犬と犬を慣れさせる、犬同士を仲良くさせる遊ばせるメリット

犬と犬を慣れさせる、犬同士を仲良くさせる遊ばせるメリット
今回のテーマは、

犬と犬を慣れさせる、犬同士を
仲良くさせる遊ばせるメリット

について紹介します。

家庭犬はどうしても
犬社会から隔離されがちです。

しかし犬同士で遊ばせることは
たいへんメリットがあります。

他の犬と仲良くできない

という事は3週齢から
3、4ヶ月齢なでの社会化期に、

適切に犬との触れ合いをせず、

犬との社会化がなかった
ことが最大の原因でしょう。

そうした犬たちは、

他の犬と出会った時、

怖いと感じたり、
またどういう行動をとれば
良いのか分からず、

不安状態に陥る事があります。

その怖さや不安感を取り除かない限り、

犬はその状況に
慣れることはないのです。

スポンサーリンク

犬と飼い主の人間関係があれば良い?

普通の家庭犬は
たいてい1頭で飼われ、

日常生活においては
他の犬と隔離されています。

犬の「社会化」の必要性を
知っている飼い主でも、

人間への社会化を優先する結果、

犬同士の関係をあまり
意識しない傾向にあります。

確かに、家庭犬であれば、

不特定多数の始めて出会った犬と
仲良くできる必要はないでしょう。

犬たちは、飼い主が
意識的に交流の場を設けない限り

犬同士の友情を育みにくい
環境に暮らしているのです。

「うちの犬は、犬と遊ばなくても良いのです。
人とうまくやれれば、それでいいんですよ」

こんな事を言う飼い主がいます。

しかし考えてみて下さい。

あなたが犬と散歩に出かける時や
動物病院に行く時のことを考えてください。

まず間違いなく、
見知らぬ犬と出くわすでしょう。

そんなときでも、

散歩中、吠えずに
ある程度の距離を持ち

すれ違う事ができたり、

カフェで隣の席によその犬が
きても飼い主に集中できたり、

散歩仲間の犬と並んで
歩けるようになれば

メリットはあるはずです。

他の犬を怖がったり、
けんかっ早い犬と一緒にいれば、

必ずあなた自身の行動が
制約されてしまうのです。

犬の「怖がり」は、
実はあなた自身のライフスタイルの
問題でもあるのです。

だからこそ
犬と犬を慣れさせることや、
犬同士を遊ばせることは

大きなメリットがあります。

犬は犬同士で仲良く遊びたい?

また犬の立場になって
考えてみましょう。

犬は人間と同じように
一人ぼっちでは生きていけない動物です。

仲間と触れ合いたいと言う
欲求を強く持った社会的動物です。

特に思春期の犬は
同世代の犬と遊ぶことで自信を付けます。

先輩犬から犬社会の
礼儀作法を学ぶ必要もあります。

時には異性の犬と思う存分走り回ってみたい

と考えない犬がいるでしょうか?

犬は犬仲間との付き合いを
通じてしか学べないことを学び、

精神的にも成長していくのです。

やはり犬は犬同士で触れ合ったり、
仲良く遊びたいものではないでしょうか。

犬同士の相互関係を
ぷっつり切ってしまうのは、

犬にとってつらいことなのです。

だからこそ、飼い主さんが

犬と犬を慣れさせる、

犬同士を仲良くさせる
機会を作ってあげる方が、

犬のストレス解消にもなり、

健康で賢い、長生きする犬になるでしょう。

犬と犬を慣れさせる、犬同士を遊ばせる場所

そんなメリットを踏まえ、

犬同士を遊ばせて学ばせるための

最近になって日本でも、

「パピークラス」や「犬の学校」
も増えてきました。

そう言う所に入って、
犬と犬を慣れさせることもできますし、

また学校やクラスがなくても、
自家製パピークラスを作ると言う方法もあり、

近所の人を集め犬同士遊びの
グループを作る方法もあります。

子犬は4~8頭集めるのが理想ですが、

3,4頭でも楽しい学校ができます。

ただ最初はやはり
徐々に慣れさせた方が良いでしょう。

あなたの犬が、他の犬が苦手、、

でも攻撃的な態度には
決してでないのであれば、

穏やかな犬となら
仲良くなれる可能性が高いので、

そう言う友達を見つけて、

最初は相手方にはリードを
持ってもらいながら、

背中を向いておいてもらいます。

そして少しずつフードを
与えながら近づいてみる

というやり方があります。

犬同士を仲良くさせる遊ばせる注意点

そうやって犬に近づいて、

落ち着いて尻尾が上がる
ようになれば、

相手にもぐ語いてもらい
少しずつ挨拶をさせます。

すると、犬に対する
恐怖心はなくなり、

仲良くなる事ができるでしょう。

なお、

犬の学校での遊ばせ方の注意点としては、

走り回れるスペースを確保する事、

ノーリードで遊ばせる事、

子犬だけでなく、「教育係」として
1頭以上の大人を混ぜる事

飼い主は子犬たちの遊びにできるだけ
干渉しないようにすることです。

教育係に適切な犬は、

子犬が相手に強く噛みついた時に、
1頭1頭ひっくり返して
「行き過ぎ」をたしなめたり、

仲裁役を買って出るような
冷静な犬が望ましいですね。

興奮しやすい犬は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>