モテル男の靴下の選び方、似合う色や長さ、印象の良い見せ方


今回のテーマは、

モテル男の靴下の選び方、似合う
色や長さ、印象の良い見せ方

について紹介します。

私の知人の女性が
こんな話しをしてくれました。

電車に乗っていた彼女は

向かいに座っていた同じ会社の
同僚が座っているのに気づきます。

あまり話をした事が無かったのそうですが、
少し好意を感じていたそうです。

そして全身のファッションを
チェックしてみると

グレーのスーツに
ネクタイも肌に合っており

とても似合っていたそうです。

爽やかでカッコいいと
関心していたそうですが、

次に視線を下に移したら…

組んでいる足から覗く、
無防備なスネが現れます。

そして靴下は白で短く、

持ち上がったスラックスの裾から
素肌が見えていたそうです。

黒い靴と白い靴下の
コントラストが目立ち

そのダサさにショックを受けだそうです。

初めが好印象だっただけに

靴下のダサさにかなり
ショックを感じ好印象は
悪印象に変わってしまったそうです。


靴下の見せ方に失敗する男たち

たかが靴下と思うかもしれませんが、

思わぬところで
目立ってしまうのが靴下です。

またこんな事もあります。

靴下をよくよく見てみれば、

表と裏があることは
明白な事だと思います。

そして普通にしていれば靴下を裏返し
で履くことはあり得ないと思うのですが、

たまに裏返しで靴下を
はく男性が存在します。

それほど男は靴下に無頓着なのですが、

そして靴下が裏返しになっている事に
気が付く男性はほとんどいませんが、

女性は気が付く、、

とほとんどの女性は言います。

そしてその姿に興ざめするようです。

ファッションアイテムとして
靴下も意識を持って、

似合う色や長さを意識して、

恋愛に有利となる女性への印象の
良い見せ方をするべきです。

シンプルなアドバイスですが、

靴下は裏返ししていないよう
気を付けましょう。

モテる男の靴下の選び方

スーツがびしっと決まっていても、

パンツの裾からすね毛が
見えているようでは、

外見の評価は急落します。

スーツスタイルであれば

顔と手以外は素肌を出さない事、

また靴下の色は色とともに
目立たないような色である事が

靴下の選び方の基本ルールです。

ヨーロッパでは

スーツスタイル用に売られている
靴下は膝下くらいまでカバーする
長さのものが主流のようです。

日本でも最近は販売されていますが、
まだまだ短いものが一般的です。

膝下までの長さが無くても

足を組んだ時にスネが覗かない
長さの靴下を選ぶ事をお勧めします。

また靴下の色は靴かスーツの色に
あわせるのが良いでしょう。

黒やチャコールグレー、濃紺など、
出来るだけ濃い色が良いでしょう。

白い靴下は子供っぽく見えるので
避けた方が無難です。

デザインに凝ったブランド物、

派手な色や柄も全体に合って
良く似合えば良いのですが、

これは案外難しいので、
無地のものを選ぶ方が良いでしょう。

ワンポイントの刺繍が入った
靴下も多いですが、

なるべく避けた方が良いでしょう。

靴下はあくまで黒子なので
ワンポイントであっても
目立つ必要なないです。

靴を際立たせるモテる男の靴下

まずは鏡を前に椅子に腰掛けて
足を組んでみて

自分の姿をチェックしてみましょう。

できるのであれば友人に、

その靴下が自分に似合う色や長さ、
なのかなど印象を尋ねると良いでしょう。

クールでお洒落な靴下を履く事は
モテル男性になるためにとても大切です。

なぜなら靴下は靴のおしゃれさを
目立たせてサポートする為の
唯一のアイテムだからです。

女性と言う生き物は、

男性の履いているを見て
その男を値踏みする傾向にあります。

女性達は、普通の男には
計り知れないような程の時間を、

靴の事を考えるために
費やしているのです。

仲間で靴についてつねに
情報交換し、靴を買うとなると、
時間をかけて慎重に選びます。

この靴に合う服はどれだと言う事に
一日中思考を巡らせる事もあるのです。

あなたが目を付ける素敵な女性は
靴の事を考えている時間がかなり
多い事を覚えておきましょう。

もしあなたが長い時間をかけて
手間をかけて、お金をかけてきた
趣味があったとして、

それを否定されたり
軽視されたらどんな気分がするでしょう。

かなり傷つき、その人の
印象はかなり悪くなるでしょう。

そういう意味でも
モテる男になるためには
靴下にこだわりを持つ事も大切です。

靴下の選び方や見せ方
似合う色や長さを意識し、

ファッション戦略を実践して
行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>