犬の去勢、避妊手術で攻撃性は弱まるか?犬のホルモンの影響


今回のテーマは、

犬の去勢、避妊手術で攻撃性は
弱まるか?犬のホルモンの影響

について紹介します。

もちろん人間の人生にも
大きく関わるホルモンですが、

犬の去勢、避妊手術で
噛みつきなどの攻撃性は弱まるか?

…実の所これは
よく分かっていません。

副腎や性器官から分泌される
「テストステロン」という雄性ホルモンの
量が多すぎると攻撃的になる、

という説があります。

しかしこれは

「研究対象にした個体に
そいう言う傾向がみられた、、
だから恐らく、、」

という推理類型化に過ぎません。

犬の問題行動にはホルモンは
どのように関係しているか、

実はその本当のところは
よく分かっていません。

一つ確実に言えるのは、

ホルモンの働きは、
生後の環境と刺激に強く
影響されると言う事です。

スポンサーリンク

犬のホルモン、テストステロンの影響

テストステロンと攻撃性の
関連を探ろうとする研究の一つが、

ハイエナを対象に進められています。

ブチハイエナの子は、
雌雄ともに母体の子宮の中で、
高濃度のテストステロンを浴びて、

雌も雄性化した性器を
備えて生まれてきています。

雌雄とも出生後に
テストステロンの量は下がるのですが、

雌の子供は雄の子供より
通常攻撃的です。

普通の哺乳類と同じように
成熟するにつれて雄の方が雌より
テストステロンが多くなるのに、

餌であるシマウマの大腿骨の
奪い合いになれば、雌が勝利します。

ブチハイエナの場合、
群れのリーダーになるのは雌です。

なぜメスの方が優位に立てるのか、
テストステロンでは説明しきれないのです。

犬の去勢、避妊手術で攻撃性は弱まるか?

雄犬を去勢すると攻撃性が弱まると言う
例はいくつか報告されています。

去勢によって確かに
テストステロンの量は減ります。

しかし恐怖感から噛みつく犬には、

去勢しても噛みつき
反応に変化は見られません。

雄犬同士のけんかについては、
個体によって効果がみられますが、

まったく改善されない
場合も少なくありません。

またオス犬に避妊手術をすると、
攻撃性が増すと言うケースがあります。

元々攻撃的な犬の場合は、
さらに攻撃的になると言う例も
報告されています。

発情後の2カ月以内に避妊手術を施すと、

「プロゲステロン」という、
卵巣から分泌される鎮静効果を
発揮するホルモンの量が急激に減ってしまいます。

このプロゲステロンの減少が、
イライラ感を誘発し、攻撃性の行動を
起こしやすくなるのかもしれません。

犬の人生に影響するホルモン

ちなみに、犬の場合
オスには発情期はありません。

成犬のオスは春情をいつもして、
いつでもメスとの交尾は可能です。

発情するのはメスだけで、

雄犬が夜中にわめくのは
メスの性フェロモンの匂いを
嗅ぎ付けたときです。

メスの発情は個体差がありますが、

生後8ヶ月から11ヶ月に
最初の発情期が訪れ

年に二回、発情期が行われます。

このときもやはり
ホルモンの影響から、

普段より落ち着かなくなり、
行動範囲が広がり、

水を大量に飲んだり、
オシッコをあちこちにしたりします。

こうして周辺雄犬に
サインを送る訳ですが、

自然の流れから言えば、
生存生殖本能を

体内ホルモンが司っているのです。

しかし人間社会に
溶け込む為に犬たちも、

不容易な交配を避ける為に
避妊、去勢手術をさせる事がありますが、

これにはメリットもデメリットも
報告されていますが、

命に関わる、生殖器の病気に
かかりにくくなる事や

性的な欲求、或は欲求不満
のストレスから解放され、

ストレスの軽減になり、

避妊、去勢をした犬は
していない犬と比べて寿命が
長いという報告もあります。

問題行動の改善の為の

去勢や避妊が有効であるとは
確実には言えないのですが、

ホルモンが何かしらの
影響を受けるのは

間違いないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>