犬を飼う前に考え、準備しておくべき失敗しない子犬の入手法


今回のテーマは、

犬を飼う前に考え、準備して
おくべき失敗しない子犬の入手法

について紹介します。

犬であれどんなペットであれ、

飼うとなれば当然、
世話をしなければいけません。

口がきけない彼らを
良く観察する事が大切です。

犬を飼ったらあなたがどれだけ
疲れていても、

毎日散歩に連れて行かねば
なりませんし、

何日も家を空ける事も
難しくなるので、

海外旅行を諦めなければ
ならない事もあるでしょう。

家の中で遊ばせる為に
噛まれては困るものを片付ける
ことも必要です。

また動物病院と親しく
ならねばならないし、

ワクチンのニュースなど
色々と情報収集も必要です。

一言で犬を飼うと言っても
手間がかかる事を覚悟しましょう。

その手間が楽しめるかどうか
これが犬を飼う為の第一条件になり、

犬を飼う前に考えておかねば
ならない事なのです。

犬を飼う前に準備しておくべき事

こうした第一条件をクリアしたなら

まず考えたいのが、

なぜ犬と一緒に何をしたいのか、

あなたが犬を飼おうと
思う目的に沿って、

その犬種の歴史
(どんな用途に使われたか)

や必要運動量をよく調べましょう。

実はこの二つの事は
犬の「サイズ」よりも重要なのです。

ただ同じレトリバーでも、

ラブラドールは、
ゴールデンの3倍の運動量
(散歩)を必要とします。

様々な犬種の性質や性格を調べ
家族環境などと照らし合わせます。

でもほんの通りには必ずしも
行かない事も理解しておきます。

家族みんながその犬が
好きかどうかも問題です。

好き嫌いも理屈ではないので、
知識だけでも行けません。

右脳と左脳を使って
準備をしなければ行けません。

失敗しない子犬の入手法に
迷ったら専門家に相談する。

それくらい慎重に決めるのが賢明です。

失敗しない子犬の入手法

純血種を求める場合、

もっとも望ましいのは、
ブリーダーを直接訪れ入手する方法です。

訪問すれば飼育環境をチェックできます。

つまり飼育施設を顧客に
見せようとしないブリーダーは
NGと言う事です。

ただしこの場合、

飼い主になるあなた自身が
子犬を飼うだけの条件を
満たしているかどうかと

逆に問われるという心構えを持って下さい。

飼育に適した家庭の環境や
経済的な裏付けが必要なのです。

犬を飼う前にしっかり考え、
準備しているかどうかは、

プロの目には明らかです。

犬の一生に責任を持つ自信のない人は
例え犬好きでも飼うべきではありません。

そう言う意味では厳しい
ブリーダーさんほど

信頼できるとも言えます。

犬を飼う前に考え、準備する質問

子犬を入手する際、
失敗しないブリーダへの質問

1.一頭ずつ隔離されることなく、
親兄弟と同じ犬舎で生活しているか?

2.駆虫はどうしているか?

3.股間節形成不全などの
遺伝性疾患にどのように対処しているのか?

この三つの質問を忘れてはいけません。

また失敗しない子犬の入手時期は
生後どれくらいがいいのでしょうか?

入手の時期についてのポイントを揚げると、

以下のようになります。

・6~8週齢くらいの段階で、
入手する子犬を決めます。

必ず母犬を見せてもらいます。

・出来れば何度かその子犬に面接します。

その際、子犬に語りかけ、
身体にさわるようにします。

12週齢(少なくとも10週齢)までは、
ブリーダーに責任を持って育ててもらう。

これを拒むのであれば

そのブリーダーは信頼
しないほうがいいでしょう。

もしもブリーダーが上記の条件を
満たせないならば、

あなた自身の手で子犬の
社会化を初歩からスタート
させなければいけません。

その場合でも、生後60日以上
親兄弟と過ごした子犬を入手
するようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>