味わって食べない犬の味蕾の特徴、犬はグルメか味覚音痴なのか?


今回のテーマは、

味わって食べない犬の味蕾の特徴、
犬はグルメか味覚音痴なのか?

について紹介します。

犬は味覚音痴だ、、

よくこんな風に言われますが、
果たしてこれは本当なのでしょうか?

実は人間が感じている
味覚と同じものを持っている
という事が分かっているのですが、

犬は前に紹介したように、

犬は匂いに対して
極めて鋭敏な為に、

味よりも先に食べ物などの
ほとんどを匂いで判別して
しまってしまう。

食べ物に混ぜて薬を
飲まそうとすると、

たちどころに識別し、
薬だけを残したりしますから、

大好物の肉やチーズなどに
上手く隠さないと
食べる事が難しい事は、

実感する人も多いでしょう。

スポンサーリンク

犬はグルメか味覚音痴なのか?

とはいえ、細胞学的に言えば、

犬の未来の幅は人間より狭いのは
間違いありません。

人間のようにレストランで
色々と味わいたいと言う欲求は
犬には少ないでしょう。

それより好きなものを
たくさん食べたいという事でしょう。

犬にも人間と同じように
「味蕾(みらい)」と呼ばれる細胞で
味を感じ取るのですが、

この味蕾は、人間の方が
はるかに発達していて、

細胞数を比較して見ると、
犬の味蕾は人間の5分の1
くらいしかありません。

人間の味蕾は

甘味、塩味、酸味、苦味の
4つの味を識別できます。

そすいて研究の結果、
犬もこれらの味に反応しますが、

塩味に関しては
鈍感だと言う事が分かっています。

塩分に対して敏感ではないということは、
肉食に適しているという裏付けにもなります。

というのも、肉には天然のナトリウムが
バランスよく含まれているからです。

味わって食べない犬の味蕾の特徴

少々熱くても
好きなものとなれば、

いわゆる猫舌であるにもかかわらず、

ぺろっと一飲みしてしまいます。

ステーキの残骸であっても、
もっと味わえばと思っていても、

味わってた食べないで
すぐに平らげます。

さらに、犬の味覚には
甘味、塩味、酸味、苦味の他に、

肉や脂肪に関連する化学物質に
反応する特別な味蕾が
備わっているそうです。

犬が肉や肉から抽出された
エキスを好むのも当然のはずです。

ちなみに味のない食べ物に
肉の匂いを付けても

犬の関心は続かないと言う報告があります。

犬は、いつも匂いを優先させて
接触している訳ではないのです。

さらに味蕾を言うのは10日くらいで
寿命を終え、

新しい細胞と入れ替わります。

人間と同じく、加齢とともに
細胞の再生能力が衰えるので、

老犬は次第に味覚音痴になっていくでしょう。

ドッグフードを犬は好きなのか?

味雷の数でグルメ度が分かります。

味雷の細胞数は

人は約9000個、
犬は約1700個、
猫は約470個、

と、犬はより味に
うるさいとも言えます。

犬の食事の5大要素は

匂い、味、歯触り、舌触り、栄養素

と言えるでしょう。

犬は普通、目の前に出されたものを
食べようとしますが、

匂いだけでなく、
味や歯触りなどを総合的に

判断して食べ物の
好みを決めているのです。

ドッグフードは

「犬のジャンクフード」と

言われますが、

良質なドッグフードはこの
5大要素を考慮して作られているもの
といえるでしょう。

手作り料理派の飼い主さんは

せっかく作った料理を
ゆっくり味わって食べて欲しい
気持ちもあるでしょうが、

味わって食べないのが
犬の特徴なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>