モテる男のセクシーな靴の恋愛への効果、選び方、手入れ方法


今回のテーマは、

モテる男のセクシーな靴の
恋愛への効果、選び方、手入れ方法

について紹介します。

モテる男になるための
ファッション戦略として、

頭の先から始まったシリーズも
ついに足元までやってきました。

恋愛で結果を出すために、
靴選びは本当に重要です。

前回の靴下のテーマでも
お伝えしたように、

「女性は靴に関してかなり考える時間がある」

この原則さえ分かっておけば、

女性があなたを靴で判断する
というのもそう驚く事ではありません。

なので男性である私たちもそのつもり
で準備しておかないといけません。

想像以上に女性は靴の事を考えていて
靴の良し悪しで相手を値踏みします。

日本は歴史上、靴文化はなく、

下駄や草履を履いていた
というのは周知の事実ですが、

恐らくこうしたことも
関係あるかもしれません。

靴にこだわりを持つ男性は
かなり少なく無頓着なことが多いです。

そういう意味で逆にいえば、

他の要素が多少なくても
質の良いお洒落な靴を使う事で
女性からの好感を得ることも可能です。

なので恐らく、多くの男性にとって
もっと多くの質の良い靴が必要でしょう。

モテる男のセクシーな靴の選び方

靴にお金をかけるのは
女性にモテる男になるために

最も安全で大きな成果が期待できる
ローリスクハイリターンの投資法と言えます。

ではどこで靴を選べば良いか?と言えば、

こだわりの靴屋やセレクトショップで
相談に乗ってもらう、

或はファッションが好きな友人と
一緒に選んでもらうのが良いのですが、

靴にはフォーマル度が高いもの
カジュアル度が高いものによって

デザインが変わる事は覚えておきましょう。

革靴は一般的に以下の順番で
フォーマル度が高まると言います。

Uチップ

モンクストラップ

ウィングチップ

プレーントゥ

ストレートチップ

スーツの足下は相手から見て
とても目立つものです。

ホテルマンと言うのは靴を見て
お客様の客室を判断すると言いますが、

実際にレストランでも、

スニーカーやサンダルでは
入店できないと言ったドレスコード
のある店が存在しますが

どんな靴を履いているかで

案内されるテーブルが
違ってくる事もあると言います。

女性の視点もそれくらい
シビアに考えれば、

靴選びはうまく行くでしょう。

女性に縁のなかったエンジニアの彼も、

汚れたスニーカーが数足、
型崩れしたよそ行き靴だけ、、

と言う状態が続いていたのですが、

そんな彼もモテる男になるための
努力を重ねて行くうちに、

新しい靴を揃える必要がある
事に気づいて言ったのです。

かれはオシャレな靴を
置いてある店をいくつも周り、

セクシーな靴を買いそろえて行きました。

そして見違えるほど、オシャレになり
女性とうまくいくようになっていったのです。

モテる男の靴の手入れ方法

また靴の選び方よりむしろ
こちらが大事かもしれません。

それは日々の手入れ、
メンテナンスです。

さらにエンジニアの彼は、

セクシーな靴に投資することに加えて
シューズキーパーも買ってもらいました。

シューズキーパーと言うのは木や
プラスティックでできた小物のことで、

脱いだ後、靴の中に
入れておくことで型崩れを防ぎ、

靴を長持ちさせる効果のある優れモノです。

このシューズキーパーがあれば

靴をお洒落なまま
長持ちさせることが出来ます。

靴と同様に投資しておくと良いでしょう。

それ以外にも、

靴を定期的に磨いてもらい
靴ひもも擦り切れてしまう前に取り替える

など細かな部分にも気をつけてもらうよう
手入れ方法をアドバイスしました。

モノのひとつひとつに
手入れの行き届いた丁寧に扱う姿は

女性の好印象を与えるでしょう。

以前のファッションに関する
アドバイスのように

「ヨレヨレの服は着ない」

と決めたのと同じように、

「ヨレヨレの靴」も女性の目には
魅了的に映らないということに
気づいてほしいということです。

セクシーな靴の恋愛への効果は高いです。

靴の選び方、手入れ方法
などぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>