犬は目で感情を表す、白目や瞳の動きを使うコミュニケーション


今回のテーマは、

犬は目で感情を表す、白目や瞳の
動きを使うコミュニケーション

について紹介します。

犬にとって目は感情そのものです。

人間にも「目は口ほどに物を言う」
ということわざがありますが、

気持ちは目に現れるのです。

目には表情があるのです。

人間の場合、相手がどこのだれを
見ているのかすぐ分かります。

人間には白目があるので
視線を読み取りやすいのです。

白目は深いコミュニケーションを
取るための格好の武器となっているのです。

しかし犬の白目はわずかです。

白目が少ないと、短い時間の中で
意志を読み取るのが難しくなります。

犬の白目や瞳の動きを使うコミュニケーション

しかし犬は、人間と違って
自分の感情に素直な生き物です。

犬は感情そのものだとさえ言えます。

だから犬は目を使って
自分の感情をストレートに表すのです。

瞳の動きの観察を繰り返すうちに、
犬の気持ちが次第に読み取れるようになります。

瞳の大きさに注目して下さい。

・瞳孔が小さく収れんする時

くつろぎ、退屈、眠気、

・瞳孔が大きく開く時

興味、驚き、興奮、

・瞳孔が一旦収縮してから大きく開く

怒り

…など

瞳の大きさは犬の感情の
「強弱」を知る手掛かりになります。

それがプラス感情か
マイナス感情かについては

注意深い観察が必要になります。

つまり目だけではなく、

身体全体の動きを合わせて
判断することが大切なのです。

犬は目で感情を表す

犬の目の動きで一番
理解しやすいのは

恐怖の感情でしょう。

逃げるか戦うかを判断する為に、

相手に釘付けになり
じっと見つめます。

そしてより多くの情報を
集めようと目を大きく見開くので、

白目が多くなるのです。

また犬が目の瞬きを繰り返すのは、
自分に敵意がないことを示す
サインだと言われています。

放し飼いの群れの中では
まばら気を頻繁に繰り返すのは、

気の弱く温厚な犬に
限られたしぐさでした。

犬は人間ほど瞬きをしないのです。

そんな目で感情を表す犬ですが、

コンパニオンドッグの中には、
大きな目と大きな瞳を持つことで
愛嬌が強調されるように作りだされた犬種がいます。

シーズやキャバリア・キング・チャールズ、
スパニエルはその典型です。

犬の視点で考えてみると

よく、犬を顔の上から
触ろうとすると、

怖がったり噛んだりする。

という事が言われますが、

これを犬の視点から見ると
よく分かると思います。

自分の顔の大きさほどある
大きな人間の手が、

自分の顔に近づいてくる
のはかなり怖いものです。

上から犬の頭を撫でる人もいますが、

これは犬にとっては、

目や耳が塞がれたり、
敏感な鼻孔部のヒゲや
顔のヒゲに触ったりして、

感覚器官を妨害している
という事にもなります。

そうやって一時的にでも
感覚を断たれて

周囲の様子が分からなくなると
犬は不安になるのも
分かると思いませんか?

頭を軽く叩くのも
視野が揺れるので怖いはずです。

犬は目で感情を表す、白目や
瞳の動きを使うコミュニケーション
を理解してあげる前提として、

犬からの視点を理解してあげると
犬への理解は深まるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>