犬に洋服はストレス?犬に服を着させるメリット、デメリット


今回のテーマは、

犬に洋服はストレス?犬に服を
着させるメリット、デメリット

について紹介します。

最近では服を着た犬、

特に小型犬は多くなりました。

ペットショップなどで
可愛い洋服を見つけると、

つい買ってしまう飼い主さんも
多いでしょう。

そして散歩中に

「可愛いですね」などと
飼い主さんに褒められたり、

「よく服が似合ってるね」

と声をかけると、

嬉しそうに尻尾を振る犬もいますが、

ここで、犬の立場になって、

犬に服を着させるメリットと
デメリットについて、

考えていきましょう。

やはり必ずしも喜んで服を
着る犬ばかりではなさそうです。

犬にとって洋服はストレス?

犬によっては、

服を見せるだけで目をそらしたり、

洋服を着させられる
と分かっただけで

嫌がって逃げる犬もいます。

それでも無理矢理
着させた途端フリーズして、

微動だにしなかったり、
隅で縮こまってしまったり、

服を着せて散歩に出ると
動きがギクシャクしてしまい、

普段はジャンプできるところでも
できなくなるほど…

という犬に取っては
犬はストレスの原因であり、
デメリットになるでしょう。

犬にとって「勘弁してよ」
と思っていそうな場合は
やはり服を着せるのは可哀想です。

飼い主さんとしては
可愛いし似合うから、

よかれと思って着せているのに、
服を着る事に慣れていない犬は、

嫌がって抵抗する場合もあります。

はっきり言って、愛犬にとっては
迷惑なデメリットと言うケースが多いです。

犬に服を着させるメリット

ここで、

犬に服を着せるのは、
犬本来の可愛さを損なわせる愚行だ、

自然と反しているからストレスになる!

という意見もあります。

犬にはちゃんと被毛がある
のだから、

自然本来の姿でいさせるべきだ
という意見です。

確かに、、

ダルメシアンのように特徴のある
美しい模様や、

ラブラドールのつややかな毛並みを

いつも洋服で隠して
見えなくしてしまうのは、

残念な気がします。

でも犬に服を着させるのは
デメリットだけではありません。

メリットも多いのです。

一般に、ダブルコート、

つまり外から見える毛の下に
細かい毛がびっしり生えている犬には、

服は必要ないとされています。

しかし、中には改良の結果、
寒さに対する抵抗力が落ちている犬種、

短毛のため、寒さに弱い
犬種もいます。

そういった場合、

できるだけ抵抗力を
落とさないように、

散歩のときなどに防寒の為
服を着せる工夫は大切であり、

犬にとってもメリットになります。

犬に服を着させることのデメリット

また盲動犬などが行っているよう、

換毛期などの抜け毛対策や
散歩の汚れ防止のため、

着脱が簡単な服を着させるのも
メリットになるでしょう。

でもこう言う場合は、

ファッション感覚だけでなく、

自然素材の薄手の服を
用いるなど、

機能的にも犬の動きを
邪魔しない素材やデザインを
選びましょう。

しかし、服がデメリットになる
というケースももちろんあります。

例えば、

炎天下に群れやすいビニール素材の
服を着せて長時間歩かせる
と言った事は避けるべきです。

毛皮を着た状態の犬の皮膚は、

人間よりも細菌に対する
抵抗力が弱いため、

蒸れた状態が続くと
皮膚病の原因にもなります。

犬のストレスになる洋服

寒さ対策の為に、

洋服を着させる場合も、

気温に応じてこまめに
脱いだり着せたりする
ようにしましょう。

若いときから常に洋服を
着させたままにしていると、

寒さに対する抵抗力が
無くなる恐れもあります。

ちなみに、若い事から
身体に合った服を着せる習慣があれば、

犬も慣れてストレスに
はならないようです。

しかしそう言った場合も、

窮屈で肌触りのよくない
服を無理矢理着させようとすると、

嫌がってかえって
逆効果になる事もあります。

ウチの愛犬も、

もともとの短毛に加えて
老齢で寒さに弱くなってきた為、

犬の為のお手製の
服を作り着させていました。

市販のものだと、筋肉質の
ウチの犬の身体にぴったり合う
服がなかったため、

専用の型紙を起こし、
綿やウールなど、

様々な素材で季節に応じた
服を作ったのです。

犬が喜ぶ心地よい服もある?

こうして着させてみると、

犬も暖かく快適に
すごせるのがわかったのでしょうか、

喜んで着るようになりました。

新作ができるたびに
試着させましたが、

服を着させられる事や
こまめに着替える事を
拒んだりしませんでした。

本人の着心地まで分かりませんが、

どの服も気に入ってくれて
ストレスなく気てくれていたようです。

家族も散歩の途中に会う人から
「可愛い〜」と言われて
まんざらでもない様子でした。

ウチの犬の場合、

服を着る事でストレスをかけたり、

服の寸法があわないため
嫌がる事はなかったのですが、

いずれにせよメリット、デメリット
があるのも事実です。

過保護になり過ぎない程度に、

用途を良く考えて、
上手にお洒落を楽しめるのは、

上級の愛犬コミュニケーション
と言えるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>