犬の五感を使って訴えてくるコミュニケーションの取り方を知る

犬の五感を使って訴えてくるコミュニケーションの取り方を知る
今回のテーマは、

犬の五感を使って訴えてくる
コミュニケーションの取り方を知る

について紹介します。

犬を愛する人、
犬を飼った事がある人であれば、

誰しもが犬とはある程度
意思が通じるという事を
知っているでしょう。

犬にも個性があり言葉があり、

何かを伝えようとしてきて、
こちらの伝える事を理解しようとします。

それが絆を生み、

愛犬と人間の素晴らしい
生活が営まれるのです。

そして犬の五感を知るほど、
コミュニケーションは深まります。

犬との適切なコミュニケーションの
取り方についてもっと考えていきましょう。

犬の視覚、嗅覚、触覚、味覚、聴覚

つまり五感は面白い特徴があります。

人間と似ている部分もありますが、

ほとんどが違っているのです。

スポンサーリンク

犬は五感を使って訴えてくる

犬と言葉で話せたら
どれだけ面白いだろうと…

誰もが妄想をした事が
あるのではないでしょうか?

しかし犬は人間のような
言葉を持っていません。

飼い主に不満があっても、
ここをこうして欲しいと口に出して言う
という事はできません。

「ちょっとお腹が痛いので、
今日は散歩を休みたい」

と訴える事もできません。

これは当たり前です。

ただ、飼い主は犬と暮らす以上、
この当たり前のことを決して
忘れてはいけません。

犬が幸せな飼い主の家族は
皆幸せな傾向があります。

犬は私たち人間を映す鏡でもあるのです。

なので私たちはいつも
五感を使った訴え、

犬たちの言葉なき言葉に
耳を傾ける必要があります。

犬との五感コミュニケーションの取り方

ところが、

犬とコミュニケーションをとるのは、
簡単なことではありません。

犬とtのコミュニケーション
とは以下の三つです。

・犬が何かを感じているかを知る
・自分の気持ちを犬に伝える
・犬に喜んでもらう

イヌが何を言っているかは、
そのしぐさや目の表情、吠え声から
感じ取るしか方法はありません。

犬たちは、嗅覚、聴覚、視覚、触覚を通じて、

犬独自の方法で
コミュニケーションを取ろうとします。

飼い主は犬と暮らすことで、
実は人間同士ではありえないような、

コミュニケーション能力を
要求されているのです。

とはいうものの、
犬という動物はしぐさによって、

「自信」と「恐れ」
に代表されるような

至って分かりやすい感情表現
を見せることがあります。

飼い主がこの点について
適切な知識を持てば、

犬の気持ちをある程度、
推しはかる事はできます。

犬の気持ちは無視していいの?

時々古いタイプの
犬のしつけの本などを見ると、

犬の意思は無視をした
人間本意の

一方通行のコミュニケーションを
主体と舌教えを見かけますが、

私はこれは違うと思います。

意思の疎通を図るには
一方通行では行けません。

言葉が使えないからこそ、
努力して理解してあげる気持ちが
大切ではないでしょうか。

例えば、

無駄吠えしているときは
犬は愚痴を言いたいのかもしれません。

相手が人間であれば、
愚痴を聞いてやる事も、

その愚痴の裏側にある本音を
計る事も出来ます。

しかし犬は愚痴を言えないのです

飼い主の余裕のなさが
犬を神経質にする事もあります。

例えば少しくらい吠えても、
それは飼い主への愚痴だと思って
黙認してあげるなど、

素気にはそんな大らかなな
対応があってもいいですね。

また犬にはリラックスできる環境を
与えてあげる事も大切です。

リラックスはストレスを減らすことです。

安眠は犬にとっても健康の源です。

犬の寝床は人の出入り口の少ない場所に
設置してあげるなど、

安心して眠れる環境作りを心がけましょう。

五感を通じた犬たちの
サインを読み取るのは、
本当に楽しいものです。

これから、そんな犬語の基本
について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>