子犬が噛むのは歯茎が痒いから?犬の噛み癖の原因と治し方 


今回のテーマは、

子犬が噛むのは歯茎が痒いから?
犬の噛み癖の原因と治し方 

について紹介します。

まずは犬が噛む時の状況と
リスクについて考えてみましょう。

「私が飼っている
犬は決して人を咬まない」

…もしあなたがこんな
思い込みを持っていたら

直ちに捨て去る必要があります。

犬の「咬む」行為について
一般的に良く言われるのが以下の二つの意見です。

・犬は挑発されない限り人を咬む事はない

・人が咬む犬は、支配的で思いあがっている犬だ

しかし、これは両方とも
大きな勘違いです。

スポンサーリンク

犬が噛むようになる原因

その犬が性格的に特別な
問題を持っているから
噛むと言う訳ではありません。

噛みつくこと自体は、
犬にとってごく自然で正常な行動です。

潜在的にはどんな犬も
噛みつくリスクを持っているのです。

犬が噛みつきやすい状況は以下の三つです。

1.見知らぬ人に接触され、手を差し出された時

2.驚かされたり、驚いた時、

3.食べ物やおもちゃ、休憩場所を守ろうとする時、

上記以外でも、妊娠中の犬は、
噛みつきやすくなる傾向があります。

噛みつくことによって、
自分や所有物を守ろうとしてる場合は、

自信のなさと人に対する
信頼感の低さの表れと言えます。

ここで視点を変え、
犬の立場になって考えてみましょう。

「怪しい」と感じる相手が近づいてきたり、

自分の大切なものを取られそうになれば、
どうするでしょうか。

威嚇する、噛みつく、と言う行動で
対抗しようとするのは当たり前です。

ここで大切なのは、

「何が怪しいか」は犬自身が判断します。

同じ状況でもAの犬は「怪しくない」と思っても、

Bの犬は「怪しい」と感じる事もあるのです。

噛み癖がついてしまった犬の原因

噛むという事は当たり前とは言え、

人間社会に溶け込む上で
噛み癖を持っていては危険です。

だからしっかりと犬の噛み癖の
原因と治し方を知らねばなりません。

基本的に犬は

子犬時代に噛み方を母犬から学びます。

また犬はケンカ遊びの中で
噛みつきのコントロールを学びます。

どのくらい強く噛めば相手が痛がるか、
どのくらいまでなら噛んでも許されるか、

子犬はケンカ遊びを通じて
噛みつく時の力を上手くコントロール
できるようになるのです。

また母犬は、

子犬と遊んでいるときに

その噛み方が強すぎたときは
甲高い声を上げます。

さらに、子犬の顎を軽く噛む
事によって不愉快だと言う
ことを知らせるのです。

また、子犬を転がして
地面に押し付けて、

服従の姿勢を取らせる事もあります。

しかしこうした社会化期を
減る事がないまま

人間の過程に来てしまった犬は
上手く噛む事を知らない事があります。

子犬が噛むのは歯茎が痒いから?

また、子犬にとって

生後4〜6ヶ月のころは、

歯が乳歯から永久歯に
生え変わる時期で、

歯茎がむず痒くなり、
周りの物を噛みたがります。

色々な物を手当たり次第
噛む習性は、

人間の赤ちゃんが手を
使い始めるのと同じ事と
考えられています。

犬はまず、かじる事によって、

歯ごたえや匂いなど
自分の周りを確認しているのです。

それを全て辞めさせようとすると、

子犬の正常な発育を妨げ、
かえってストレスが溜り、

困った行動の原因にもなります。

歯茎が痒いのを解消させる為に、

かじって良い物と悪いものを
区別しましょう。

靴や家具などを噛まないようにしつけ、

ボールやおもちゃなど、
噛んでもよい物を選んで与えましょう。

犬の噛み癖の原因と治し方 

こうして適切にしつけをすれば

犬は噛み癖になる事はありません。

中には攻撃的な性格から
噛み付きうぬもいるでしょうが、

やたら滅多に人を咬む事はないのです。

びっくりしたり、痛みを感じたり、
不快感や不安などを感じたり、

最終的に逃げ場を失うと、
とっさに噛み付く事があります。

これらはほとんど反射的な行動です。

ただし、人間の手足に
じゃれついてする甘噛みや

歯茎が痒いからと言って
物などを噛む行為も、

可愛いからと許しすぎれば、

成犬になってからも
噛み癖が残る事があります。

子犬のうちならまだしも、

成犬になって本気で噛まれれば
大けがになりかねません。

犬の噛み癖の原因と治し方を知り、

早期の改善が何より大切なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>