犬は耳の傾き方で気持ちを表現、垂れ耳と立ち耳の犬の特徴


今回のテーマは、

犬は耳の傾き方で気持ちを表現、
垂れ耳と立ち耳の犬の特徴

について紹介します。

犬の耳は、同じ哺乳類の
人間とほぼ同じような
構造をしています。

ただ人間と違って、

私たちが普段「耳」と呼んでいる
耳介の部分は、

個々の犬によって実に様々な
形をしています。

犬の耳は大きく分けて
立ち耳と垂れ耳に分かれます。

そして耳は表情を変えます。

犬の耳は聞く為の
音を集める機能だけでなく

感情を表す働きがあるのです。

犬は気持ちが変わると、
顔の表情だけでなく、

身体の姿勢、足の位置、
尻尾の動き、歩き方まで変化させます。

スポンサーリンク

犬は耳の傾き方で気持ちを表現する

これから犬のボディーランゲージ
について解説していきますが、

身体の動きの前に、
まず耳と口の表情について
見て行くことにしましょう。

今回は耳に注目です。

犬のボディランゲージを読み取る場合、

耳の傾け方はかなり重要です。

人間の耳には表情は
ほとんどありませんが、

犬たちは耳を使って
意志を伝えるのです。

ところが家庭犬の中には
垂れ耳の犬が多く、

立ち耳の犬よりも
耳の動きが読み取りずらい

という問題があります。

立ち耳は、その形の変化を
遠くからでもはっきりと
確認することができ、

送られているサインは
分かりやすいものです。

しかし垂れ耳の場合は、

その動きから犬の気持ちや意志を
読み取るのはほとんど不可能、、

と言う感じです。

と言うものの、垂れ耳でも
わずかながら傾いたりします。

垂れ耳の犬についても、
微妙な変化を見極めつつ、

身体全体の動きをより
注意深く観察する必要があります。

多くの犬が垂れ耳である理由

例えば、

犬が何かに注目する時、
或は警戒している時、

耳を前方に向けて
ピンと立てます。

前にいる相手より
下の立場にいるときや、

何かに怯えているときは、
耳を後ろに伏せます。

これらの動作は、

たった耳を指定類にだけが
できる特徴です。

ところで、オオカミ、ジャッカル、
キツネなど野生のイヌ族は、

子供の時はみな垂れ耳です。

でも大人になるとみな耳が立ちます。

それなのに、どうして
家庭犬の多くは大人になっても
耳がたれているのでしょうが、

その理由は、飼い主、つまり
人間が垂れ耳の犬に魅力感じるからです。

だから垂れ耳になる
ように交配してきました。

例えば、

アフガン・ハウンドの垂れ耳は
貴婦人の長い髪の毛を連想させます。

垂れ耳にビーグルの顔を見ると
何時までも子犬のように見え
とてもかわいらしく見えます。

垂れ耳と立ち耳の犬の特徴

ここで犬も耳の動きから
表情を読み取る原理が紹介できます。

平常心で穏やかな犬の耳は

立ち耳の場合は
普通にたっていますし、

垂れ耳の場合は
普通に垂れています。

自信がある時や誇示したい時、
また攻撃的な威嚇をする際

立ち耳の犬は
垂直に跳ね上がるように立ちます。

垂れ耳の犬は
水平にやや上がります。

さらに緊張しているときは、

立ち耳の犬は下に傾けます。

垂れ耳の犬も
わずかに斜め後方に傾けます。

ちなみに動物行動学者の
コンラート・ローレンツは、

身体の末端が尖っていると
可愛さの度合いが減ると述べました。

耳が尖っていると
強そうに見えるのです。

耳が立っていれば強そうで、
耳が垂れていると柔和な顔つきで
可愛らしく見えるとの事、

あなたはどう感じますか?

いずれにしても、

人間の耳は筋肉が少なく
退化して動かなくなりましたが、

犬の耳は感情に合わせて
様々な動きを見せます。

このように犬は耳で様々な
表情をアピールしますので

しっかり観察してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>