犬に厳しくしつける事、叱る、罰を与えるしつけをする上の前提

犬に厳しくしつける事、叱る、罰を与えるしつけをする上の前提
今回のテーマは、

犬に厳しくしつける事、叱る、
罰を与えるしつけをする上の前提

について紹介します。

人間の教育においても、

これと言った正解がある訳ではなく

それぞれの家庭でそれぞれの
教育哲学があるでしょう。

「のびのび自由にやる
ゆとり教育が最高」

とか

「厳しい環境で鍛錬する
スパルタ教育が必要なんだ!」

もちろん何が正しくて
何が間違っているというのは
一概には言えません。

それぞれメリットも
デメリットもあることでしょう。

ここで犬に対しても、

厳しいしつけ、罰を与えるしつけで
理解しておくべき事があります。

スポンサーリンク

犬に厳しくしつける上の前提

このサイトでは基本、

犬を褒めましょうと、
これまで強調してきました。

褒めて伸ばすタイプの
しつけを紹介してきました、

しかし罰を与えて自分の指示に
従わせることも必要かも、、

と考える人もいるかも知れません。

確かに一理ある考えです。

個々で少し考えてみましょう。

もし頻繁に犬を罰して、
「しつけ」をした場合、

どういうことが起こるのかを考えましょう。

罰によって犬の行動を

修正しようと思えば、
間違えた瞬間に常に犬を叱る
必要があります。

その場でキツく叱るのは
効果があると思います。

しかし、これはタイミングが重要です。

例えば

「家の中のものをかじってはいけない」

と理解させるためには、

かじるたびに犬をいつも
みはっている必要があります。

ところが飼い主は留守をします。

家にいても、別室で本を読む事もあります。

その時には当然、犬を
放っておくことにもなります。

飼い主が罰を与え続けても、
実は思ったほどには効果が上がらないのです。

犬に厳しくしつける事の弊害

上記のようなケースで叱られ続ける
犬の頭の中には、

こんな構図ができ上がります。

飼い主がいるときのものをかじる=叱られる

飼い主=罰を与える

そして犬には

「飼い主が大切にしている
ものをかじってはいけない、
いけない事をしたら叱られる、」

という肝心なことを
恐らく気づかないまま、

叱られ続けることになります。

こうなると犬と飼い主の
関係は壊れてしまいます。

これでは犬と飼い主の信頼関係は
到底生まれません。

また叱り方が厳しすぎると、
犬は飼い主の前で委縮するようになります。

犬は物を咬んだり、かじることに
極端に用心深くなり、

「咬むおもちゃ」でさえも、
噛もうとしなくなります。

その結果、犬は飼い主のいない所で
噛む欲求を爆発させてしまうのです。

つまり、飼い主は無意識のうちに、
自らの手で犬の問題行動を
作りだすことになるのです。

愛を持って叱る、罰を与えることの効果

つまり、遅れた時間による罰は
問題行動を作り出すのです、

時間が経過してからの罰は
効果がないだけではなく、

犬にとって極めて大きな
プレッシャーになります。

「あのときこうだったから、
私は怒っている」と言っても

犬には何の事だかわからないのです。

「突然起こられる」という感覚は、
犬の心理を不安定にし、

新たな問題行動を生みだす可能性を高めます。

遅れた体罰は最悪の動物虐待の一つです。

辞めた方がいいでしょう。

もし叱るなら「その瞬間に」
を厳守することです。

「だめ」「やめなさい」と
きっぱり短い言葉を発します。

愛を持って厳しい態度で
叱ったり、罰を与えるのも、

タイミングが合えば効果的です。

また罰がすべていけないと言わけでなく、

罰には「犬のしたいことを制限する」
「犬の好きなものを取り上げる」

という「与えない罰」もあります。

例えば、おもちゃを取り上げられたら、
犬は取り返すために飼い主の指示に
従おうとすることがあります。

これは「自分にとって有利か不利か」の
状況判断に優れた動物である
犬の特性を理よすいた対処法なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>