仕事に活きる犬の嗅覚、犬の匂いによる追跡能力はどれくらい?


今回のテーマは、

仕事に活きる犬の嗅覚、犬の
匂いによる追跡能力はどれくらい?

について紹介します。

犬の能力の中で、
最も優れている嗅覚、

鼻の奥の嗅細胞は
人間が500万個であれば、

犬は2億個も30億個とも言われます。

人が感じ取れるコップの中の
液体の匂いを100万倍に
薄めても犬は嗅ぎ取れるそうです。

そんな犬の嗅覚を使い
仕事に活かすことができます。

犬は動物の匂いの跡から
どんな動物がどの方向に
向かったかを察知します。

この追跡能力は
探索救助や犯人追跡に役立ちます。

この追跡能力で
獲物の場合は追いかけ、
敵なら避けようとします。

探索能力や犯人追跡に
犬が使われるのは、

この能力があるためです。

スポンサーリンク

犬の匂いによる追跡能力はどれくらい?

匂いによる追跡には

1.空気中の匂いを感知する

2.地面の匂いを追う
(足跡と痕跡を辿る)

という二つの方法があり、

いずれも人間の視力が役に立たない
夜中に威力を発揮します。

空気中の匂いを追う犬は、
鼻面を上げて行った行きたいするように
しながら調べ周り、目標を定めます。

そしていったん匂いを捉えると、
真っすぐ目標に向かいます。

匂いを失ったときは
円を描くように歩き回り、

次第に円を広げるようにして
再度匂いを拾います。

空気に漂う匂いは、
風と天候の影響をダイレクトに
受けるからです。

風邪がなく地面が少し湿気を
帯びている夕暮か明け方が、

追跡には最適の条件と言えます。

仕事に活きる犬の嗅覚

また地面の匂いを追う場合、

犬は鼻を下げて地面から
上がってくる匂いを嗅ぎます。

「足跡」を追う時の犬は、
足痕の形で進行方向を
判断している訳ではありません。

犬が相手の進行方向を知る方法は、
足跡の「匂いの強さ」を比較して
どちらかが古いかを判定する

というやり方です。

先に歩いた足跡ほど古い
⇒匂いが薄くなる

を追跡方向のヒントとし、
その都度匂いの強い方向へ進むのです。

「痕跡」は相手の
体から落ちた垢やふけの事です。

これらの皮膚細胞はバクテリアの
作用を受け、人の匂いを出します。

驚くべきは人間の垢とフケの量ですが、

なんと、人の体は
毎分5000万個もの細胞を落とすのです。

犬が特に敏感な嗅覚はなに?

ではそんな匂いで追跡する
嗅覚の鋭い犬種は何でしょうか?

空気中の匂いを捉えるのが得意なのは、

ジャーマン・シェパード
ラブラドール・レトリバー、
コリーなどです。

建物の倒壊時に被害者の
場所を突き止めるなど
災害救助犬として活躍している犬もいます。

また地面の匂いを追うのが得意なのは、

フラッド・ハウンドやビーグルです。

またコリーは「帰巣(きそう)能力」が高く、
(長距離の道のりを単独で帰還できる能力)
という指摘があります。

なのでこのコリーと言う犬種の抜群の嗅覚が
競う能力を高めているのかもしれません。

犬は匂いの種類によって
敏感に反応したり、

逆に反応が鈍いものもあります。

中でも犬にとって

発情中の雌犬の匂いは強烈です。

発情した雌犬に対する
雄犬の欲求は相当なものです。

普段はとても冷静で
大人しい雄犬でも、

発情した雌犬の匂いを感じると、

突然、何時間も鳴き続けたり、
一目散に駆け出したり、

暴れたり、猪突猛進
まっしぐらに逃走したりします。

いずれにせよ、

こうした嗅覚を活かして
仕事で活躍する犬がいます。

警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬、
山岳救助犬、地雷探知犬など

犬の匂いによる追跡能力が
活躍しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>