犬が穴を掘る理由と気持ち、庭の地面を掘るのをやめさせる方法


今回のテーマは、

犬が穴を掘る理由と気持ち、
庭の地面を掘るのをやめさせる方法

について紹介します。

犬はよく地面に穴を掘ります。

これは犬の本能がする
自然な行為なので、

海や野原に連れて行って、
思いっきり掘らせてあげるのは
良い事でしょうが、

時々、

「庭に穴をあけられて、

大切に育てたユリの
花がめちゃくちゃにされた…

犯人はうちの犬だな」

…こんな体験をした時に、
犬を叱るだけではだめです。

「地面を掘る」をいうのは
犬にとってごく自然なことなのです。

でも飼い主にとっては
花壇や菜園などを掘り起こされるのは
困りものですね。

犬の心を傷つけないように
地面を掘るをやめさせるためには、
どうしたらいいのでしょうか。

犬が穴を掘る理由と気持ち

ここで、対策を紹介する前に、

室内暮らしの犬が

こんなしぐさを
見かけたことはないでしょうか。

カーペットの上をカリカリ

ひっかくだけひっかいたら眠りに就く

これは野生時代に地面に穴を掘って
寝床を作った習慣の名残と言われています。

では寝床を作るためだけに
犬は穴を掘るのでしょうか。

犬が庭などで地面を掘り返す場合、

犬が穴を掘る理由と気持ちとして、
大きく分けて次の三つが考えられます。

1.「巣作り」(寝床作り)
2.「貯蔵」
3.「探索」(退屈しのぎ)

まず「巣作り」ですが、

これには「ごっこ遊び」
と言う要素があります。

とは言っても遊びではなく
本気の時もあるのです。

縁の下に穴を作り、
そこで産室にしている犬もいます。

犬は本能的に地面に穴を掘る

夏場になると庭を掘り起こし、
湿った土にお腹をくっつけて
寝そべる犬もいます。

これは体を冷やすためです。

「貯蔵」と言うのは
骨や食べ残したものやボールなどの
おもちゃを埋めて隠す行動を指します。

一方で特に目的もなく、
単なる「暇つぶし」で穴を掘っているような
場合もあるのです。

しかしこれは退屈しのぎであるとともに
「探索」活動でもあるのです。

土の中にはネズミやモグラ、
虫類などがいます。

また特殊な例としては

隠れ場所のつもりで
地面を掘る場合もあります。

こういった脱走目的で塀の下を掘り起こす
こんな事もあるので飼い主は注意しましょう。

庭の地面を掘るのをやめさせる方法

では犬が地面を掘るのをやめさせるには
どういう方法を取ればいいのでしょうか。

常識的な対処法としては

散歩と遊び「しつけ」を日常生活に
きちんと取り入れ犬に刺激を与えます。


犬の欲求が満たされます


地面を掘ることが激減する

と言う流れです。

これもいいですが、

少しここで発想の転換をした
対処法を紹介しましょう。

地面を掘るのを全面的に禁止されるのは、
犬にとってつらいことです。

そこで発想を転換し、
穴掘りのチャンスを意図的に与えるようにします。

1.週に一回程度ビーチなどに連れ出し
思い切り地面を掘らせます。

2.庭では囲いの中で飼う
スペースである場合は、

1メートル四方くらいの
穴掘り用専用スペースを作り、
思いっきり地面を掘らせます。

(そこの犬の好きなおもちゃを
そこに埋めるなどの動機付けが必要です。)

これらの方法で逆に犬に
地面を掘らせることで発散させて
あげると良いでしょう。

犬にとっては気持ちがいいですし、

飼い主にとっても大切な
庭を荒らされなくなる、

ウィンウィンの方法です。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>