犬を抱き上げると噛む時の対処法、犬が抱っこを嫌がる3つの理由


今回のテーマは、

犬を抱き上げると噛む時の対処法、
犬が抱っこを嫌がる3つの理由

について紹介します。

犬はじゃれている間に
噛む事がありますが、

抱き上げて噛む場合は、
遊んで噛んでしまった…

というケースとは異なる
場合があります。

また犬は抱っこを嫌がる動物である
という意見があります。

また

「犬の体を飼い主より上にすると
うなったり噛んだりする」

と言うしつけの本などもありますが、

これは本当なのでしょうか?

確かに、抱っこをされた犬が嫌がって
人を咬みついてしまう事もありますが、

咬みつかないまでも、
身をよじって人の腕をふりほどこうと
もがく犬も少なくありません。

スポンサーリンク

犬が抱っこを嫌がる3つの理由

犬が抱っこを嫌がる理由は以下の三つです。

・抱っこされることに慣れていない
・拘束されると思い不安になる
・人の抱き方に問題がある

子犬のころに、人間の赤ん坊をあやすように
抱っこをしてかわいがれば、

ほとんどの犬は抱っこが好きになります。

あるいは抱っこをされる事を気にしなくなります。

抱っこをしてかわいがることは、
子犬への格好の刺激になり、

感情の安定や学習能力の
発達にとってもプラスになります。

人間でもそうですが、
動物は元来、拘束される事を嫌います。

自分の体が思うように
動かせないとストレスを感じるのです。

ですから、抱っこやおんぶを犬が嫌うのは
ごく自然な感情と言えます。

ましてや抱っこの仕方が乱暴だったら、
犬が抵抗するのも当たり前です。

犬が抱っこを嫌がる時の対処法

犬は過去の学習パターンから
習慣化する生き物です。

抱き方が不安定で嫌だ、

過去に抱き上げられると
どこかに閉じ込められて嫌だった…

などと学習してしまうと、

犬を抱き上げると嫌がったり
噛むことになってしまうのです。

またひどいしつけの本などでは

「抱っこやおんぶは犬が威張って
飼い主を見下す原因になる。

ソファーの上にいる犬も同じだ、

とにかく高い所に犬をあげるのは厳禁だ」

などと書かれています。

しかしもしこれが本当なら、
郊外の高台はもちろんのこと、

マンションでは犬を飼っては
いけないことになります。

平屋建てのマンションは存在しませんから。

犬を抱き上げると噛む時の対処法

むしろい飼い主は犬を抱き上げると良いでしょう。

犬が抱っこ好きになると、
飼い主にとってたくさんのメリットがあります。

・人の目線の位置に
犬の顔を近づけることで
飛びつかない犬になります。

・抱っこをすると爪きりの時に便利です。

・動物病院の診察台に
載せる時抱っこが必要になる

などなどいろいろあり、

人間の赤ちゃんと同様
抱っこは犬にとってもうれしいはずです。

では犬が喜ぶ抱っこの仕方は
どうすればいいのでしょうか?

ステップ1.

犬の脇の下(前足の付け根、胸のあたり)
に横から手お入れて抱き上げます。

ステップ2.

抱き上げるときは、お尻から支えて、
身体を安定させます。

子犬が暴れて落ちてしまうと大変なので、
最初は床に座ったまま抱っこの
練習をすると良いでしょう。

つまり

抱かれると「嫌なことが起こる」
→吠える、噛む

というパターンを

抱かれると「良いことが起こる」
→喜ぶ、嬉しい

という風に犬の抱かれることに
対するイーメジを変えるのが
上手い対処法となるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>