犬の嗅覚の仕組みとメカニズム、犬の嗅覚は人間の何倍か?


今回のテーマは、

犬の嗅覚の仕組みとメカニズム、
犬の嗅覚は人間の何倍か?

について紹介します。

匂ぐ事でコミュニケーションが
成り立つほど、

犬にとって嗅覚は
最も大切な感覚器です。

犬の嗅覚の鋭さは人間の100万倍
などと言われることがあります。

しかし、「何倍」というのは
対象物によりけりなのです。

例えば、
ニンニク臭では人の2000倍だが、

肉や脂の匂いに対しては
1億倍も鋭い

と言う研究結果が出ています。

いずれにせよ、

人間と比べたら遥かに
嗅覚に優れています。

スポンサーリンク

犬の嗅覚の仕組みとメカニズム

やはり、元々ハンターだった
犬の鼻は動物性の匂いに
敏感と言う事ですね。

嗅覚測定機などで調べた結果、

酪酸に対しては、人の100万倍以上と
報告されています。

この酪酸というのは、
人間の汗の成分の一つで
長く履いた靴下などにも含まれています。

ここで100万倍と言うのは
どのくらいの数字なのか?

ちょっとイメージを膨らませてみましょう。

今1gの酪酸があるとします。

この酪酸の1gには
7×10の21乗個の分子があります、

これを10回建てのビルの中で揮発させ、
すべての部屋に均等に配分するとします。

あなたがどこかの部屋のドアの隙間に
鼻をつきだしても、

匂いをかぎ取るのは難しいでしょう。

ところが犬は同じ1gの酪酸を
例えば横浜市全域の上空100mの
場所でまくほど希釈しても

その匂いをかぎ取ることができるのです。

この仕組みを用いて、麻薬犬
警察犬など使役犬は活躍しています。

犬の嗅覚は人間の何倍か?

犬と人では嗅細胞の数にも
大きな差がありますが、

犬の犬種によっても
その差はあります。

ダックスフンドには
約1億2000万個、

ジャーマン・シェパードは
2億200万個あるのですが、

嗅覚ハウンド(狩猟犬)の
ブラッド・ハウンドになると3億個もの
細胞が存在します。

一方、人間の嗅細胞は
その60分の1の500万個に過ぎません。

また犬は匂いを分析する力があります。

人の鼻は匂いは階層化できずに
匂いがごちゃまぜになります。

しかし犬の鼻は匂いを階層化でき、

邪魔な匂いを遮断し、
目的の匂いを探し出せます。

つまりいろんな匂いが混じり合っている中で
特定の匂いを嗅ぎ出すことができるのです。

犬の嗅覚メカニズムを活用した仕事

また犬は一つの鼻でなく
第二の鼻と呼ばれる

ヤコブソン器官という
嗅覚も仕組みとして備えており、

さらに嗅覚が精密になっています。

なので例えば麻薬検知犬は、

テロリストが爆発物に
香水をかけても、

汚れたソックスで爆発物を
くるんでも、見事に見抜きますし、

車の燃料タンクに隠された
プラスティック容器の中の
マリファナを嗅ぎ出し、

検査官に教える犬もいます。

また、犬は一人一人の人間の
匂いを巧みにかぎ分けますが、

訓練を重ねると、
同一人物の肘と関節と手のひらの
匂いを嗅ぎわける事も出来るようになる

と言う報告もあります。

この能力は犯罪捜査で
犯人を特定する時に力を発揮します。

また家庭でも、

フェロモンや、人間のホルモン、
感情による体臭の変化を
機敏に感じ取り、

コミュニケーションをします。

こうした犬の嗅覚を考えて
犬と接してみると、

とても興味深いものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>