犬が飼い主に飛び付くのはなぜ?犬は顔を近づけるのが好き

犬が飼い主に飛び付くのはなぜ?犬は顔を近づけるのが好き
今回のテーマは、

犬が飼い主に飛び付くのはなぜ?
犬は顔を近づけるのが好き

について紹介します。

「犬が人に飛び付くのは
犬が威張っている証拠である」

「犬は自分が人間より上であることを
示したいから人に前足をかける」

などという意見を耳にしますが、

犬が飼い主に飛び付くのはなぜでしょうか?

結論から言えば、

犬は威張りたいから飛びつくのではなく、

人間の顔に近づきたいから飛びつくのです。

よく犬嫌いの人、
犬が恐い人に話しを聞くと、

最初に犬に飛びつかれたときの
恐怖を忘れられないからと言います。

或は犬が好きなのに、

犬が飼い主に飛び付くことを
誤解して付き合いが下手な人もいます。

犬は愛情表現をしているのに、
飼い主が怖がり拒絶すれば、

コミュニケーションは
成り立たなくなります。

スポンサーリンク

犬が飼い主に飛び付くのはなぜ?

子犬時代に、飼い主が
いつも高い所から接していると

「人間の顔に近づきたい」

その一心で犬は人に飛び付くようになります。

野生犬の子供たちは、
巣に戻ってきた母犬の口元をなめて、
餌を吐き戻してもらおうとします。

この野生時代の名残が
現在のペット犬にもみられるのです。

子犬たちは母親の顔を
盛んに舐めようとします。

人に飛び付くのは
この習性とも関係しているのです。

餌を吐き戻してもらおうかと
言う訳ではなく、

単純に甘えたくてなめたり
顔を近づけているのです。

顔と顔を近づけたり
頬をすりあわせたりするのは、

犬ばかりではなく
人間同士の親愛の表現でもありますね。

犬は顔を近づけるのが好き

犬を観察していれば
わかりますが、

知らない犬同士が出会った時、

決して顔から近づきません。

犬同士の挨拶はまず、
お互いのお尻の匂いを嗅ぎ合う
という事から始まります。

いきなり顔を近づけても
許されるのは、

同じ群れの仲間だけなのです。

子犬母は犬に飛びついて
顔を近づけてて甘えますし、

若い友達同士も飛びつき合って
ふざけっこをします。

好きな相手に犬は顔を近づけるのです。

同じ理由で飼い主にも
飛びつくのですが、

その時飼い主が恐怖と
嫌悪の感情をあらわにしたら、

犬も飼い主と思わなくなり、
威嚇して、敵意をむき出しにするでしょう。

そうなれば同じ飛びつく
と言う行為でも、

信頼から襲撃に変わるのです。

とは言え親愛の表現と言えっても、

人間の側からすれば、
飛びつかれる事が迷惑になる
という場合もあります。

犬の飛びつき癖を辞めさせたい場合

泥足で飛びつかれれば
服が汚れてしまう事もあります。

足腰の弱い老人が
大きな犬に飛びつかれたら
危険な場合もあります。

興奮した犬にお腹に突進されて

足をかけられれば
飼い主は不愉快な気分になるかもしれません。

だからこそしつけは重要ですが、

巷の「しつけマニュアル」には

その矯正法として、

あまりにも人間の勝手な
方法が書かれている事もあります。

しつけの本などには

犬に背中を向けろ、
前足を固く握れ、
後ろ足を踏みつけろ、
犬の腹部に蹴りを入れろ、
犬をひっくり返してしまえ、

といいった「?」な罰を勧めるものも
数多くあります。

でもちょっと待って下さい。

犬はただ嬉しくて飛びついているのです。

どうして罰を与えなければ
ならないのでしょうか?

犬からしてみれば

「僕は挨拶してるだけなのに、
どうしてこんなことされるの?」

という所でしょう。

犬が飼い主に飛び付くときの対策法

ではどうすればいいか?

人にあいさつをする時の
マナーを教えればいいのです。

特に子犬の時代の飛びつき癖を
放っておくと習慣になってしまいます。

なので人と出会ったら

「オスワリしてあいさつする」

を習慣にしましょう。

犬はオスワリをしながら
同時に人に飛び付くことはできません。

なのであなたが帰った時は
犬に「オスワリ」といって
犬がオスワリするまで待つのです。

特に子犬時代が大切で、

子犬時代に一度でも飛び疲れたら、
黄色信号と思って下さい。

子犬を抱き上げ、
あなたの顔を犬の口元に
近づけて話しかけてやりましょう。

あなた自身が四つん這いになって
子犬に近づくのももちろん構いません。

子犬の時に

「飛び付くのも可愛いらしい」

とそのままにしておいて、

大人の犬になったとたんに
飼い主が態度を変えるのは

フェアではなく、犬に飼い主への
不信感を与えてしまいます。

しっかり注意しましょう

犬は顔を近づけるのが好き

という犬が飼い主に飛び付く
理由を知ればうまく対策もとれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>