犬は楽器好きで合唱して歌う動物?犬は遠吠えで音楽を楽しむ?


今回のテーマは、

犬は楽器好きで合唱して歌う
動物?犬は遠吠えで音楽を楽しむ?

について紹介します。

犬は「遠吠え」と呼ばれる
独特の吠え方をします。

この理由は何でしょうか?

近所の犬の鳴き声に
反応して遠吠えをしたり、

サイレンの音が聞こえると
遠吠えを始めたり、

珍しい例で言えば、

楽器の演奏や人間の
歌声に合わせて遠吠えする

そんな犬もいます。

なぜ犬は遠吠えするのでしょうか?

一般的にオオカミの遠吠えは、

「遠くにいる相手との
コミュニケーションのため」

と説明されています。

「どこにいるんだ?」
(群れの仲間の位置を掴む)

「出て行けよ」
(ライバルの侵入を防ぐ)

と言った意味で交わされると言います。

古くからの通説では

「犬の遠吠えは、オオカミから
受け継いだ行動の名残」

とされています。

スポンサーリンク

犬は遠吠えで音楽を楽しむ?

しかし、

オオカミは犬の近縁種ですが、
犬の祖先ではありません。

群れをつくらず単独(或いは夫婦単位)で
行動するジャッカルも、

夜になると遠吠えをしますが、

ジャッカルが遠吠えする理由については、
まだ解明されていませんが、

オオカミとは別の意味が
あるかもしれません。

それが音楽を楽しむ説です。

犬にも好きな音や
嫌いな音があるらしく、

テレビやラジオなどから
特定の音楽が流れてくると鳴く

「歌う犬」

が紹介されたり、

飼い主さんが楽器を弾くと
喜んで一緒に泣く

「楽器好き犬」

などが紹介されている
事がありますが、

その姿はまさに音楽を
楽しんでいるようです。

歌を遠くの犬の鳴き声と
勘違いして、

仲間とコミュニケーションをしている
と言う遠吠え説もありますが、

特定の音楽に反応するのですから、

音を聞き分ける能力はあるという事です。

犬は楽器好きで合唱して歌う動物?

また放し飼いの犬は、
群れで遠吠えの合唱会をする事があります。

ある例では、

夕暮れ時に1人が口を切ると
周りの犬たちが次々に呼応し、

次第に音域が高まり、
やがて最高潮に達しました。

まさに合唱と呼ぶにふさわしい遠吠えです。

こうした遠吠えの仕方や、
楽器や歌声に合わせて遠吠えをする
犬がいることを合わせて考えれば、

犬が遠吠えする理由は、

一人ぼっちの犬の場合、

ひたすら孤独を訴えると覚え、

サイレンなどに勘違いをして遠吠えをする、

また群れの犬の場合は
合図をして仲間意識を育てたり、

恐らく音楽的な要素も
楽しんでいるのでしょう。

ビートルズは犬の為に曲を書いた

確かに犬に関する研究によれば、

犬のリズム感は抜群で、

メトロノームの打つ早さが
毎分100回から96回に
減ると気づくそうです。

人間ならストップウォッチを
使って数えなければ分からないリズムです。

さらに半音の4分の1の
音程も区別できると言います。

ちなみにビートルズのアルバム

『サージェント・ベッパーズ・
ロンリーハーツ・クラブ・バンド』

には、全曲が終わった後で
甲高いノイズのような音が入っています。

これは

「動物の為の音楽を作っていない」

というポール・マッカートニーの
提案で加えられたものだそうで、

犬の耳に合わせて高周波に
した信号だそうです。

この曲を犬が好きに
なったかどうか分かりませんが、

犬は楽器好きで合唱して歌ったり
音楽を楽しむ動物なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>