犬が目をじっと見る、凝視する、犬を睨みつける時の意味は?

stir
今回のテーマは、

犬が目をじっと見る、凝視する、
犬を睨みつける時の意味は?

について紹介します。

犬たちにとって「凝視」は
特別な意味を持ちます。

放し飼いの状態の犬たちを
観察して見ると、

こんな光景をよく見ます。

出会いがしらに、片方の犬が
相手の目をまっすぐ凝視する、

するともう一方の犬も
同じように応戦する

犬同士で睨み合う、

人間の世界でも「目を付けられた」
という言葉がありますが、

犬同士でも相手を睨むのは
穏やかな仕草ではありません。

出会いがしらの凝視には

「何か文句でもあるのか?」
「それ以上私に近づくな」

という威嚇のサインという
意味があるようです。

このようなにらみ合いは、
一般の家庭犬の散歩の途中でもあります。

他の犬に出会ったとき、
睨み合ってケンカになりそうでも、

まず「おすわり」をする
という習慣がついていれば、

普通ケンカをする事はありません。

スポンサーリンク

人が犬を睨みつける時の気持ちは?

犬たちは、人間の凝視されても
威嚇や攻撃のサインとして
受け取ることがあります。

普段接していない犬の目を
覗き込む事はおススメできません。

散歩している友達の犬に
いきなり触ろうとしたり、

じっと目を睨むと、
犬は怯えたりする事もあり、

飼い主に見られることに
慣れている家庭犬でも、

知らない人に見つめられると
攻撃的な行動に出ることがあるからです。

人への社会化ができている犬は

目を合わされてもそれが
友好的で怖くない場合がある
という事をしっかり理解します。

犬も視線を返して、

人が次に何をするかを
じっと見ていたりします。

だから知らない人の出会いも
楽々と受けてもてしますが、

やはり、ズケズケと
犬の方へ人が身を乗り出せば、

たいていの犬は怖がります。

少し遊んだりして慣れてくると、
恐れなくなります。

それでもあまり長く見ると
犬は不安を感じるでしょう。

犬の人を凝視する作戦の意図は?

一方犬は人間をじっと凝視することで、
自分にって都合のいい状況を
作りだそうとすることがあります。

例えば、人が集まって
何か食べているときに、

その近くにちょこんと座った犬が
黙ってその様子を見つめる、

鳴き声を上げる犬もいますが、
ただじっと凝視を続ける犬もいます。

見つめられると困る…

と食事を与えてしまう犬もいますが、

これは食べ物を手に入れるための
犬の「凝視のおねだり」という作戦です。

それ以外の意図はないので
くれぐれも術中にはまらないよう注意です。

犬が目をじっと見るトレーニング

また、逆転の発想で、

犬が人の凝視を威嚇のサインとして
受け取ってしまうのであれば、

凝視を避けるのではなく
凝視に慣らすようにするトレーニングを
すると良いでしょう。

人に見つめられる事を恐れない
犬にするのは、以下のステップを繰り返します。

ステップ1.

犬と目を合わす

ステップ2.

犬が冷静で入れたら褒める

このトレーニングは最初は短時間にして
凝視の時間を徐々に長くします。

次第に犬は人に目を見られても、
気にしないようになります。

私がよくやるのは、
犬の顔に自分のかをを近づけて
まっすぐ目を見ながら、

犬に語りかけています。

犬に話しかけた後は
犬に頬ずりをしてかわいがれば、

犬も楽しそうな顔で答えてくれます。

これは犬が凝視をするのに
慣れる意味でも重要です。

ただ基本的に、犬は主に
鼻と口を使い世界を知覚するのに対し、

人は主に目と手を使います。

こうした違いを理解して、

じっと犬を睨みつけるのではなく、

目と手による接触を少なくするほど
犬とは早く仲良くなれることも
覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>