犬が食糞する理由と気持ち、食糞の問題を辞めさせるしつけ方法


今回のテーマは、

犬が食糞する理由と気持ち、
食糞の問題を辞めさせるしつけ方法

について紹介します。

犬が自分のふんを
食べることを食糞症と言いますが、

ウンチを食べる、人間から見れば
以上で極端な仕草です。

びっくりして慌てて
騒いでしまう飼い主さんもいますが、

これはしつけに逆効果です。

なぜそんな事を?…と理由を考える前に、

この習性が犬にとって
「種の保存のために」必要だと言う事を
知っておく必要があります。

母犬は、子犬が
自分で歩けるようになるまで、

子犬の肛門を舐めて排泄を促し、
排泄後もきれいに舐め取ります。

そのおかげで、子犬の体と巣(寝床)は
清潔な状態を保つことができるのです。

また野生犬やオオカミは
レイヨウ(カモシカの仲間)野糞を
食べる事もあり、

これはミネラル不足を補う
栄養補給のためだと言われます。

基本的に、成長とともに
しなくなる事が多いです。

犬が食糞する理由と気持ち

とはいっても、家庭犬が
自分や他の犬の糞を食べるのは、
事情が違います。

メリットはないばかりか、

糞の中の腸内寄生虫を
身体に取り込むことになり、
健康上マイナスになっていしまいます。

家庭犬が糞を食べる癖を
獣医学的には「食糞症」という
病気とみなしているのです。

犬が食糞する理由として
まず以下の2つを疑ってみる必要があります。

・飢餓感に悩んでいる
・お腹の中に寄生虫がいる

子犬のころにいつもフードの量が少なめに
抑えられて育つと、

飢餓感から抜け出せず、
食糞の習性が身についてしまう事があります。

食糞が大きな問題となるケース

また腸内寄生虫がいると、
むかむかする不快感から、
目の前にあるものを何でも飲み込もうとします。

糞に限らず、タオルや手袋まで呑み込み、
腸ねん転を引き起こすことがある

と言う報告があります。

他に考えられる理由として
次のようなものがあります。

・匂いに惹かれて食べた
のが癖になってしまった

・驚いて慌てる飼い主の
反応を引きだし楽しんでいる

犬が糞を食べた時、
飼い主が慌ててしまうと

「糞を食べると飼い主が
面白い反応が返ってくる」

と犬が学習してしまい、

それをきっかけに
遊び感覚で食糞症を身につける
可能性があるのです。

そしてウケが良いのだと
勘違いして悪化する事もあるので、

見つけても飼い主さんは
慌てない、騒がない事が重要です。

食糞の問題を辞めさせるしつけ方法

では食糞を防ぐために
飼い主はどうすればいいのでしょうか。

まずは糞を素早く片付ける事、

そして叱ると逆効果なので
見て見ぬふりをする事、

或は家族の気を引く為に
食糞をするケースもあるので、

散歩や遊びの時間を
増やしてストレスを軽くしましょう。

そして最も大切なのが、

寄生虫の侵入経路をカットすることです。

具体的には、

散歩の時に道端の雑草などを
出来るだけ食べさせない事、

寄生虫は土中にも生息しており、

雑草には寄生虫の卵が
ツイテいるの可能性もあります。

下痢やおう吐などの症状が現れたら
獣医師に相談することです。

寄生虫は食糞症だけでなく、
犬の健康に深刻なダメージを
与える事もあります。

回虫などの一般的に
見られる寄生虫でも、

子犬の体に侵入すると
死に至らしめる問題になる
事もあるので注意しましょう。

こうした場合は、

早めに獣医さんに相談する
という事が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>