を下げた状態で
くねらすように振って、

飼い主に近づく事もあります。

また美味しい食事の後には
尻尾を振って感謝を表す事もあります。

犬の尻尾を上げる下げるという
一つの行為にも色々と
意味があるのです。

こうした事を理解すれば
犬とのコミュニケーションも
楽しくなってきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>