犬と人間の視覚の仕組みと違い、犬の視力と視界、焦点の特徴

犬と人間の視覚の仕組みと違い、犬の視力と視界、焦点について
今回のテーマは、

犬と人間の視覚の仕組みと違い、
犬の視力と視界、焦点の特徴

について紹介します。

人間と同じような視力検査を
犬にするのは難しいので、

犬の視力が1.0なのか0.1なのか、

ハッキリした数値は分かりません。

犬の視覚は、人間と比べて、
細かいものを見分ける能力は
劣っています。

犬はもともと近視で、

ピントを合わせる力は
弱いようです。

人間の標準的な視力を
1.0とすると、

犬の視力は0.3くらい
といわれています。

スポンサーリンク

犬の視力と視界、焦点について

犬の顔におやつを差し出すとします。

すると基本的には
すぐにはかぶりつかず

まず匂いを嗅ぎますね。

それがなんであるかを確かめようとするのです。

なぜ見ずに嗅ぐのでしょうか?

ここで興味深いのは、

犬は目の前に差しだされたものが
よく見えないのです。

と言う事は視力が悪いのでしょうか。

犬が間近に迫ったものを
きちんと認識できないのは、

目の構造と大いに関係しています。

人間の目は正面を向いていますが、
犬の目は40度ほど外側を向いています。

このため犬の視力は
70cm以内になると焦点が合わなくなるのです。

犬と人間の視覚の仕組みと違い

人間の視界はおよそ180度

どれだけ頑張っても左右それぞれ
10度ずつ広げて200度が限界です。

一方で犬の視界は広く、
240度ほどを見渡せると言います。

これは犬種よっても差があり
最も広いのが、

アフガン・ハウンドの290度、

パグやペキニーズのような
ぺしゃんこ顔の目が前の方に寄った
犬の場合であれば人間を少し上回る程度です。

この視界の広さは
一般的には狩りに優位に働きます。

ただし、犬は奥行きをキャッチするのが
得意ではありません。

両目の距離が離れている分、

視野の重なりがせまくなるので、
距離感が曖昧になりやすいという
弱点を持つのです。

犬は動体視力に優れている

犬はごく近くのものを見る視力が
苦手な半面で、

動体視力には優れています。

例えば動いているボールであれば
色に関係なくあまり見失う事は
ありません。

警察犬の中には900m
離れた場所からでも動く物を
見分ける犬がいると言う報告もあります。

また犬種によって視力が違っていて、

アメリカのウィスコンシン大学
獣医学部のクリストファー・マーフィーらの
研究チームは

レティノスコープ(検影器)を使って、
240頭のペットを対象に
視力検査をしました。

するとほとんどの犬が正常な視力
だということが分かりました。

しかし

レトリバー(ゴールデン、
ラブラドール、チェサビーク・ベイ)

スパニエル(コッカー、スプリンガー)

の全体的な傾向はやや遠視でした。

一方、ロットワイラーの3分の2、

ジャーマン・シェパードと
ミニチュア・シュナウザーの半数が

近視だと言う結果が出ました。

この実験の検査対象となっていない
犬種は数多くいますが、

犬の視力に関する
興味深い実験と言えるでしょう。

犬と人間の嗅覚や聴覚と視覚

人間と比べて、嗅覚や聴覚が
発達している犬は、

匂いや音によっても
情報をキャッチしています。

また耳や尻尾の動き、
顔の表情の変化などによって、

互いの意思や感情を伝える
ボディランゲージも発達しています。

そのため、視覚が果たす
役割も大きいと考えられます。

ちなみに犬用のメガネは
ありませんが、

犬用のコンタクトレンズ
というものはあります。

と言っても人間の
カラーコンタクトのような、

お洒落用ではありません。

傷ついた角膜を保護する
ためのものです。

また、白内障で水晶体が
濁ったりした時、

低下した視力を補正する
役割を果たす眼内レンズもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>