犬があくびをする時の気持ちと意味?犬の不安、緊張を解く方法


何かの分野の勉強をすると、
その世界のことが深く知れて、
どんどん好きになっていきます。

犬との生活をぐっと
楽しいものにする為には、

色々と学んだ方が良いものがあります。

私たちが言葉を使って
会話をするように、

犬には犬の言葉、
犬語(ボディランゲージ)
があります。

こうした犬語の基本を知れば、

飼い主さんは犬の
気持ちを推測できて

コミュニケーションが活発します。

こうした詳しい話はもちろん
今後紹介していくつもりですが、

まずは簡単なところから、

今回紹介するのは

「あくび」の意味です。

犬はストレスを感じるとあくびをします。

基本的に犬にとってあくびの意味は
不安、緊張していると言う事です。

犬が発する気持ちと意味を知る

「しつけトレーニングの最中に
犬があくびをするのは緊張している証拠」

などと本に書かれていたりしますが、

犬は確かに緊張を紛らわせるために
あくびをしますが、

犬のあくびは生理学的には
人間と同じです。

あくびで脳に大量の酸素を送り込んで
目を覚ます働きがあります。

あくびをする犬を見て
「眠いのかな、疲れてるのかな」
と思うのは人間側の視点です。

犬は不安や緊張を感じた時、
カーミング・シグナルと呼ばれる
動作を行います。

カームダウン(calm down)
という英単語から作られた言葉で

「落ち着かせる」「なだめる」
などの意味合いを持つシグナルです。

かつてマイケル・W・フォックスという
イギリス人の行動学者が

オオカミには

カットオフ・シグナル
(攻撃を遮断する為のサイン)
があると発表しましたが、

その後、トゥーリッド・ルーガスという
ノルウェー人のドッグトレーナーが

犬同士も細かいサインを
出しあってることを発見し、

カーミング・シグナルとして体系化しました。

あくびを使ったコミュニケーションをする

30種類以上あると言われる
カーミング・シグナルですが、

あくびはその一種類です。

これは相手の攻撃を遮断するというよりも

興奮している相手や
緊張している自分自身をなだめるための
会話だと考えられています。

犬も人間と同じく疲れたり
退屈するとあくびをしますが、

もう一つ犬同士の信号として

「和解のメッセージ」

という意味のあくびです。

あくびによって、争う気持ちのない
ことを示し、相手の気持ちを鎮めるのです。

あくびによって犬の不安、
緊張を解く方法を用います。

動物はステータスゲームを
するものですから、

喧嘩に発展しないように
こういったシグナルがあるのです。

これはちょっとした高等テクニックですね。

人間で言うと

「まあまあちょっと冷静に…」

という感じでしょうか、

人間に対するメッセージ

相手がこのシグナルをキャッチして
お互いの気持ちが鎮まれば

対立が避けられると言う訳で、

あくびは犬にとって
大切なコミュニケーション手段なのです。

他にも顔を背けたり
目をそらすのは

犬が不安を感じているときで、

相手に対して横向きになったり、
背を向けたりするのは、

自分や相手の緊張を解く
為に方法だったりします。

またぺろりと舌を出して鼻を
舐める事もあります。

そして犬同士だけでなく、

飼い主さんと犬の関係でも、

犬がこうした仕草をすること
があるのではないでしょうか。

こうした意味を誤解せず
受け取ってあげるほど、

犬との関係は面白くなります。

犬の不安、緊張を解く方法

犬が何度もあくびをするのは、

不安な気持ちを抱いて
何かに怖がっていたり、

ストレスを感じている証拠でもあります。

飼い主さんに叱られた場合

「もう少し落ち着いて」

と訴えているケースもあります。

適度なストレスはもちろん、
問題ないですが、

あまりにも不安、緊張を感じ、
ストレスを感じれば、

心の病気にもなりかねません。

愛犬がイライラしていたり、
ストレスを感じているなと思ったら、

人間であるあなたが犬の前で
あくびをしてみせてみましょう。

人があくびをするのは、
犬の不安、緊張を解く方法となります。

犬が発する様々な
シグナルを飼い主さんが
キチンと受け止める事で、

愛犬との生活はより楽しく
豊かになっていきます。

日頃から愛犬の様子を
よく観察してあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>