モテる男のベルトとバックルの選び方、意外と見られる締め方


今回のテーマは、

モテる男のベルトとバックルの
選び方、意外と見られる締め方

について紹介します。

「機能」と「ファッション」

を分けて考えることが、

オシャレを目指す上で
必要な考え方です。

ズボンがずり落ちないように
留めておくのがベルトの
本来の役割でしょうが、

ベルトというのは、

女性にモテる男を目指す上で
気を配るべき小物の一つです。

今回はモテル男のベルトの選び方、
見られる締め方について紹介しましょう。

確かに、ベルトは小物です、

ジャケットやパンツなどの
ファッションアイテムの一つとして考えたら、

全体を占める割合が
非常に小さな部位と捉えれてますが、

小さいと言う事は
まさにディティールと言う事で、

そう言った細かいところに
気を使う事こそが

女性に好印象を与えます。

モテる男のベルトとバックル

安くて、ぺらぺらのベルトとか、
切れかけのベルトをしているならば、、

あなたの外見から魅力的なメッセージ
女性に振りまいているとは言えません。

「どうしえ上着に隠れて見えないだろうし、、」

と手を抜いている男性は多いですが、

女性は靴の次にベルトを
チェックすると言います。

ここに力を注ぐ事は
好感度を上げるために欠かせない
努力なのです。

ベルトというのは、
男性の魅力をアピールできる
素晴らしいファッションアイテムの一つです。

高価なものである必要もなければ、
奇をてらったり、派手なものを選ぶ必要もありません。

ベルトのバックルは
体の中心にあるので、

上着のボタンを外すと
かなり目立つものです。

どんなベルトを選ぶかで
その人のセンスがにじみ出てしまうのです。

モテル男のベルトの選び方

ここで安易に高い
ブランドもののベルトを選ぶ人がいますが、

バックルにブランドロゴを
強調したデザインは、

ずいぶん前に流行したので、

老けて見られる可能性があります。

高級に見えるどころか
センスを疑われる可能性もあり、

ブランドが強調されたベルトを選ぶのは
避けておいた方が無難です。

基本的に、

靴ベルト、バッグの三つを
同じ色、出来れば同じような
素材感で統一すると見た目が良くなります。

黒や焦げ茶の革素材を
選んでおけば良いと思います。

清潔感があって、少し高級感のある
大人の男性の印象を与えるベルトを締めるのが
モテル男のベルト選び方のコツです。

また革のベルトを選んだならば
毎日同じものを使わずに、

3本くらいでローテーションを
組んで身につけるようにすれば、

一本一本をより
長持ちさせる事が出来ます。

モテる男の見られるベルト締め方の注意点

意外と女性から見られるのが、

ベルトの締め方です。

もちろん子供ではないのですから、

ベルトの締め方まで
注意されたくないかもしれません。

ただ、細かい事を言えば、

一番大きな穴を使っている人は
女性に間抜けな印象を与えがちです。

確かにベルトに機能は
もともと締めるためのものです。

ただ現代ではむしろ
締めるものではなく、

見せるため、見られるアクセサリー
として活用していくべきと考えましょう。

つまり、ベルトがきつすぎて
穴が大きくなってしまったベルトを

つけてしまっていると女性に対する
印象が良くないということ。

そういう人は体型に合った
ベルトを買い直すべきです。

もし体重がはなはだしく
オーバーしているならば、

高級感のあるバックルは避けた
方が言いかも知れません。

そういう見られたくない場所に、
女性の視線を引き付けてしまうからです。

体重を落として、スマートになるまで

飾り気のないバックル
にしておいた方が無難でしょう。

参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>