一人で寂しがる留守番が苦手な犬に留守番上手させる練習や工夫

一人で寂しがる留守番が苦手な犬に留守番上手させる練習や工夫
今回のテーマは、

一人で寂しがる留守番が苦手な
犬に留守番上手させる練習や工夫

について紹介します。

どうすれば留守中に家を荒らさない、
留守番上手の犬になるのでしょうか?

それは留守番の練習をさせることです。

犬が家庭のマナーを身につけ

「うちの犬は、家具や衣類を
かじる事はない!」

と確信ができるまで、

飼い主の外出中に、家の中を
自由に歩き回らせない事、

これが基本です。

スポンサーリンク

一人で寂しがる留守番が苦手な犬

人間と生活をする上で
犬が一人になるのは仕方ない事です。

一人で寂しがるのであれば、
そうならないよう工夫をしてあげるのが
飼い主の役目です。

室内犬として留守番上手にするには、

まず「拘束に慣れる」
練習からはじめましょう。

飼い主が家にいる時も
定期的に犬に狭い場所(ゲージなど)
に拘束します。

拘束時間は、
はじめはごく短くし、

犬の反応を見ながら、
少しずつ伸ばして行くのがいいでしょう。

犬の居場所には
咬むおもちゃなどを置いておきます。

おもちゃに夢中になり、
「閉じ込められているんだ」という
ストレスを出来るだけ感じさせないように
するのが目的です。

犬の最もお気に入りのおもちゃを
使いましょう。

そして留守番する部屋を少しずつ広げます。

次に「留守番ルーム(浴室)」を一つに決めます。

一つに限定することで、
被害を最小限に食い止めることができます。

留守番が苦手な犬に留守番上手させる練習

予行演習として練習のために、

留守番をさせる前の数日間、
「留守番ルーム」で食事を取らせると、

犬が居場所に早く慣れます。

さらに留守番ルームには
咬むおもちゃなどをたくさん
ばらまいておき、犬を入れます。

もしも他の物を噛もうとしたら
すぐに「ダメ」と制止し、

おもちゃに関心が向くように仕向けます。

「かじっても良いのは、
犬のおもちゃだけ」

と言う事を犬に理解させるのです。

そして実際に飼い主が外出する時は、

予行演習と同じように
「留守番ルーム」に犬を閉じ込め、

留守中に何も問題が起こらなければ、

台所⇒廊下⇒居間

などと言う風に少しずつ
犬の居場所を広げていきます。

犬を留守番上手させる工夫

他にも犬を留守番上手にさせるには
こんな方法があります。

留守番中に寝ている犬は、

ものをかじり壊す事もないし
荒らす事もしません。

寝ない犬は寝るように、
飼い主が仕向ける事が出来ます。

家の中でも元気いっぱいという事は、

今までの散歩では
不十分ということです。

もっと運動をさせて

疲れさせてあげれば、

家では留守番中に
疲れて寝ているだけ、

という状態にする事もできます。

また、数時間程度の短い外出であれば、
テレビやラジオを付けっ放しにします。

これで人の気配を感じて
犬は安心します。

或いは飼い主の匂いのする
もの(靴下など)を

ドアの近くの置くと言う
方法もあります。

とにかく留守番上手の犬にする
練習のポイントは、

「一人でも留守番ができるんだ」と

犬に自信をつけさせることです。

一人で寂しがる留守番が苦手な犬でも
留守番上手させ工夫はできます。

家庭でのエチケットは、
あなたが留守にしているとき、
犬に教えることはできないのです。

家の中に犬と一緒にいる時に
しっかりと教えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>