犬が人、家具、物を噛む場合、犬の噛み付き防止のしつけ方法


今回のテーマは、

犬が人、家具、物を噛む場合、
犬の噛み付き防止のしつけ方法

について紹介します。

犬の立場になって
考えてみましょう。

家族みんながお出掛けして
家には誰もいません。

ひとりぼっちで
あなたはどう過ごしますか?

テレビや映画を見る、
読書もゲームも良いですね。

しかし、犬は一つも
それができないのです。

彼らは自分のできる
退屈しのぎを探すのです。

そんな退屈しのぎの気持ちや、

飼い主不在の不安が原因で、

物や家具を噛んだり、
場合によっては壊したりします。

壊されては困るもの
かじられては困る家具などは、

しまったり、カバーをしたり、

その場所に犬を行かせなくするなど

対応をしたり、

コングや知育玩具など、
噛んで良いものを与えるのも
大切ですが、

なで犬が人や家具、
物を噛むのか?

その気持ちを理解してあげるのも大切です。

スポンサーリンク

犬が人、家具、物を噛むのはなぜ?

成犬になっても噛み付きを
辞めないという場合や、

突然噛むようになった場合、

やはり精神的な影響が多いのです。

噛む事でストレスや不安を
軽減しようとしているのです。

だからまずしつけの前に
大切になってくるのが、

運動やコミュニケーション不足、

長時間の留守番などが
原因となっている場合、

散歩や遊び、撫でるなどしっかり
愛情コミュニケーションを取り、

留守中も噛む用具を与え
夢中になって楽しく過ごせる
工夫をするのが大切です。

それを踏まえた上で、

犬の咬みつきを防止する為には、
子犬時代に出来る限りしつけておくべきです。

人に対する噛みつき防止のトレーニングは、

「オスワリ」や「マテ」より
大切なしつけです。

犬の噛み付き防止のしつけ方法

基本ルールは、

「相手が痛がるほど強く噛んではいけない」

という事を犬に学ばせることです。

子犬は何でも噛もうとします。

飼い主の手を甘噛みしたときは
(本気でなく軽く噛む)

「人間の皮膚はとても感じやすく、
どれだけ軽く噛んでもいたいのだ」

ということを教え込む必要があります。

子犬が少しでも強く歯を当てたら、

そのたびに「うあ、痛い!」と
声を上げてわざと痛そうにふるまうのです。

この時、体罰を与えてはいけません。

子犬は飼い主の反応を見て、
噛みつきを自制するようになります。

こう考えたら、

母親にこうした学びを受けなかった
犬でも飼い主さんが代わりに
教えてあげる事もできるのです。

「痛い」と飼い主がハッキリ
声を出さずに済ませると、

子犬は

「人の皮膚を咬むのはいけないことだ」

と学ぶ機会を持てません。

すると、噛みつき癖が治らないまま、
成犬になってしまいます。

こうして知らず知らずの間に
犬が「時限爆弾」を抱えてしまうのです。

犬に人、家具、物の噛み付きを防止するため

また、噛みつき防止は
飼い主の工夫と理解次第で簡単にできます。

例えば、

・手から直接、食べ物を与えます。
(つま先でつまんで差し出す)

犬の歯が当たったら、「痛い」と
オーバーに叫び、

食べ物を取り上げる。

・歯磨きを日課にする

口の中に人間の手が入っても、
平気になります。

・引っ張り合う遊びは
微妙な噛み加減を覚え指すのに役立ちます。

などなどさまざまな方法があります。

ふざけて飼い主の咬みつくという事をしない
臆病な子犬の場合は、

特に注意が必要です。

これを「うちの犬はおとなしいから安心だ」
とはや合点してはいけません。

噛みついた経験がなければ、
意外な悪循環が起こる可能性もあります。

滅多に噛みつかない
⇒「人に噛みつく=悪い事」を学べない

⇒噛みつき抑制のしつけを受けることができない

という構図ができ上がります。

大人しいはずの犬が突然、
ガブリ、、という危険性もあるのです。

以上の点を参考に、

犬が人、家具、物を噛む場合の
対処をしっかりしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>