犬はタペタムによって夜に目が光る、写真で目が不気味に光る


今回のテーマは、

犬はタペタムによって夜に
目が光る、写真で目が不気味に光る

について紹介します。

犬の目が夜の不気味に光り
ドキッとすることがありますが、

これはタペタムと言うもののおかげです。

犬の目の網膜の後ろには
タペタムと呼ばれる反射鏡の働きを持つ
網膜があります。

車のヘッドライトや
カメラのフラッシュを犬の目に当てると、

黄色や緑に光って見えるのは
この反射鏡があるからです。

犬の目を解剖学や生理学の
観点から紹介すると

カメラに似ています。

目もカメラも光を取り込む穴、
光を一点に集めるレンズ、
そして像を記録する敏感な膜

が必要です。

目もカメラも様々な光の状態に
応じて調整できる仕組みが必要で、

どちらも明度の低い光まで
感じ取る能力と、

細部まではっきり見える
能力の間で絶えず折り合いを
つけないといけないのですが、

犬の目と人の目では大きな特徴の
違いがあります。

それがタペタムです。

スポンサーリンク

犬のタペタムの機能

タペタムは、網膜で感受されなかった
光を増幅させることで、

網膜の光を受けとる
細胞を刺激します。

犬はこの反射鏡を持つことで

光を最大限に捉えることが可能になり、

かなり暗いところでも
視界がきくようになったのです。

暗がりの中で活動する動物は
たいてい角膜が多いです。

あなたの犬の角膜を見れば

人間に比べてどれくらい
大きいか分かるでしょう。

犬の目は人が物を見分けるのに
必要な3分の1ほどの明るさがあれば、

物を見分けることができます。

ちなみに猫の目は犬以上に
感度の良い層状になったタペタムを持っていて、

必要な光の量は人間の7分の1と言われています。

そんな犬のタペタムにはさらに
光の明るさを高めるだけでなく、

もう一つの特殊機能があると言われています。

ビタミンB2の成分である
「リボフラビン」の働きによって、

反射される光の色に微妙な
変化を与えていると言うのです。

この色変換装置は

例えば吸収した青い光をもっと
明るい色に変えて

もう一度放出します。

と言う事は犬の目は夕闇の迫る
青っぽい背景色を人間が見ているより
遥かに明るく見ることになります。

この特徴により
写真で目が不気味に光る
ようになるのです。

犬のタペタムを得た事によるデメリット

ただし、このタペタムで
犠牲になったこともあります。

それはピントです。

タペタムから反射される光は
ビリヤードの玉が台の縁に
ぶつかったときのように、

入ってきた時と同じ方向には
戻らないのです.

タペタムから反射される光は
入ってきた方向と同じではなく、

少しずれてしまうので、

網膜の上に結ばれる
像が不鮮明になっていしまいます。

進化の過程で犬たちは、
日中に見えるもののシャープさよりも、

夜間視力の鋭さ(特に薄暗い光の感度)を
選択したのでしょう。

つまり、薄暗い光に対する
感度が良くなった代わりに

細かな部分まで鮮明に見える
能力が犠牲になったのです。

タペタムを持たない目が光らない犬

ハスキー系の瞳のブルーな犬は
光を跳ね返すタペタムは持たないので、

ライトを浴びても目は光りません。

これは選択育種の結果、
たまたまそうなったのでしょう。

こうした犬が育てられる
北の山岳地帯では、

一年中雪に覆われる事が多いです。

この土地柄では、
夜の空から届くどんな光も
雪が反射させるため

視界が良くなります。

そうした検鏡では
タペタムが光を反射させても
あまり意味が無く、

ハスキー形の犬はこの組織が
育種の過程で失われたのでしょう。

逆に常に地面から光が
反射される環境では、

タペタムはない方が有利だと言う説もあります。

つまり、光に対する感度の良さを
保つと同時に、

細かな部分まで鮮明に見える
能力が持てるからです。

犬夜に目が光る、写真で
目が不気味に光るタペタムは

犬にとって重要な機能なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>