犬が自分の食事、餌を守る為に吠える、威嚇するのはなぜ?


今回のテーマは、

犬が自分の食事、餌を守る為
に吠える、威嚇するのはなぜ?

について紹介します。

毎日きちんと餌を与えているのに
自分の食べ物を守ろうとする犬がいます。

犬が餌を守る、食事の邪魔を
されると吠えたり威嚇するのは

祖先の習慣の名残でしょう。

原始の犬たちの食生活を知るには、

現在の野生の犬科動物の
狩りがヒントになります。

野生犬たちは獲物を狩るために
膨大なエネルギーを使います。

追跡しても、
相手に逃げられることがあります。

上手く獲物をしとめても、
次はいつ食べ物にありつけるか分かりません。

苦労して手に入れた獲物を
横取りされたくないのは当たり前です。

犬が食べ物の入った食器を
守ろうとするのは、

遺伝子にプログラムされた、
「自分の食べ物を守れ」という
指令のなせる技と考えるべきでしょう。

スポンサーリンク

餌を守る犬を見ないのはあり?

過去の常識に基づく、
しつけの考え方の一つに、

犬が食事をしているときに
飼い主は見ては行けない

というものがあります。

オオカミは上位の者の
食事中は

下位の者たちがその食事姿を
じっと見ていると言います。

だから飼い主が犬の食事中に
犬をじっと見ていれば、

飼い主が下位の存在と
暗に伝えているのと同じ、

だから辞めなさいという理屈です。

余計に食事中に吠えたり、
威嚇するようになりますよ。

という事ですが、

この理屈は間違っているでしょう。

オオカミの群れでは家族単位で、

食べ物は子供から先に
与える場合もあるのです。

食事中犬を見ないでは、

飼い主は食事を運んで来ては
言ってしまう存在である、

と犬は覚えてしまいます。

それでは飼い主は
ただのウェイターとなり、

しつけが困難になるのです。

犬が餌を守る威嚇するのはなぜ?

もう一つ餌を守るために犬が威嚇するのは、

犬たちの儀式という面があります。

人間もそうですが、
社会的動物にとって儀式は
大切な生活手段の一つです。

犬の威嚇には次の二つがあります。

1.攻撃に移るための予備行動としての威嚇

2.本気のケンカを避けるための威嚇

おもちゃを独占する犬も、
威嚇のしぐさをします。

放し飼い状態の犬の群れでは、
一頭が何かおもちゃになるものを確保すると、

周りの犬たちと奪い合いになることがあります。

この奪い合いには
ケンカになる場合もあるのですが、

遊びに転嫁することも珍しくありません。

物を独占したがる犬の習性が
自然淘汰されずに今日まで残っているのは、

犬社会の柔軟さの証と言う
見方もできます。

ものの奪い合いが致命的な
ケンカに発展していたら

このような「一人占めをしたがる」集性は
とっくに失われていたのかもしれません。

犬が自分の食事守る為に吠えるのを辞めさせる

では餌を守ったり、
邪魔されても威嚇したりせず

平気で食事ができる犬に育てるには
どのような方法があるのでしょうか。

威嚇するのは…×
一人じめするのは…△
落ち着いて食べる…○

と言うのを体験から学ばせます。

食事を邪魔されても
平気でいられるように

子犬に教えておくことも
社会化トレーニングの一つです。

ではどうすればいいかと言うと、
子犬の食事中に以下のような工夫をしましょう。

・食器に手を近づけ、
犬の好きな食べ物を追加します。

・食器を取り上げ、
犬の好きな食べ物を追加して元に戻します。

変則バージョンとしては

食器を取り上げ、何も追加しないで、
食器を別の場所に移し、犬に食べさせます。

こうしたことを繰り返すことで、
犬の頭に「人間の手が食器に近づく=いいことがある」
というイメージを定着させます。

また餌の上からペット用の
ミルクをかけると犬は喜んで食べます、

(ただカロリー過多にならないよう、
量は少なめに)

こう言った食事中の威嚇防止トレーニングは
複数の人で行うと効果が出ます。

食事中に邪魔されても吠える事なく、

威嚇しない餌を守ろうと
しない犬に育てるには、

色々な人にトレーニングに
参加してもらうといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>